秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

冷え性

『漢方もイイよ』って聞いて来たんですけど 冷えと不妊

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

先程いらっしゃいましたお客さまは、
「友達から『漢方もイイよ』って言われて来たんですけど」
と当店のご常連様からのご紹介でご来店されたお客さま。

ご来店くださいまして、ありがとうございます。

お話をお伺いすると、
お子様をご希望されておられ、体調で気になるところは、
「とにかく足が冷たくて、冷たくて」。
足の冷えが気になるご様子、
そしてお足元を見ると冷え取り靴下の重ね履き・・・・

夏でも冷えでお悩みのご相談は多く、
お子様をご希望の方にとって、夏でも冷えは禁物です。

 

(冷え対策は妊娠力アップの基本)

なぜなら、冷えは、卵巣や子宮の「お血」(血の停滞)をまねきやすく、 卵巣や子宮の「お血(血の停滞)」は、卵巣、さらには卵巣内の卵胞へ十分な栄養や酸素が届かず卵胞発育へ影響、排卵の妨げになったり、同じく内膜の血流低下は、着床への悪影響も考えられるからです。
また、漢方では、「「お血=(血の停滞)」は、 子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの原因ととらえますので、「冷えによるお血」が不妊につながる病気の原因になる事もあります。

さらに、お話を伺うと

いつもいる場所が寒い(職場)
寒がりなのに、冷たいモノをよくとる
基礎体温の低温期(卵胞期)の体温が36℃以下の日もある
生理痛が強い
生理前の頭痛がひどい
など

冷えの原因になる環境や習慣
冷えや冷えによるお血が原因と思われる症状がたくさんありました。

生活習慣上のアドバイスとしては、
 足元が冷えない様にされていましたが、職場が寒いので体を冷やさない服装に気をつていただく。夏場にはお手間かもしれませんが、湯船につかる。睡眠時間、就寝時間が大事。食事の時暖かいものから食べて、「血」を補い巡りをよくする食材を食べるなどお話しさせて頂きました。

漢方薬としては、

冷えを解消、妊娠力向上のために

「血」を補う代表処方・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)をおすすめ。

漢方では「女子は血をもって本となす」
「血(けつ)」は女性の体の根本と考えます。

血が増えると気(エネルギー)も増加
さらに血は増えるとめぐる(お血の改善)
などご相談くださったお客さまにはぴったりです。
さらに「血」を増やす事は、美肌・美髪への効果が期待できます。

また、酷い生理痛。頭痛、お血をしめす舌など
やや「お血」傾向が強い判断しましたので
お血改善の代表的な漢方薬・冠元顆粒(かんげんかりゅう)も婦宝当帰膠に併せてほんの少し服用頂く事にいたしました。

お体のお悩みが解消し、ご希望が叶います様に祈っております。

(お客様の許可を頂きご相談の一部を掲載いたしました)

お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

相談無料、婦宝当帰膠、冠元顆粒など無料でお味見できます。

冷えない妊活 「血(けつ)」が肝心

ブログ更新のタイミングを逸してしまい・・・・

といきなり言い訳をしながら、先月来のブログ更新になります。

更新をさぼっていた間に、雪の無かった秋田の冬に雪が降り積もりました。

本日いらっしゃいました『由利本荘市』のお客様は、

「秋田市は雪が多いですね」と言われ、

県南部、内陸の街からおいで下さったお客様には

「ウチの雪はこんなもんじゃないです」との事、

同じ秋田でも違いますが、雪国秋田らしい冬。

wasiyasann

 

先月20日に来てくださいましたお客様。
お付き合いも3年のお客さまでしたが、
数か月おみえにならずに、ご近所のお勤め先の会社を通るたびにどうしているか心配しておりましたが、お元気な姿に安心いたしました。

数か月の間には、ご親族の不幸やご妊娠後の入院など大変な事がいろいろあったそうです。

どんなに大変でしたでしょう。
遅ればせながらお見舞いを申し上げます。

継続して服用頂いている

「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」
は『血(けつ)』を補う最も代表的な漢方薬。

女性の冷えの原因は「血」の不足の場合が多く、
体が冷えると血行が悪くなり、体の隅々まで血液を届ける事が出来なくなります。
手足の冷えだけではなく、冷えが内臓に及ぶと卵巣や子宮など妊娠に関わるところへの影響も心配です。

妊活は『冷えない』『血(けつ)を補う』が肝心。

妊娠周期もいよいよ後期になり、赤ちゃんに会える日が待ち遠しいですね。
婦宝当帰膠も、もう少し服用ください。

寒さも立春を越えてなお厳しいですが、
くれぐれもお体にお気をつけください。

ご来店くださいましてありがとうございます。

秋田の漢方相談が少しでもお役に立てます様にがんばります。

ブログも更新がんばります・・・・。

山王けやき薬品・飯田

飲む美容液 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

飲む美容液

『女性の宝』当帰たっぷりの甘くて美味しい漢方薬。

 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)に多く含まれる「当帰(とうき)」という生薬は、漢方では『女性の宝』と呼ばれており、冷えや生理痛、生理不順、貧血、更年期障害に効果的です。

