秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

まっこ徒然ブログ リターンズ

暑さに負けない 漢方養生

夏の秋田の風物詩『竿灯祭』が開催中の秋田市。
そこかしこから、竿灯の軽快なお囃子が響いてきます。

毎年、竿灯時期が秋田の暑さのピークと言えますが、
今年は暑さに合わせて、蒸し暑い日が続き

早くも「夏バテ・・・?」とおっしゃられる方も少なく有りません。

90

「水分」の不足と「気」の不足

(汗をかく事は、水分の消耗)

確かに、この暑さ、高い湿度では、
汗のかきすぎによる「水分」の減少が心配されます。

体の水分の不足は、体の熱を冷ます機能の低下させ、体に熱がこもりやすくなります。
さらには、水分の不足は血液粘度を上昇させ、
夏の心筋梗塞
夏の脳梗塞
なども心配されますから、十分な注意が必要です。

(汗をかく事は『気』の消耗)

また、汗をかく事は、漢方で言うところの「体を守り、動かす『気』の消耗」とも考えます。

「気」の不足は、
心肺機能、脳エネルギーにも影響し、いわゆる熱中症の症状に近い症状、『倦怠感』『意識のもうろう』などと言った症状につながりやすいと漢方的に考えます。

〇 こまめな水分補給

〇 胃腸の調子を整えて、しっかり食事をする

(体の熱をさます食材)

キューり、スイカ、ゴーヤ、セロリ、オクラ

(潤いを保つ食材)

トマト・レモン・梅干し

(気を養う食材)

ウナギ、大豆製品、山芋

〇 十分な睡眠、休養をとる

など、夏に備えてください。


汗のかきすぎ、夏バテ、におすすめの漢方薬と言えば、

「麦味散顆粒(ばくみさんかりゅう)」と言う漢方が有名です。

「気」を補い、「気」や「潤い」漏れ出すのを防ぎます。

また、

「麦味散顆粒(ばくみさんかりゅう)」は、
心肺機能向上、
アスリートのための漢方薬としてもしられます。

無料試飲もできますので、
まずはお味見ください。

今の時期、飯田も「麦味散顆粒(ばくみさんかりゅう)」にはお世話になっております。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
どうぞお気軽にご相談ください。

山王けやき薬品・飯田

こちらの記事もどうぞ