秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

まっこ徒然ブログ リターンズ

20年の歳月 「暑がり」から「寒がり」

本当に寒くなりましたね。

「とうとうエアコンの暖房いれちゃった」などのお話をお聞きして、
「私、まだ我慢してますわ」など答えておりますが、
「あれ、なんで我慢しているんだっけ」と考えてしまいます。

「いまから暖房つけてたら、冬をのりきれない」
まだ来ない冬への恐れなんでしょう。

もう北国に生まれて50年が過ぎたのに、年々寒がりになります。

急に深まる秋の冷え、くれぐれもご自愛ください。

samugaripannda

今朝、おいで下さったお客様は、
「なんか、冷え性に効くクスリない?」とのお問い合わせ。

20年来のお客様で、背が高く、お話が面白すぎるいつも元気な社長さんです。

思わず
「どなたがお飲みになるですか?奥様ですか」
とお聞きしましたら、

「俺よ、俺。冷えると頭もイデっくて(痛くて)」
となんかお辛そうにお話になられます。

長い間お付き合いをさせて頂いておりますが、冷え性、気づかずにホントにすみませんでした。

それならと言う事で、
「では、奥様にもお出ししている〇〇顆粒など宜しいかと思いますので、ご一緒に飲まれたら如何でしょうか」と提案すると、

「俺『顆粒』嫌いなんだよ、お湯割りも面倒だし」

と一蹴(笑)。

たま(丸剤)ならなんとかと言う事で、
『参馬補腎丸(じんばほじんがん)』と言う

腎の力を補い、胃腸の働きを活発にして、身体を暖める漢方薬をお出ししました。

腎の力が弱くなる事を漢方では『腎虚(じんきょ)』と呼びますが、
腎虚は年齢にともない進行し、冷え、頻尿などは、腎虚(じんきょ)の代表症状です。

長年、社長の冷えに気づかなかったのではなく、
20年の歳月による、腎虚(じんきょ)なのかもしれません。

20年前と言えば、私も30代になったばっかり。
社長も40歳少し前でしたね。

その頃は、私も寒がりどころか、とても暑がりだった様な気がしますし、
社長もエライ無口な方だった様に思います(笑)。

漢方薬の服用で少しでもお楽になってくだされば幸いです。

秋田の漢方相談
山王けやき薬品 
飯田

こちらの記事もどうぞ