秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

美肌・美容漢方

太りやすい体質とお悩みの方に...

昨日の蒸し暑さから一転、秋の涼しさに包まれる今日の秋田。

一昨日は、お客さまより秋の味覚
立派なぶどうを頂きました。

濃厚かつ爽やかな味を堪能させて頂き、
ありがとうございます。

秋は

スポーツの秋、食欲の秋

天高く馬肥ゆる秋

ダイエットご希望の方にとっては、食欲増進が悩ましい季節かもしれません。

太りやすい体質

「太りやすい体質」というのは、

1. ご自分の身体で燃やせる以上にエネルギーとなるカロリーを摂ってしまっている
2. 少し食べ過ぎると摂取したカロリーを燃やしきれない
3. 水分代謝が弱い、冷え性や運動不足

先ず、1. のタイプは、

ごめんなさい、食べ過ぎが原因です。

ただ、その中でも

その自覚がある、無いの二つのタイプに分かれます。

もし食べ過ぎの自覚があれば、

繊維質の摂り方を工夫し、油ものを控えます。食事のバランスが大事で、繊維質の多い野菜を多くの種類加熱して食べましょう。便通にも気を配って下さい。便秘は大敵です。


また食べ過ぎの自覚が無い方は、
ごはん、麺、パンなどの炭水化物、糖質に要注意です。出来るだけ、最初は野菜から食べるなど、血糖値が上がりすぎない様な工夫が必要です。食べ過ぎを自覚することと、運動量を増やしましょう。

2. のタイプは、年配の方や胃腸の弱い方、呼吸器の弱い方に多いようで、時にむくみを伴います。
具体的には、冷たい飲み物、食べ物は控えて下さい。身体を冷やさないよう、運動も小まめに行い、睡眠時間をたっぷりと。
牛乳や卵、ヨーグルトなどの完全栄養食品に要注意です。

3. のタイプは、水分代謝が弱く、上記 1. や 2. のタイプと重複しているケースも多く見られます。
冷え性や慢性的な運動不足が原因ですが、ポイントは、水分の摂り方です。
  利尿作用のあるお茶なども時々取って下さい。

当店では、三爽茶(さんそうちゃ)というハーブティーが人気です。

先ずは無料試飲でお味見ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
お気軽にご相談ください。
 
 
 
 
   

女性の大敵、皮膚のトラブルはありませんか?

秋田の漢方相談 山王けやき薬品・飯田です。

好天の続いたGWもあっと言う間に終わり、やや肌寒いお天気のここ数日の秋田。

「9連休後の今週が辛い・・・・」などのお声もチラホラお聞きします。

今週も半ばを越えました、お体に気をつけてがんばりましょう。

 

美しいお肌は、女性の切なる願い、

シミ、シワ、お肌の乾燥、たるみなど

『お肌のトラブル』は女性の大敵と言えるでしょう。

今日は、女性の大敵、皮膚のトラブルについて述べたいと思います。


美しい素肌をキープするためには、生理周期によるホルモンバランスの変化など女性特有の身体の特徴や皮膚老化のプロセスなど理解し、それに合った生活や養生をする事が肝心です。

女性は、年齢と共に生理的な老化、皮膚の老化が進みやすくなり、
一説には、皮膚の老化は25歳から!?

いわゆる『お肌の曲がり角』ですね。

その後、年齢と共にシワ、シミ、たるみなどのお肌トラブルにお悩みになられる方が多く、

60 歳を過ぎた辺りから、特に皮膚が薄くなり、弾力も低下、乾燥してきます。

ただ、個人差はあります。

50歳でも30歳のお肌を持つ美肌美人から、
反対にお若くともお肌トラブルで深く深くお悩みの方もおいでになります。

漢方では、「肌は内臓の鏡」と表現し、肌は体の内側を反映していると考えます。

つまり漢方では『美しい素肌』は、お体の健康、内面の美しさの象徴ととらえている訳です。

また漢方では、皮膚に栄養や潤いを与える『血(けつ)』の充実が、皮膚の健康度を決めると考え、さらに女性の活動をふくめ全て「血」に支えられていると考えます。

血の不足や血の巡りの停滞は、お肌のトラブルを誘発するだけでなく、女性の生理的なことすべてに影響してきます。

血を増やし、血の流れを良くする事が、
皮膚ばかりでなく女性のお体のお悩み解消の基本です。

漢方薬としては、

「血」を増やす代表的な、甘くて美味しい漢方薬
「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」や
お肌に潤いハリをみなぎらせる
「亀鹿仙(きろくせん)」などが好評です。

