秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

子宮筋腫

漢方で考える 子宮筋腫

すっかり雪の消えた今日の秋田。

「もう春ですかね?」

などつい楽観しますが、『雪国の冬』きっとそんなに甘くないですね。

くれぐれもお体にお気をつけください。

fukutuu

ここ数日、子宮筋腫についてのお問い合わせが相次ぎましたので、
漢方で考える子宮筋腫について少々書かせて頂きます。

 

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、子宮の筋肉内にできる良性の腫瘍。
サイズや数、出来る場所など人それぞれで、目視が難しい様な小さなモノから、数十cmにまでに成長する筋腫もあるそうです。

子宮筋腫は自覚症状のない方も多く、婦人科などの受診をきっかけに子宮筋腫を指摘される方も多い様に思いますが、
すべての方に自覚症状が無いのではありません。

 生理時の強い腹痛、月経困難症、

経血量増加による貧血、それにまつわるめまい、たちくらみ

筋腫が大きくなる事による圧迫での頻尿や便秘、腰痛

筋腫の場所や大きさなどによって、着床障害など不妊の原因の可能性

などの症状でのご相談も多いです。

 漢方で考える子宮筋腫の原因、対応

漢方で子宮筋腫の体質的特徴は、
「お血(おけつ)」と呼ばれる血の滞りにあると考えます。

痛む・しこる・黒ずむなど
まさに「お血」の象徴です。

漢方の対処処方としては、

血液の流れを良くする代表処方

「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」

貧血が気になる方は、

血を補う

「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」など

また、亀甲(きばん)鼈甲(べっこう)など動物性コラーゲンが、

軟堅散結(なんきんさんけつ)作用
「堅い組織を軟化して消散させる作用」
がある事から

亀甲、鼈甲のたっぷり配合された
『亀鹿仙(きろくせん)』の服用も宜しいかと思います。

 

詳しくはお気軽にお問い合わせください。
無料試飲もできます。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
山王けやき薬品・飯田

今週もありがとうございました。

妊活 『お血改善が大切な理由』

週1回で我慢しておりますが、
ラーメン本当に好きかもしれません。

いや好きです・・・・

 ただ、脂質、糖質過多(だから美味しいかも?)だけに、
毎日続けると、

「お血」が心配です。

漢方で「お血」とは、『血』の流れが滞っている状態です。

 sikyuu


妊活の基本はお血改善

そして、

「お血」は、
子宮や卵巣の毛細血管の血流低下を招き、
不妊の原因となり得ます。

エイジングはお血の大きな原因

お血を引き起こす原因で代表的なモノは

〇 生活習慣(食生活、睡眠時間、運動不足)

〇 過労

〇 ストレス過多

そして、

〇 エイジング(加齢)など挙げられます。


エイジングと不妊
優先すべきは「お血」の改善!

 

血流低下が妊娠に与える影響として、

(子宮の血流低下)

子宮血流低下は
子宮筋腫、子宮ポリープを引き起こす原因にもなり、
子宮筋腫、子宮ポリープは、
着床障害 、子宮内膜分泌期の異常 など
妊娠への妨げになる可能性があります。

 また、妊娠継続の障害(流産、早産)にもつながります。

さらに、子宮血流低下は、

(卵管圧管 卵管の機能低下 → ピックアップの問題 )

なども指摘されております。


(卵巣の血流低下


卵巣血流の低下は、

卵巣の毛細血管の微小循環低下を引き起こし、卵胞への酸素、栄養の不足。
微小循環の低下による活性酸素の増加による体の酸化、タンパク質の変性。
など卵の質の低下が心配されます。

 

妊活には、「お血」の改善が欠かせません。

生活習慣改善に併せて漢方などを取り入れるのも大変メジャーな方法で、

冠元顆粒(かんげんかりゅう)
水快宝(すいかいほう)
田七人参(でんしちにんじん)
桂枝茯苓丸(けいしいぶくりょうがん)

などが、『お血改善』の代表的漢方薬になります。

どうぞお気軽にお問合せください。


秋田の漢方相談
山王けやき薬品 飯田

亀鹿仙(きろくせん)をおすすめしました。

漢方薬のご照会を頂きました。

本日おいでくださいましたお客様は、
スマートフォンを見せてくださり

「この『宝なんとか』の漢方薬ってありますか?」

画面を見せて頂くと、子宝漢方相談で特に有名な漢方薬局のオリジナルサプリメント。

老〇鏡をかけて良く見ると、

「『周期調整法』の発案者・南京中医薬大学の夏桂成教授の研修を受けた際、卵の質向上には『亀板(きばん)』が有効と教わり、開発に至った」旨、書かれております。

亀板(きばん)とは、亀由来の膠(にかわ)、動物由来コラーゲン。
とても有効な生薬です。
ただ、当店にもこの亀板(きばん)を用いた製品が有りますので、そちらをお奨めしました。

効き目が早いのが魅力の漢方薬『亀鹿仙(きろくせん)』です。

液状タイプの甘酸っぱいお味も好評で、
勿論、お問い合わせのお客様にも試飲して頂き
「おいしい」と言って頂きました。

さらに、亀鹿仙は、亀板だけでなく、鼈甲膠(スッポンの甲羅)、鹿角膠という三種類の動物性生薬を原料に作られた豪華処方。

 

ohada

 

『亀甲・鼈甲・鹿角のチカラ』によると

不老長寿の象徴
(亀甲)(鼈甲)
滋養強壮の元
(鹿角)

の服用は、

加齢と共に不足していく腎精を補い、
腎気を高めることで、
老化を防ぎ、心身を若々しく保ちます

と書かれております。

難しい表現ですが、ロウソクの例えも記載されており

ロウソクの蝋 → 腎精(じんせい)
ロウソクの火 → 腎気(じんき)

亀甲・鼈甲・鹿角の服用は、
年齢とともに消耗される「腎精(じんせい)」を補い、
生命の光を燃え上がらせます事がイメージできます。

 

『亀鹿仙(きろくせん)』を服用してお聞きするお声としては、

「ノボセが軽くなった」
「夜のおしっこが長くなった」

(ホットフラッシュ、冷えノボセ、頻尿、夜間尿、寝汗)
などのお悩みの方にも喜ばれますし、
効き目の早さに驚きます。

また、お肌がプルプル、ツヤツヤ・髪ピカピカ
お肌や髪にに潤いや弾力を与えるなど
(美容効果)
やっぱり抜群です。

(妊活応援で使わせて頂く場合)

基礎体温が全体的に高め
低温期が短め
オリモノの分泌が少ない
FSH上昇
性欲減退
性交痛がある

などの場合は低温期を中心に服用をお奨めする事が多いです。

さらに、亀甲・鼈甲は、

「軟堅散結(なんきんさんけつ)」
堅い組織を軟化して消散させる作用があり、
 (子宮筋腫、子宮筋腫の気になる方)
へもお出ししております。

先ずは、無料試飲をお試しください。
試飲だけの方も多いです(笑)
お気軽にお申し付けください。
1包からもお求め頂けます。

秋田の漢方相談
山王けやき薬品 飯田