秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

スポーツと漢方

暑さに負けない 漢方養生

夏の秋田の風物詩『竿灯祭』が開催中の秋田市。
そこかしこから、竿灯の軽快なお囃子が響いてきます。

毎年、竿灯時期が秋田の暑さのピークと言えますが、
今年は暑さに合わせて、蒸し暑い日が続き

早くも「夏バテ・・・?」とおっしゃられる方も少なく有りません。

90

「水分」の不足と「気」の不足

(汗をかく事は、水分の消耗)

確かに、この暑さ、高い湿度では、
汗のかきすぎによる「水分」の減少が心配されます。

体の水分の不足は、体の熱を冷ます機能の低下させ、体に熱がこもりやすくなります。
さらには、水分の不足は血液粘度を上昇させ、
夏の心筋梗塞
夏の脳梗塞
なども心配されますから、十分な注意が必要です。

(汗をかく事は『気』の消耗)

また、汗をかく事は、漢方で言うところの「体を守り、動かす『気』の消耗」とも考えます。

「気」の不足は、
心肺機能、脳エネルギーにも影響し、いわゆる熱中症の症状に近い症状、『倦怠感』『意識のもうろう』などと言った症状につながりやすいと漢方的に考えます。

〇 こまめな水分補給

〇 胃腸の調子を整えて、しっかり食事をする

(体の熱をさます食材)

キューり、スイカ、ゴーヤ、セロリ、オクラ

(潤いを保つ食材)

トマト・レモン・梅干し

(気を養う食材)

ウナギ、大豆製品、山芋

〇 十分な睡眠、休養をとる

など、夏に備えてください。


汗のかきすぎ、夏バテ、におすすめの漢方薬と言えば、

「麦味散顆粒(ばくみさんかりゅう)」と言う漢方が有名です。

「気」を補い、「気」や「潤い」漏れ出すのを防ぎます。

また、

「麦味散顆粒(ばくみさんかりゅう)」は、
心肺機能向上、
アスリートのための漢方薬としてもしられます。

無料試飲もできますので、
まずはお味見ください。

今の時期、飯田も「麦味散顆粒(ばくみさんかりゅう)」にはお世話になっております。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
どうぞお気軽にご相談ください。

山王けやき薬品・飯田

コンサートの備えに 「麦味散顆粒」

コンサートの備えに麦味散顆粒

「麦味散顆粒(ばくみさんかりゅう)」をご指名でおいでになったお嬢さんは、ツイッターでこの漢方薬を知ったとの事で、ハードなスケジュールのコンサーのご準備で麦味散顆粒をお買い求め頂きました。
私はツイッターって使った事ありませんが、そんな時代なんですね。

ありがとうございます。

14-38-3009

麦味参顆粒は

人参(にんじん)、麦門冬(ばくもんとう)、五味子(ごみし)とたった3つの生薬から成るとてもシンプルな処方です。

人参は、身体を守り、動かすエネルギーである『気』を補い、麦門冬は体の潤いを保ち、五味子は収斂作用(ひきしめる)によって、気や潤いの漏れ出すのを防ぎます。

確かに麦味散顆粒は、この暑い時期のコンサートをエンジョイするには最適な漢方薬といえます。

お客様のご自身の選択ですが、とても素晴らしい漢方処方をお選びくださったと思います。

コンサート、存分にお楽しみになってくださいね、
どうぞお気をつけておいでください。

また、心肺機能アップも期待できる麦味散顆粒は、
アスリートにも愛用者が多いです。

 麦味散顆粒と冠元顆粒との併用

 さらには、心肺機能を高め、身体の気を増やし、身体の潤いを保つ麦味散顆粒と血液をサラサラにして血流を良くする冠元顆粒との併用は、

最近よく話題にのぼる夏の心筋梗塞や脳梗塞の原因

脱水症状で血液の中の水分が減少、血液ドロドロ、粘度の上昇、
血栓ができやすく、血栓が血管に付着しやすくなる事の予防の大変有効な漢方養生だと思います。

麦味散顆粒、試飲もできますので、お気軽にお問い合わせください。

秋田の漢方相談が少しでもお役に立てれば幸いです。
女性のからだ漢方相談 飯田

夏の脳梗塞予防 「本当に心配だった」

 当店のお客様は、ジメジメ猛暑の中でのゴルフの後、全身倦怠、しびれ、頭痛など訴えられ病院を受診され、診てくださったお医者さんからは、脳のMRIを撮るのをすすめられたそうです。
「脳梗塞?と本当に心配だった」とお話しされていました。
本当に驚かれた事と思いますが、検査の結果、異常がなくて本当に良かったです。

実は、飯田も昨年6月、同じような事がありました。
私も受診の結果(MRI)
「なんともなくっ良かった」とホッとした事が今でも忘れられません。
本当に怖かったです。

14-38-3011

  少し前までは、夏場は脳血管疾患や心疾患が減少するとの考えが一般的と言われておりましたが、

「猛暑下での全身倦怠・頭痛などは、熱中症だと思われがちだが、夏の暑さが、心筋梗塞や脳梗塞の引き金になる」との指摘が、新聞の医療記事などで多く見かけられるようになりました。

 脱水症状は、血液の中の水分が減少、血液ドロドロ、粘度の上昇につながり、血栓ができやすく、血栓が血管に付着しやすくなる事が、心筋梗塞や脳梗塞の多発の原因なのだそうです。

 漢方では

>血液の中の水分が減少は、

『陰虚(いんきょ)』(体の潤い不足)ととらえ、

>血液ドロドロ、粘度の上昇につながり、血栓ができやすく、血栓が血管に付着しやすくなるは

漢方では『お血』(血流れの滞り)と呼びます。

 『お血』(血流れの滞り)があり、お血の原因が、『陰虚(いんきょ)』(体の潤い不足)のタイプです。

 漢方的に考えても、「陰虚」「お血」がともに強い場合、夏の心筋梗塞・脳梗塞に対し危険な状態といえます。

 夏場のランニングなんか、ホント無理の無いようにしないと

 (ああ、怖っ・・・・と自分自身に言い聞かせております)

 もちろん、予防にはこまめな水分補給がとても重要です。

さらに、

 血中脂肪の上がる食事に気をつける

 アルコールを控える
アルコールで水分補給は出来ません。むしろ脱水要因
(これも自分に言っているんです)

睡眠、ストレスコントロールも重要

 なども注意すべき点です。

そして、漢方の服用も『熱中症』『夏の心筋梗塞』『夏の脳梗塞』の予防にとても有効な方法です。

 漢方で心機能の低下を『心気不足』と呼びますが、心気を補い、カラダに潤いを補い、気というエネルギーも補う『麦味散(ばくみさん)』と言うすぐれた漢方薬があります。

 また、血栓予防、血流の改善が期待できる、『お血改善』の代表処方『冠元顆粒(かんげんかりゅう)』もよく知られた漢方薬です。

 飯田も朝イチ

 冠元、麦味を1包ずつ飲んでからでかけております。

 お互い健康には気をつけましょう。

 秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

 お気軽にご相談ください。

秋田発女性のからだ漢方相談
店主・飯田