美しい素肌を保つための正しい養生法としては、

1. 規則正しい生活
2. 適度な運動
3. 冷えに気をつける
4. ストレスに留意
5. 偏食をしない
6. 十分な睡眠
7. 紫外線に(凄く)気をつける

などです。

また、皮膚のトラブルには、アトピー性皮膚炎、こどもの皮膚炎、老化に伴う皮膚病、ニキビ、水虫など、多くの種類がありますし、季節によっても体調の変化とともに対処法は違ってきます。

生活養生、お食事の養生なども含め、あなた様に合った漢方薬をご提案いたします。

ご相談、お味見だけでも結構です。
お気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

女性を美しくする生薬とは

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

気がつけば3月も今日で終わり、長かった冬もあと少しになりました。
春の訪れを少しだけ感じる今日この頃、北国の春にウキウキする思いです。

でも暖かかったり、寒かったりの三寒四温の季節は、特に女性にとって不調になり易い季節。

特に、春の冷えは、女性にとって、大敵!

幸せホルモンのセロトニンや、やる気ホルモンのドーパミンを作る酵素が働きにくい、ストレスによる血流が滞るなど、憂うつでからだがだるくなりやすい季節です。

こんな時には、山王けやき薬品までご相談下さいね。あなたの不調を、個々の体質を見ながらお薬や食養生などをご提案します!

ところで、暖かい季節になると、冷えから解放され、食生活や精神的なバランスが取れた女性は急に綺麗になります!

いわゆる健康美というものですが、そもそも秋田は、美人を多く輩出する土地柄、健康、美肌に気を付けておられる女性も多いのです。

実際、漢方では、女性を美しくさせる生薬がいくつか紹介されています。

その一つ、女性の宝、美容の女王と言われる「当帰(とうき)」。

この当帰という生薬は、セリ科の植物の根で、強い芳香があり、からだを温める「温(おん)」の性質を持っています。

当帰は、女性を悩ます「血」に関するトラブルを解決する重要な生薬だとされています。

お肌のトラブル、老化や生活習慣病、出産後の不調、便秘など下腹部の不調、生理痛、月経不順、貧血など、全て「血」が原因の症状に効果をもたらします。

つまり当帰は、非常に良い補血薬として、「養血(ようけつ)」で栄養分豊かな血液を作り出し、「活血(かっけつ)」で血液の流れを改善するのです。

当帰以外にも、「血」の熱を取る芍薬(しゃくやく)、からだのバランスを取る川芎(せんきゅう)、お肌の衰えに効く地黄(じおう)などが女性を美しくする生薬の代表格です。

これら当帰をはじめとする四つの生薬が調合されたものとして「四物湯(しもつとう)」がありましたが、現在、女性の体質に合わせ、「気」と「血」を補う作用のある生薬を加えた婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は、「女性の聖薬」とも呼ばれて多くの女性にご愛用頂いております。

当店の人気NO1の漢方薬

漢方の常識をくつがえす甘くて美味しい漢方薬「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」は店頭で無料試飲できますので、お気軽にお声掛けください。

 

 

 

師走の 「お顔お手入れ会」 開催いたしました。

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

気がつけばもう師走どころか

もうすぐお正月

久しぶりのブログ更新になります。

約1ヵ月前の盛岡研修からはじまり、
その次の日曜日は所属しております漢方の学術団体の機関誌の編集会議で関西
さらにその翌週の日曜日は秋田で打ち合わせなど
なんとなく慌ただしい気持ちで師走に突入

