秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

子宝(周期調整法)

漢方的妊活 3つのポイント

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

熱戦が続く“リオオリンピック”
ワクワクしながら、テレビ観戦ではありますが、応援しております。

また、出勤前にテレビで見ました
レスリングの女王・吉田選手のインタビューでは、

「お父さんのいないオリンピックは初めてで・・・・
応援してくれた皆さん、こめんなさい」

何回も号泣する姿に、ウルッときてしまいました。

 

パンダ 五行

 

「妊娠力アップ」の漢方ケア

例年、お盆明けなど季節的節目が過ぎると初回ご相談のご予約が少しだけ増える様に思います。

今週は、
お子様をお望みのお客様の初回相談、
何組様かございました。

ご相談くださいまして、本当にありがとうございます。


妊娠力アップの漢方ケアの重要ポイントを三つあげると

 ① 漢方でホルモンの分泌や生殖、精力を左右する臓器と考える「腎」の充実

 ② 陰と陽という対立する概念(寒と熱、暗と明など)陰陽の良好なバランスをとる事

そして、

 ③ 「血(けつ)」の充実

になります。

特に「血(けつ)」の充実を最重要と考えております。

漢方で「血」とは
『血液とその働き』の総称で、
「血(けつ)」の充実は、
卵の質向上や子宮内膜に栄養やうるおいを届け着床に有利に作用します。

「血」を補う代表処方としては、“甘くておいしい漢方薬”『婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)』を初めいろいろございますが、

真剣にじっくりとお話をお聞きし、
少しでもご要望に沿える様に
漢方薬や生活養生を提案できればと願っております。

どうぞお気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談が少しでもお役に立てば幸いです。

基礎体温 10のチェックポイント

「いや~、昨日は海でノンアルコールビール6本飲みました」
当店がお世話になっている会社の社員さん。
お医者さんから一時的に、お酒を控える様に指導を受けているようです。
「やっぱ、俺的に海で飲まない事はあり得ないすもんね」とノンアルビール6本だそうですが、
カンカン照りの真夏にキンキンのビールを飲めないなんて、
もうすぐ解禁らしいですが、ちょっぴりかわいそう(笑)

 

 14-38-3016

基礎体温のチェックポイントについてまとめてみました。
「なんか私の基礎体温はおかしい」と心配されている方も多いですし、これから基礎体温をつけてみようと思われている方も一度目を通していただければと思います。

 (目次)

 ・基礎体温を見るときの10のポイント

・基礎体温表で予想できること

・まとめ

 基礎体温の10のチェックポイント

 基礎体温とは?

 体温は運動、食事、感情の起伏、基礎代謝などが影響しますが、基礎体温は体温に影響を与えるような諸条件を避けて測定した体温のことを指し、基礎代謝のみが反映された体温です。

一般に起床時の安静な状態で測定した体温をさします。

低温と高温の二相性の基礎体温は、黄体ホルモンの分泌によるものであり、通常、排卵が予想されます。

 基礎体温をみる上で重要な 基礎体温の10のチェックポイントとしては、

  1. 周期の日数
  2. 基礎体温の全体的温度
  3. ニ相性になっているか
  4. 低温は何日間で安定的か?高さは?
  5. 排卵日はいつ頃?
  6. 高温期への移行がスムーズかどうか
  7. 低温と高温の基礎体温の温度差が適正かどうか
  8. 高温期は何日間あって、安定的か、低すぎないか?高すぎないか?
  9. 生理前に基礎体温が下がってから生理が来るか?
  10. 全体的にギザギザしていないか

などが主に基礎体温表を見る時に重要なポイントです。

 ・基礎体温表で予想できること

 妊娠の早期診断

BBT 妊娠 (小)

排卵の有無

排卵日の予測

黄体ホルモン分泌状態など不妊治療へのヒントを得られる

BBT 王愛延 6

 

まとめ

ご自分の基礎体温と教科書の基礎体温を見比べて
「なんか自分の基礎体温がおかしい」と思われる方は多いです。
当然の事ながら、ご自分の基礎体温しか見たことがない訳ですからそう思われる事もあるでしょう。
基礎体温を凄く心配されておられても、僭越ながら私が基礎体温を拝見すると

「あ、凄く立派な基礎体温」と思う事もあれば、

「二相だけど、低温が高いな」

「二相だけど、排卵まで早い」

「低温から高温への移行が遅い」

毎日、何人かの基礎体温を見続けているといろいろ見えてまいります。
また、基礎体温は漢方薬をお出しする上でも大変重要な指標としております。

秋田の漢方相談がほんの少しでもお役に立てれば幸いです。
どうぞお気軽にご相談ください。

女性のからだ漢方相談 飯田

周期調整法 従来の不妊漢方治療との違い

本気で子宝をお望みのお客様へ

不妊漢方治療
『周期調整法』と従来の漢方治療との違い

 現代医学(西洋医学)の基礎体温の理論に、漢方医学の『陰陽』理論を当てはめて考えられたのが、西洋医学、漢方医学、互いの応用研究から導き出された、『中西医結合医療(ちゅうせいいけつごういりょう)』、『周期調整法』です。
漢方薬の新しい用い方と言えるでしょう。

漢方の不妊治療のありかたの基本は

「気」「血」「水」のエネルギーを補う、バランスを整える事によって妊娠しやすいカラダをつくるところからはじめる事と言えますが、

 周期調整法の素晴らしさは、

月経期・卵胞期・排卵期・黄体期などの生理周期、カラダやホルモンバランスの変化に応じて最適の漢方薬を飲み分けるという、合理的であると思います。

 有効性の確実な病院(現代医学)治療にあわせて使う事も可能ですし、相乗効果、治療の副作用の軽減も期待できます。

ホルモン伝達

 従来の漢方の用い方は、

月経期・卵胞期・排卵期・黄体期と生理周期によって、規則的ながら、大きく変化するホルモンバランス、からだのメカニズムに対して、単一処方を長期的に出す事が一般的でしたが、生理周期に応じて服用する漢方薬を変える「周期調整法」はより効果が期待できる漢方の用い方です。

 また、周期調整法では
お一人お一人のお身体の状態や体質、基礎体温、年齢などによって
『服用する漢方処方』『生理周期』など違うオーダーメイドです。

いつ、何を飲むかで効果は大きく違うと思います。

詳しくは、お気軽にご相談ください。
出来る限り、シンプルにわかりやすくご説明申し上げます。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。