秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

まっこ徒然ブログ リターンズ

『漢方もイイよ』って聞いて来たんですけど 冷えと不妊

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

先程いらっしゃいましたお客さまは、
「友達から『漢方もイイよ』って言われて来たんですけど」
と当店のご常連様からのご紹介でご来店されたお客さま。

ご来店くださいまして、ありがとうございます。

お話をお伺いすると、
お子様をご希望されておられ、体調で気になるところは、
「とにかく足が冷たくて、冷たくて」。
足の冷えが気になるご様子、
そしてお足元を見ると冷え取り靴下の重ね履き・・・・

夏でも冷えでお悩みのご相談は多く、
お子様をご希望の方にとって、夏でも冷えは禁物です。

(冷え対策は妊娠力アップの基本)

なぜなら、冷えは、卵巣や子宮の「お血」(血の停滞)をまねきやすく、 卵巣や子宮の「お血(血の停滞)」は、卵巣、さらには卵巣内の卵胞へ十分な栄養や酸素が届かず卵胞発育へ影響、排卵の妨げになったり、同じく内膜の血流低下は、着床への悪影響も考えられるからです。
また、漢方では、「「お血=(血の停滞)」は、 子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの原因ととらえますので、「冷えによるお血」が不妊につながる病気の原因になる事もあります。

さらに、お話を伺うと

いつもいる場所が寒い(職場)
寒がりなのに、冷たいモノをよくとる
基礎体温の低温期(卵胞期)の体温が36℃以下の日もある
生理痛が強い
生理前の頭痛がひどい
など

冷えの原因になる環境や習慣
冷えや冷えによるお血が原因と思われる症状がたくさんありました。

生活習慣上のアドバイスとしては、
 足元が冷えない様にされていましたが、職場が寒いので体を冷やさない服装に気をつていただく。夏場にはお手間かもしれませんが、湯船につかる。睡眠時間、就寝時間が大事。食事の時暖かいものから食べて、「血」を補い巡りをよくする食材を食べるなどお話しさせて頂きました。

漢方薬としては、

冷えを解消、妊娠力向上のために

「血」を補う代表処方・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)をおすすめ。

漢方では「女子は血をもって本となす」
「血(けつ)」は女性の体の根本と考えます。

血が増えると気(エネルギー)も増加
さらに血は増えるとめぐる(お血の改善)
などご相談くださったお客さまにはぴったりです。
さらに「血」を増やす事は、美肌・美髪への効果が期待できます。

また、酷い生理痛。頭痛、お血をしめす舌など
やや「お血」傾向が強い判断しましたので
お血改善の代表的な漢方薬・冠元顆粒(かんげんかりゅう)も婦宝当帰膠に併せてほんの少し服用頂く事にいたしました。

お体のお悩みが解消し、ご希望が叶います様に祈っております。

(お客様の許可を頂きご相談の一部を掲載いたしました)

お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

相談無料、婦宝当帰膠、冠元顆粒など無料でお味見できます。

こちらの記事もどうぞ