秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

安胎の漢方

『腎(じん)』の力を強くする 不妊と漢方

「私、腎の力をつける漢方薬が飲みたいんです」

先日、お客様がおっしゃったお言葉。
お子さまをご希望され、不妊治療をお受けになっております。

その日は、オレンジページから出ている『妊娠力が気になる人の漢方的養生ブック』をお持ちになられておりましたが、漢方に興味があり、いろいろな雑誌の漢方特集を精読されておられるそうです。

 「自分なりに、(ご自分の)体質を考えて、あと、毎日自分の舌も見ているのですが、『陰虚』で『血虚』、それに『お血』傾向だと思うのですがどうでしょうか?」

 相談

 

 症状をお聞きしたり、舌を拝見すると

確かに、

陰虚(いんきょ)【からだの潤いの不足】

血虚(けっきょ)【血の不足】

お血(おけつ)【血の流れの滞り】

など感じられます。
ご自分のからだの事とはいえ、感心しました。

 更に、ご自分で研究されて、ご自分に合うと思う漢方が、

陰虚(いんきょ)【からだの潤いの不足】に対して、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

血虚(けっきょ)【血の不足】婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

お血(おけつ)【血の流れの滞り】冠元顆粒(かんげんかりゅう)

 ↑ 凄く良い選択だと思いますし、

「私、腎の力をつける漢方薬が飲みたいんです」

 腎の力をつける漢方薬の代表処方が、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)ですから、

ホント、大したものですね。

あんまりお客様に勉強されると、私の立場が・・・・

 

 『腎』の漢方的はたらきとは?

漢方医学で『五臓』の『腎』

発育、ホルモンの分泌などの働きを司る臓器と考えられています。
「腎」の力は年齢とともに弱くなり、睡眠不足、冷え、喫煙などの生活習慣も「腎」にダメージを与えます

腎の力が弱くなる事を漢方では『腎虚(じんきょ)』と呼び、

腎虚は

体の冷え、腰痛、頻尿などの症状が多く、
さらに、卵の質、着床、妊娠継続に影響が出るなど妊娠力低下の大きな原因となります。

 腎の力をつける漢方薬とは、

腎気・腎精を補い、『腎』の働きを助ける『補腎薬(ほじんやく)』と呼ばれる漢方になります。

代表処方には、

 「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」

「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」

「双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)」

「二至丹(にしたん)」

などがあります。

 

補腎薬は、
卵の質を高めるための『補腎』

着床を助ける『補腎』

 さらには、漢方で、『腎は成長を司る』と考えますので、
妊娠を継続させる『補腎』(妊娠中の補腎)も重要です。

補腎薬も、 お体の状態、基礎体温の状態、ご年齢などで、

低温期・高温期など周期に応じて飲み分けて頂く事があります。

また、『男性の腎虚』は精子・精液の問題や性欲低下など男性不妊の根本的問題と言えるかもしれません。

そして、腎の力が弱くなる
腎虚(じんきょ)= 老化
と論じる専門家も多く、

腎の力を強くすることは、アンチエイジングとも言えるでしょう。

 

詳しくは、お気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

免疫異常における着床後早期ロス 漢方的視点

昨年受けました、

ベテラン女性中医師の先生の講義

不妊症にある問題として二つの問題

『卵子の質』

『着床後の早期ロス』

について、所属しております学術団体の広報誌に投稿しましたレポートを
ブログを読んでくださる皆様にシェアいたします。

パート1では、卵子の質と漢方的体質 についてブログに書きましたが、

パート2は、着床後早期ロスの問題についてノートをシェアいたします。

 (以下研修会ノートより) ↓

妊娠を難しくしている大きな要因として、着床後の早期ロスも大きな問題。

講義では特に免疫異常における着床後早期ロスについて解説された。

 

流れLows

 

A、免疫過剰反応タイプ

  胎児は父親からの遺伝子という母体にとっては「異物」を持っているが、通常の妊娠ではこれが原因で拒否反応を起こす事は無い。ただ、NK細胞が過剰であったり、母体が免疫過剰になっている場合、拒否反応をおこし流産につながる事がある。

 漢方的体質的として、気陰両虚(きいんりょうきょ)が多く、舌は赤く、舌苔があまり無い。

 漢方薬の対応としては、高温期の漢方服用が重要で、胃腸の調子を整える漢方薬(小腸内の免疫を整える)、免疫調整する漢方薬などで、免疫を整える。

 B、免疫力が弱いタイプ

 母児接点である子宮脱落膜の免疫担当細胞の割合は末梢血とは異なっており,70%がNatural Killer(NK)細胞、20%がマクロファージ、10%がT細胞であり、 NK細胞は末梢血と異なる種類で、子宮 NK 細胞と呼ばれている。

子宮 NK 細胞は、着床期に増加し,妊娠中期,後期に減少し、NK 細胞は絨毛細胞に対して細胞障害活性を示さない。また、母児接点に存在する絨毛外絨毛細胞にはHLA 抗原があり、NK 細胞のキラー細胞抑制レセプターに認識され、NK 細胞からの攻撃から免れている。

 従って、習慣性流産疑われる患者の高温期の子宮内膜には、子宮NK細胞が減少し、末梢血NK細胞が増加している可能性があり、着床時の免疫防衛力が弱いタイプと言える。

 漢方的体質で言うと、気血両虚(きけつりょうきょ)。

 免疫力が弱いタイプの対応も、やはり高温期が重要であり、高温期を安定させて腎の力を強くする漢方薬や免疫を整える漢方薬、血液の量を増やして、ホルモンバランスを調整する漢方薬などを活用すべきとの話で講演は終わった。

分かりにくい記述もあったかもしれませんが、
ご不明の際は、お気軽にお問い合わせください。

秋田の漢方相談がお役にたてれば幸いです。