秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

まっこ徒然ブログ リターンズ

卵がよみがえる生薬とは!

気がつけばもう9月、朝晩涼しくなりましたね。

澄み渡る快晴の今日の秋田は、まさに秋晴れ。
秋の訪れを感じさせます。

本日送付されてきた資料は、先週の日曜日開催された『中医不妊症専門講座スクーリング』のレポート。

十年以上続けて参加しているスクーリングですが、今年はスケジュールが合わず行けずにとても残念です。

スクーリングの主な講師の一人は、

卵子はよみがえる「不妊治療」の先の真実 (小学館新書)        

の著者・小杉好紀先生。


 
 
 
レポートによると講義では、

>医学的には卵の老化を防ぐすべがないと言われてきたものの
>ES細胞やIPS細胞からも卵子細胞ができる時代になった
>従って、閉経に近い女性の卵巣の卵がよみがえる事も不可能ではないと

などの言及があったとの事。
 
なんて興味深いお話なのでしょう。
 やっぱり行けば良かった・・・・。


また、スクーリングのレポートでは、
 
小杉先生の話をうかがい、漢方/中医学的に考えると

漢方薬の原料の生薬では
『丹参(たんじん)』
『卵のよみがえり』に対し有効なのではと推測しておりました。

そのメカニズムとしては大きく2つ

①『丹参(たんじん)』が、原始卵胞の発育を活性化させるPI3K-Aktシグナル伝達経路に作用する。

②卵の老化にはAGEs(終末糖化産物 → からだの中のコゲ)が大きく関係していて、AGEsの抑制効果が期待できる代表生薬が『丹参(たんじん)』である。

などの事から、
『卵のよみがえり』の手助けになると思われる旨レポート。

漢方/中医学の知見では、卵巣機能改善、卵の質改善で重要視するのは3つのポイントは

補腎(ほじん)(腎の力を補う)

養血(ようけつ) 血そのモノを補い、増やす

活血(かっけつ) 血の流れを良くする

血の流れを良くする「活血」の漢方薬のもっとも代表的な処方として、
「丹参(たんじん)」主薬の冠元顆粒(かんげんかりゅう)がありますが、
あらためて優れた漢方薬だなと思います。

詳細はお気軽にご相談ください。


秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
 

こちらの記事もどうぞ