秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

アーカイブ

『けやき徒然だより 2016年 春待ち号』 完成いたしました

あっと言う間にもう月末、本当に早いですね。

先週は寒く、やや降雪も多かったものの
週末の金曜日、土曜日はお天気もよく気温も高く、
すっかり雪も溶けました。

暖かい日差しは、明らかに春を連想させ、
昨日あたりは、来るお客様、来るお客様に

「これは、明らかに冬も終わりましたね」
など根拠のない楽観論を語っていると、

 

 kuruma


一晩でこんなに降るの・・・・
やっぱり簡単に北国の春は来ませんね。

先々週日曜日は盛岡で学術研修、

順天堂大学で感染制御科学を研究していた先生による。
『感染症に対する中医学的』対応の講義受けました。

特に『板藍根の効果』については、目からうろこ。

近いうちに感染症に関する漢方対応の記事を書きたいと思います。

また、先週日曜日はは所属しております漢方学術組織の広報委員を務めておりますので、
機関紙の編集会議で大阪に行っておりました。

ちょっと出張が続きまして、ブログの更新がおろそかに

言い訳です。

 

PC

そして、当店の大切なお客様にお送りしております

『けやき徒然だより 2016年 春待ち号』も数日来作成。
本日も早起きして、ようやく完成いたしました。

通常3日間ほどで印刷も終わり、週半ばからの発送を予定しておりましたが、

まさかの「注文が多くて、来週土曜日まで届けられません」との返事。
来週土曜日からの発送になります。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

山王けやき薬品・飯田

漢方で考える 子宮筋腫

すっかり雪の消えた今日の秋田。

「もう春ですかね?」

などつい楽観しますが、『雪国の冬』きっとそんなに甘くないですね。

くれぐれもお体にお気をつけください。

fukutuu

ここ数日、子宮筋腫についてのお問い合わせが相次ぎましたので、
漢方で考える子宮筋腫について少々書かせて頂きます。

 

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、子宮の筋肉内にできる良性の腫瘍。
サイズや数、出来る場所など人それぞれで、目視が難しい様な小さなモノから、数十cmにまでに成長する筋腫もあるそうです。

子宮筋腫は自覚症状のない方も多く、婦人科などの受診をきっかけに子宮筋腫を指摘される方も多い様に思いますが、
すべての方に自覚症状が無いのではありません。

 生理時の強い腹痛、月経困難症、

経血量増加による貧血、それにまつわるめまい、たちくらみ

筋腫が大きくなる事による圧迫での頻尿や便秘、腰痛

筋腫の場所や大きさなどによって、着床障害など不妊の原因の可能性

などの症状でのご相談も多いです。

 漢方で考える子宮筋腫の原因、対応

漢方で子宮筋腫の体質的特徴は、
「お血(おけつ)」と呼ばれる血の滞りにあると考えます。

痛む・しこる・黒ずむなど
まさに「お血」の象徴です。

漢方の対処処方としては、

血液の流れを良くする代表処方

「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」

貧血が気になる方は、

血を補う

「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」など

また、亀甲(きばん)鼈甲(べっこう)など動物性コラーゲンが、

軟堅散結(なんきんさんけつ)作用
「堅い組織を軟化して消散させる作用」
がある事から

亀甲、鼈甲のたっぷり配合された
『亀鹿仙(きろくせん)』の服用も宜しいかと思います。

 

詳しくはお気軽にお問い合わせください。
無料試飲もできます。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
山王けやき薬品・飯田

今週もありがとうございました。

「妊娠力アップ」の漢方ケア

今年は雪が少ない、少ないと言いながらも積もつた雪をよせた山に「秋田らしさ」を感じます。
ただ、今日はまるで小春日和、明日はもっと暖かいとの天気予報です。

「もう冬は終わった?」

気象的見地立たない根拠のない楽観・・・・

kounotori

 