特に何をしている訳ではないのですがバタバタしておりました。

相当前になってしまった盛岡での研修内容は、凄く興味深いもので、

講義された先生の本や資料を何回も読んだはずなのに

直接講義を受けて聞くと

「なるほど」「ああそうか」

と唸りましたが、その講義ノートも整理していなくて

今年中にはノートを整理しようと思います。

 

お手入れ会


本日は

「お顔のお手入れ会」を当店にて開催いたしました。

初めてお迎えするお手入れの先生のお話に

お客様も

店の人間も

「えぇっ~」

「あ、そうなんだ」

の連続。

和気あいあいで楽しく開催できました。

寒さ深まるお忙しい中、おいで下さったお客様には感謝に堪えません。

また、仙台から来てくださったS先生にも心より感謝申し上げます。

先生から

「お客様、本当におきれいな方ばっかりですね」と言われ、

「やっぱり」と思いつつ、そう言ってくださりうれしかったです。

なんと言いましても“秋田美人”は全国で一番有名な美人。

秋田の漢方相談が

秋田美人のますますの美と健康に貢献できます様に来月も

「お手入れ会」開催の予定です。

詳しくはまたお知らせをしたいと思います。

女性の心や体の悩みの根本は「血流」

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

先週日曜日、秋田卸売市場で開催された『市場祭り』に行ってまいりました。
実は割と近所に住んでいるのですが、卸売市場ですから入る機会が有りませんでした。
初めて入りました。

市場祭り

混雑の写真は撮れませんでしたが場内は行き来もままならないほどのにぎわい。
「え!年末のアメ横」と言った感じでした。

そして、市場内ではこれでもかと言うくらいの試食サービス。

長いも、とんぶり、キュウイ、バナナ、梨、ハム、かまぼこ、うどん、おでん、たまこん、うどん、筋子、さきいか・・・さらに数品目の試食
こんなに試食をさせてもらったのは生まれて初めてかもしれません。
これだけでお腹がいっぱいになりました(笑)。

少しづつですが購入もさせて頂き、なかでも
収穫したてのとんぶり・「秋泉」と言う梨・いくら(味がついてないモノ)
などが、特に美味しかったです。

予想以上に楽しかったので、来年も必ず行きたいと思いました。


最近話題の本
「血流がすべてを解決する」
読んでみてすごく共感しました。

と言いますか、私自身もずっと当たり前のように思っていたことです。

本になって読んでみて、著者に伝え方の大切さを再認させられました。

 

私も

女性の心や体の悩みの根本は、

〝血流〟だと思います。

人間の血管は毛細血管など微小な血管も含めると総延長10万キロと言う想像もつかない長さで、体のすみずみや内臓にも張り巡らされ、血流が全身にある60兆あまりの細胞に酸素や栄養を届けているからです。
血管の99%は毛細血管です。毛細血管は40代から顕著に減り始め、60歳を過ぎるころにはもっとも毛細血管が多い時の40%ほどになるのではと言う研究もあります。

年齢を経るにしたがって気になりはじめる

シミ

シワ

たるみ

などは、

(毛細血管の減少) → (血液の流れの低下) → (細胞に酸素や栄養が届けられない)

血流の減少に大きな原因があるのは間違いないでしょう。

また、毛細血管の減少は体の外側からと言われますから、毛細血管の減少は、血流の減少させ、外見の経年変化の大きなファクターになっているのでしょう。

『血は女性の体の基本』

元来、漢方では 〝血(けつ)〟を単に血液としてとらえるのではなく、血流も含め、心や体を支えるの大きな要素としてとらえ、

〝血(けつ)〟を

『血は女性の体の基本』と重要視する考えが根底にあります。

さらに漢方的な観点で血流を述べると

『血液サラサラ』にするだけでは良くなりません。

〝血〟そのものを増やす、漢方的には『養血(ようけつ)』が血流を増やす第一歩となるでしょう。

いよいよ寒くなるこの季節、冬の備えに

〝血(けつ)〟を作る、増やす、流す

漢方養生がおすすめです。

お客様の体質、症状によって服用する漢方薬は変わりますが、

“甘くておいしい漢方薬” 

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)などは会う方が多いです。

まずは無料でお味見ください。

ご相談、お味見だけでも結構です。
お気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。