漢方では、診断の際、『気』『血』『水』という三つの要素章に分けて見立てを行いますが、当帰はこのうちの特に『血』の不足、『血虚(けっきょ)』に特に有効な補血の生薬です。
『血虚(けっきょ)』は、顔色が悪くなる、お肌のツヤが無くなる、髪にツヤがなくなる、爪がいびつになる、など見た目の変化にもつながりますので、それを改善する、婦宝当帰膠など、血を補う漢方薬は飲む美容液と言えるでしょう。

nomubiyoueki

 

また、冷えや疲れ、生理不順など女性特有のからだの悩みは、『血』の不足が関係している事が多く、女性で血が余っている人は多くないので、女性の健康を保つ上で『血』を補うのは、とてもメリットがある養生と言えます。

甘くて、おいしい、飲む美容液漢方を一度お試しください。

試飲だけでも構いません。

お気軽にご相談ください。

 

髪を豊かに、艶やかにする 漢方とは?

髪は血のあまり

髪を豊かに、艶やかにするためには『血』を増やすことが重要

漢方では、『髪は血のあまり』とも言われ、髪の毛が細くなった、少なくなった、ハリ、ツヤをうしなったなど、悩ましい症状は、「血」の不足が大きな原因の一つと考えます。

 kami

「血」が不足している状態を漢方では「血虚(けっきょ)」と呼び、髪の状態だけでなく、顔色が悪くなる、肌のツヤがなくなる、お肌が乾燥するなども、血虚の代表的な症状と言えるでしょう。

さらに、漢方の古典医学書では、

「婦人以血為主」

(婦人は血を以って主と為す)と記され、

女性にとって血は何よりも大切との考えが根底にあります。

「血」を増やす事で

「ポカポカ体が温まる」「生理がラク」「肩こりが無くな

った」「生理周期が整った」「生理前のイライラが少なくなった」「子供を授かった」などのお声も多く頂きます。

 

「血」を増やす漢方藁として代表的な処方としては、女性の宝「当帰」や、かの楊貴妃も愛用したと言われる、伝説の動物性コラーゲン『阿膠(あきょう)』配合の『婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)』などが有名です。漢方の常識をくつがえす、甘くて美味しい漢方藁を、ぜひご試飲ください。

詳しくはお気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役立てれば幸いです。

冷え タイプ別 漢方養生法

女性の冷えは季節がない


「手足が冷たい」「腰や下半身が冷える」など、「冷え」の相談は季節を問わず多くお受けします。また、冷えは、「瘀血(おけつ)」(血の滞り)につながり、肩こり、腰痛、生理痛なども併発する事が多いです。

冷え

 漢方的観点で、
冷えは身体を温め栄養成分を運ぶ「気」や「血」の不足、
「腎」の働きが低下して身体を温めるエネルギー「陽気」不足している状態とみなします。

 

 冷えのタイプ別養生法

「血」が不足での冷える タイプ

 

「血」は、からだを巡り、栄養や潤い、温かさを届けます。

この「血」が不足すると、栄養、潤い、温かさを届ける事が出来ずに冷えの大きな原因となります。特に、女性は、毎月の生理、出産、授乳など血の消耗が特に多いと言えるでしょう。また、睡眠不足、ストレスなども血の消耗と関連があります。

 (症状)

 手足の冷え、お肌や髪の乾燥、抜け毛、めまい、立ちくらみ、コロコロ便の便秘

 (漢方処方)

当店人気NO1の婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は、「血」を増やす代表処方です。
また、症状によっては、参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、心脾顆粒(しんぴかりゅう)なども宜しいかと思います。

 「気」の不足による冷える タイプ

 カラダを守るエネルギー、身体を温めるエネルギーの「気」が不足で冷えるタイプです。

 中医学(漢方医学)では、気の不足の代表症状として「冷え」があげられます。より強い冷えを訴える「陽虚(ようきょ)」に発展する事もあり注意が必要です。また、気の不足の原因に胃腸虚弱なども大きく影響しますので食欲などにも留意ください。

 (症状)

手足が冷える、疲れやすい、風邪をひきやすい、食欲不振

(漢方処方)

衛益顆粒(えいえきかりゅう)、健脾散顆粒(けんぴさんかりゅう)、
麦味参(ばくみさん)、生脈散(しょうみゃくさん)
などが代表処方となります。

 
「陽気」の不足による冷える タイプ

「陽気」は「血」と一緒に体内を巡り、体温を保つ働きがあります。

「陽気」の不足は、手足の冷えだけでなく、からだ全体の冷え、さらには関節に痛みを生じることもあります。

『陽気』は生殖機能や成長、発育、ホルモンの分泌などの働きを司る「腎」から生まれ、
腎の機能が低下した状態の事は、『腎虚(じんきょ)』と呼ばれ、腎虚は、体の冷え、腰痛、頻尿、男性は、精力減退、女性の場合は、卵の質、着床、妊娠継続に影響が出る事があります。

「腎」の力は年齢とともに弱くなり、睡眠不足、冷え、喫煙などの生活習慣も「腎」にダメージを与えます。

 

 

(症状)

強い冷え、悪寒、腰痛、関節痛、不妊、頻尿、むくみ

 

(代表処方)

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

参馬補腎丸(じんばほじんがん)

 

詳細はお気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。