「漢方で妊娠に一歩でも近づけたら」

多くのお客様からご相談頂くテーマです。


妊娠力アップ

漢方ケア3つのポイント

漢方における「妊娠力アップ」のポイントを3つにしぼると

1:血を増やして巡りをよくする

2:腎をいたわる

3:陰陽のバランスを整える事

などがポイントとなります。

>血を増やして巡りをよくする

 漢方で「血(けつ)」とは、
『血液そのモノ』

『血液の量を増やすことによって血液の循環が良くなる、体があたたまる等、その働き』

の総称になります。

 「血(けつ)」は、
心身のエネルギー「気(き)」
体の潤い「水(すい)」
など
からだの重要構成要素

『 血の不足』・『血の巡りの低下』は
卵胞、子宮内膜の発育へマイナスの作用を及ぼし、排卵の障害や着床を妨げる原因になり得ます。

 >腎をいたわる

また、
漢方で「腎(じん)」とは、

生命を維持する「精(せい)」を生み出す大切な臓器。

「腎(じん)」はホルモン分泌や生殖、精力などに影響し、「腎」の働きが悪くなると「妊娠力」の低下に結びつきかねません。

「腎(じん)」は加齢、ストレス、過労などでダメージを受けます。

>陰陽のバランスを整える事 

また、漢方で
「陰陽(いんよう)」とは、

寒と熱
暗と明

 など、からだを含め何事も相対する物事で構成される考える漢方特有の考え方で、

「陰陽(いんよう)」のバランスを重要視します。

一例ですが、
「陰(いん)」が不足すると卵胞の発育、
「陽(よう)」が足りないと着床に影響するなど考え、
過不足に併せて、陰陽のバランスを考え、ご提案しております。

漢方ケア3つのポイントへよく使う漢方薬

(腎陰虚)

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)

(腎陽虚)

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

参馬補腎丸(じんばほじんがん)

(血を養い、血の巡りを促進)

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

冠元顆粒(かんげんかりゅう)

 

詳しくはお気軽にお問い合わせください。
無料試飲もできます。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

秋田の漢方相談・山王けやき薬品
飯田

インフルエンザ流行中

国立感染症研究所は5日、全国の医療機関を受診したインフルエンザ患者が、1月31日までの1週間で推計約107万人に達したと発表した。
(時事通信)

 

masuku

 

インフルエンザが流行しているようです。

 インフルエンザで病院から処方される抗ウイルス薬はウイルスの増殖を抑える効果があり、総合風邪薬は対症療法的に症状を抑えつインフルエンザの回復を待つお薬です。

一方で漢方は、自己免疫力を底上げして風邪やインフルエンザの症状を和らげ、回復を早めるお薬と言えます。

インフルエンザへの対応漢方として有名なのが、

「麻黄湯」

数年前に大学病院の教授が、寒気があり汗のでないタイプのインフルエンザに対してとても有効である旨、新聞に書かれ、何人ものお客様からお問い合わせを頂いた記憶があります。

 漢方ではインフルエンザと風邪を分けて考えませんし、 総合感冒の様に多様なお薬を複合的に処方して様々な症状に対応できるようにはなっておりませんので、症状や体質によって使い分ける必要がありますが、

 症状、体質にピッタリ合うと

効き目のシャープさに驚かれます。

「麻黄湯」だけでなく、症状、体質に合わせて
漢方薬、お薬などご提案いたします。

クシュンときましたら

どうぞお早めにご相談ください。

最近で印象的だったお客様のお声が

「イヤ~、このお茶のどの痛みになによりイイね」

と言ってくださったお声。

「ばんらん茶」生薬配合のお茶をお出ししておりました。

 

秋田の漢方相談・山王けやき薬品
飯田

冷えない妊活 「血(けつ)」が肝心

ブログ更新のタイミングを逸してしまい・・・・

といきなり言い訳をしながら、先月来のブログ更新になります。

更新をさぼっていた間に、雪の無かった秋田の冬に雪が降り積もりました。

本日いらっしゃいました『由利本荘市』のお客様は、

「秋田市は雪が多いですね」と言われ、

県南部、内陸の街からおいで下さったお客様には

「ウチの雪はこんなもんじゃないです」との事、

同じ秋田でも違いますが、雪国秋田らしい冬。

wasiyasann

 

先月20日に来てくださいましたお客様。
お付き合いも3年のお客さまでしたが、
数か月おみえにならずに、ご近所のお勤め先の会社を通るたびにどうしているか心配しておりましたが、お元気な姿に安心いたしました。

数か月の間には、ご親族の不幸やご妊娠後の入院など大変な事がいろいろあったそうです。

どんなに大変でしたでしょう。
遅ればせながらお見舞いを申し上げます。

継続して服用頂いている

「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」
は『血(けつ)』を補う最も代表的な漢方薬。

女性の冷えの原因は「血」の不足の場合が多く、
体が冷えると血行が悪くなり、体の隅々まで血液を届ける事が出来なくなります。
手足の冷えだけではなく、冷えが内臓に及ぶと卵巣や子宮など妊娠に関わるところへの影響も心配です。

妊活は『冷えない』『血(けつ)を補う』が肝心。

妊娠周期もいよいよ後期になり、赤ちゃんに会える日が待ち遠しいですね。
婦宝当帰膠も、もう少し服用ください。

寒さも立春を越えてなお厳しいですが、
くれぐれもお体にお気をつけください。

ご来店くださいましてありがとうございます。

秋田の漢方相談が少しでもお役に立てます様にがんばります。

ブログも更新がんばります・・・・。

山王けやき薬品・飯田