秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

アーカイブ

『漢方もイイよ』って聞いて来たんですけど 冷えと不妊

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

先程いらっしゃいましたお客さまは、
「友達から『漢方もイイよ』って言われて来たんですけど」
と当店のご常連様からのご紹介でご来店されたお客さま。

ご来店くださいまして、ありがとうございます。

お話をお伺いすると、
お子様をご希望されておられ、体調で気になるところは、
「とにかく足が冷たくて、冷たくて」。
足の冷えが気になるご様子、
そしてお足元を見ると冷え取り靴下の重ね履き・・・・

夏でも冷えでお悩みのご相談は多く、
お子様をご希望の方にとって、夏でも冷えは禁物です。

 

(冷え対策は妊娠力アップの基本)

なぜなら、冷えは、卵巣や子宮の「お血」(血の停滞)をまねきやすく、 卵巣や子宮の「お血(血の停滞)」は、卵巣、さらには卵巣内の卵胞へ十分な栄養や酸素が届かず卵胞発育へ影響、排卵の妨げになったり、同じく内膜の血流低下は、着床への悪影響も考えられるからです。
また、漢方では、「「お血=(血の停滞)」は、 子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの原因ととらえますので、「冷えによるお血」が不妊につながる病気の原因になる事もあります。

さらに、お話を伺うと

いつもいる場所が寒い(職場)
寒がりなのに、冷たいモノをよくとる
基礎体温の低温期(卵胞期)の体温が36℃以下の日もある
生理痛が強い
生理前の頭痛がひどい
など

冷えの原因になる環境や習慣
冷えや冷えによるお血が原因と思われる症状がたくさんありました。

生活習慣上のアドバイスとしては、
 足元が冷えない様にされていましたが、職場が寒いので体を冷やさない服装に気をつていただく。夏場にはお手間かもしれませんが、湯船につかる。睡眠時間、就寝時間が大事。食事の時暖かいものから食べて、「血」を補い巡りをよくする食材を食べるなどお話しさせて頂きました。

漢方薬としては、

冷えを解消、妊娠力向上のために

「血」を補う代表処方・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)をおすすめ。

漢方では「女子は血をもって本となす」
「血(けつ)」は女性の体の根本と考えます。

血が増えると気(エネルギー)も増加
さらに血は増えるとめぐる(お血の改善)
などご相談くださったお客さまにはぴったりです。
さらに「血」を増やす事は、美肌・美髪への効果が期待できます。

また、酷い生理痛。頭痛、お血をしめす舌など
やや「お血」傾向が強い判断しましたので
お血改善の代表的な漢方薬・冠元顆粒(かんげんかりゅう)も婦宝当帰膠に併せてほんの少し服用頂く事にいたしました。

お体のお悩みが解消し、ご希望が叶います様に祈っております。

(お客様の許可を頂きご相談の一部を掲載いたしました)

お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

相談無料、婦宝当帰膠、冠元顆粒など無料でお味見できます。

夏に気をつけて頂きたい 5つ の事

秋田の漢方相談
山王けやき薬品の飯田です。

梅雨明け前の記録的大雨、今朝の地元新聞によると県内では600棟近い浸水が有ったそうです。

ご被害に遭われました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

また、「秋田の大雨、大丈夫でした?」とお見舞いくださいました皆様にはお気遣いくださいまして、心より感謝申し上げます。


お客様より大雨のお話を伺うと

秋田市内では何十ヵ所もの道路が冠水により通れなくなりましたから
「あちこち迂回してやっとやっと帰った」
「近所の川が心配でずっと川を見ていた」

など、大変でしたね。ご心配でしたね。
 
 お天気は回復いたしましたが、どうぞお気をつけください。

夏に気をつけて頂きたい5つの事
  
夏に起こりやすい病気や症状五つの事、その対策をまとめてみました。

 

(1) 熱中症・熱射病

 うだるような暑さによって、体内の水分を消耗しやすくなりますから、こまめに水分補給することが大切です。また、外出時の帽子や日傘はもちろんのこと、室内でも、エアコンを使うなど、防暑対策を心がけてください。

《対策》

食養生では、夏野菜(きゅうり、トマト、苦瓜など)、緑豆もやし、豚肉、西瓜、ぶどうなどの果物がお勧めです。生薬では、人参、麦門冬、五味子などが夏の養生によく使われる生薬で、特に五味子は、心の気を益して、津液を増やし、口渇や汗かきを改善する働きがあります。

(2) 狭心症・脳卒中
 
夏は汗を沢山かくことで、血液の濃度が上昇し、微小血管が詰まり易くなり、それが狭心症や脳卒中を引き起こします。脳卒中は冬というイメージがありますが、実は夏がもっとも危険な季節です。

《対策》

おすすめの食材は、チンゲン菜、ナス、イワシ、桃、黒きくらげ、黒酢。
生薬では、丹参、川芎、紅花、田七などがおすすめで、とくに丹参は、血管を拡げ、血液の流れを改善する働きが認められています。

(3) 不眠
 
熱帯夜が続くと、睡眠障害を起こし易くなります.
 
