秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

まっこ徒然ブログ リターンズ

掌蹠膿疱症には、漢方医学の考えが役立ちます。

奈美悦子さんの記者会見で初めて聞いた病名でした。

 掌蹠膿疱症は、手のひら、足の裏に膿胞(のうほう)と呼ばれる皮疹のでる疾患で、ひどくなると、激しい痛み、熱など生じます。

有名な歌手の方が、掌蹠膿疱症を原因とする関節痛などの症状に苦しみ、十数件目の病院の受診へて、なんと秋田の病院の免疫内科を受診、病気を克服された事をテレビ発表されました。その病院と主治医の先生が大変有名になり、全国中から患者さんが殺到した事は、地元秋田でも大いに話題になったものです。

お恥ずかしながら、私(飯田)は、奈美悦子さんの記者会見で初めて、掌蹠膿疱症という病名を聞きました。そして、この難しい名前の病気の原因の根本は、自己免疫疾患である事。「ビオチン」というビタミンと「整腸剤」の服用で治った事に、よく分からないながらも、「なるほどね~」とも思った記憶がございます。

その後、お受けする事が多くなってきた皮膚病相談対応のため、「皮膚病専門講座」に入会。掌蹠膿疱症に対する、『漢方的対処法』や『食養生』の講義を事項する事も多いです。また、実際に掌蹠膿疱症のご相談もお受けしております。

そして、いまさらながらではありますが、漢方薬の服用や食養生は大変有効な治療と再認識しております。

 250013

漢方では、掌蹠膿疱症の原因を 熱毒(ねつどく)

血熱(けつねつ)

湿熱(しつねつ)など、カラダの中の熱が原因と考え、それら熱を抑える 『清熱解毒(せいねつげどく)』作用の漢方薬をベースとして使います。

代表的な漢方薬としては、 清営顆粒(せいえいかりゅう) 瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう) 温清飲(うんせいいん)消風散(しょうふうさん) 五味消毒飲(ごみしょうどくいん)

などございます。これら漢方薬は、

ニキビ、肌荒れ、赤い顔 血熱が原因?

ブログでも紹介いたしました。
上記漢方薬は、表面的に現れている症状の緩和に役立ちます。

さらに、 「食治則身治」
(飲食が適正であれば、すなわち身体は健康) など、
健康の根幹に食事があると漢方では、

「欲得長生、腸中常青」といわれ、

長生きしたかったら常に腸をきれいにしておく、
胃腸粘膜を強化すれば内臓が強くなる。
内臓が強くなれば免疫力も強くなる。
免疫が強くなれば、皮膚も強くなる。

まさに掌蹠膿疱症の方に対し、食養生は治療の根本になりえると思います。

食養生の基本は 腹八分

食事そのものが治療 食養生 五行草茶編

 食養生ブログ ↑

掌蹠膿疱症でお悩みの方は、病院の治療などに併せ、

漢方薬での治療、中医学(漢方医学)的食養生もお考えになってみたらいかがでしょうか?

詳しくはお気軽にご相談ください。

また、清熱解毒(せいねつげどく)の漢方薬はやや苦いモノも多いので無料試飲をお試しください。

 秋田の漢方相談がお役にたてれば幸いです。

こちらの記事もどうぞ