《対策》

寝室の風通しをよくする。また、短時間の昼寝や仮眠も効果があります。
食養生としては、苦瓜、ゆり根、ミント、ラベンダー、カモミールなどのハーブがお勧めです。
生薬としては、山梔子、蓮肉、酸棗仁など気の巡りを良くして寝つきを良くする生薬が用いられます。

(4)食中毒・胃腸型風邪
 
高温多湿の環境は、細菌やウイルスが繁殖しやすくなり、食中毒や胃腸型の風邪が流行る時期です。

《対策》

料理には常に薬味を使い、生ものは極力避け、食事の前には丁寧な手洗いをしましょう。
食養生としては、しょうが、しそ、ねぎ、みょうが、香菜、梅、どくだみ、山椒、八角、わさび、お酢などがお勧めです。
生薬としては、藿香(かっこう)、蘇葉(そよう)五行草(ごぎょうそう)、板藍根(ばんらんこん)など抗菌、抗ウィルス作用のあるモノが用いられます。

(5) 冷え性
 冷房が効きすぎた部屋などに長時間いると、汗をまったくかかなくなり、さらに冷たい飲み物を摂り過ぎることによって、カラダが冷え、頭痛、肩こり、むくみ、胃痛、軟便下痢などを引き起こします。時には、温かいものを摂ったり、夜に温かいお風呂に入ったりして、夏の冷えに気をつけましょう。

《対策》

食養生としては、しゃうが、ねぎ、玉ねぎ、らっきょう、みょうがなどの辛味野菜をお勧めします。
生薬としては、黄耆、桂枝、生姜、当帰が冷え対策としてよく用いられます。

 

お体に十分注意して爽やかな北国の夏を楽しみましょう。

ご不明なはお気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

梅雨には、胃腸のケア!

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

空梅雨から一転、ジメジメ、ムシムシの今日の秋田。
梅雨ですから仕方がないかもしれませんが、あまり快適な気候とは言えません。
からだの不調がでやすい梅雨の季節、くれぐれもお体にお気をつけください。


梅雨から夏にかけて相談が多くなる症状は、
胃腸トラブル!



   
湿気の多い梅雨時期は、湿気が体にはいりやすく、体に入った湿気は『湿邪(しつじゃ)』と呼ばれる邪気(体に悪影響をおよぼすファクター)に変わります。湿邪は胃腸の働きを低下させ、食欲不振、吐き気、胃のもたれなどの症状が現れやすくなってきます。

また、ついつい冷たいものを多くとりがちなこの季節、胃腸が冷えやすく、「脾(ひ)」の機能が低下、水分代謝の滞りなど、さらなる不調にもつながってきます。


梅雨の季節のの胃腸トラブルにも、いくつかのタイプがあります。

1. 湿だまりタイプ

【特徴】
□ 胃がむかつく、吐き気がある
□ 下痢、軟便気味
□ 下の苔が厚い

湿がたまり、胃の働きが弱まっているタイプです。
 
おすすめの食材としては、湿を取り除き胃腸の機能を調える、サンザシ、カルダモン、ハト麦、麦芽、梅干し、パイナップルなどを取り入れ、和食中心の献立がよろしいかと思います。
 
漢方薬としては、勝湿顆粒などがおすすめ。

2. 陽気損傷タイプ

【特徴】
□ 全身の冷えとお腹の冷え
□ 下痢や腹痛がある
□ 顔色が白くなる

体内の陽気不足が胃を不調にしているタイプで、

改善法としては、とにかく体を温めましょう。
おすすめの食材としては、しょうが、シナモン、山椒の実、みょうが、ねぎ、にんにくなど積極的にとられると良いと思います。
 
漢方薬では、健胃顆粒、大建中湯などがおすすめです。

3. 胃腸虚弱タイプ

【特徴】
□ 慢性的な胃腸の不調
□ 全身の倦怠感
□ かぜをひきやすい

慢性的な胃腸虚弱が、他の臓器にも影響して、全身に不調が現れ、体力不足や免疫力低下につながっているタイプ

おすすめの食材は、インゲンマメ、山芋、じゃがいも、鶏肉、豚肉、太刀魚、ぶどうなど弱った胃を健やかに整え、体力を養ってくれる食材を多く摂りましょう。

漢方薬では、麦味参顆粒などがおすすめです。


水分補給、利尿、発汗を上手くコントロールして、
胃に負担を掛け過ぎないようにして梅雨をのりきりましょう。
  


お気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談が少しでもお役に立てれば幸いです。