秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

便秘

宿便解消ハーブが好評 味見もできます

低気圧の影響か、晴れたり、曇ったり、弱い雨が降ったりで、
めまぐるしくお天気状況が変わる連休明けの秋田。
ゴールデンウィークはゆっくりお過ごしになられましたでしょうか。

当店も3日間、ゴールデンウィーク休暇を頂き、リフレッシュして今日から営業いたしております。

また、GW中(5月5日)、当店の大切なお客様にお送りしております、『けやき徒然だよりゴールデンウィーク号』でも紹介いたしました、秋田港名物『うどんの自動販売機』が、
全国版テレビニュースで取り上げられて、『うどん君』への注目度にビックリです。

 

bennpi 1

本日おいでくださいましたお客様は、

1ヵ月前から、当店おすすめの宿便解消ハーブ『ベントリン』をご愛用の奥様。

「いかがでした?」とお聞きすると

一日数回、自然な感じでお通じがついて、快適とのこと。
本当に良かったです。
体重も減少(2kg)されたのも嬉しい誤算だったそうです。

宿便解消ハーブで

夕食後1回服用はとても珍しいタイプ。

これならとても使いやすいと思います。

確かな効果とナチュラルお通じ感がとても好評です。

お味見サンプルもございますので、どうぞお気軽にお申し付けください。

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田

「ハーブの便秘薬」「発酵茶」 お通じ改善 進呈中

「まるで小春日和」と言えるようなお天気の続く今年の冬、
とても12月の秋田だとは思えません。

暖冬は秋田に限った話ではないのでしょうが、本当に暖冬ですね。

天気予報では、さすがに今週末は雪のマーク、このまま冬が来ないはずがありませんね。
寒さもいよいよこれから、くれぐれもお体にお気をつけください。

turedure

 

当店の大切なお客様にお送りしております。

「けやき徒然だより」2015年 年末号 発送ようやく完了いたしました。

たいしたモノでは勿論ありませんが、
完全手作り
心をこめて書いております。

届きましたらお目をお通しくだされば嬉しいです。

早いお客様にはもう届いている様で、同封いたしました

syukubenn

「『便秘は万病の元』サンプル交換券」のお引換のご依頼何件かございました。
お引替えをご希望されるお客様へ

「あれ、今までなんか便秘薬とか飲んでましたっけ?」

とお聞きすると、

「特に飲んでいませんけど、時たま調子が悪いんです」
と意外な答え

便秘薬を飲んだことがなければ、天然ハーブ系でも一回通常量の半分からおすすめしております。

また、最近発売されました
発酵茶 「金花黒茶」も

お通じがよくなる
ウエストが細くなった
コレステロールの改善

などのお声を多くいただきますので、「『便秘は万病の元』サンプル交換券」をお持ちの方に
「金花黒茶」のお味見パックもあわせて差し上げております。

金花黒茶の金花は、黒茶の発酵の過程で生まれる菌で

また、味も、飲むとホント口がさっぱりしてすごくいい感じで気に入っております。

こちらも店頭でお味見、お味見サンプルを差し上げておりますので
お気軽にお申し付けください。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

秋田の漢方相談
山王けやき薬品 飯田

便秘いろいろ 便秘の漢方 

昨日は、ご予約を頂いておりましたお客様から用事が出来たとご連絡を頂きました。
わざわざ連絡をくださり、本当にありがとうございます。
いつかご都合の良い時にお待ちしております。

 bennpi

 

女性の半数近くが悩むと言われる「便秘」の話

「身体で最大の免疫器官の腸内に老廃物が停滞すると免疫低下が低下します」

女性の半数近くが悩むと言われる「便秘」の事。

デトックス(有害物質の排出)の80%前後が排便からと言われておりますし、

『皮膚は内臓の鏡』
便秘は、免疫機能の低下・漢方で言う『湿邪』『熱邪』をためるなど、まさに肌のトラブルの元凶とも言えます。

さらには、便秘はダイエットの大敵。

身近なお体の悩みですが、
『便秘の解消』は女性の美と健康に欠かせませんね。

便秘 イラスト

便秘薬やセンナで便秘がスッキリ解消される方はそれで宜しかと思いますが、便秘薬の常用が便秘の原因になる方もあります。
また、便秘薬でスッキリするどころか
「痛いだけで、ちょっと下痢するだけで全然スッキリしない」
この様なお話もよく伺います。

便をスムーズに出すのが難しい状態で、
便秘薬やセンナなど腸をグリグリするお薬が作用しますから
「痛い~」になります。

また、食物繊維はなんとなくヘルシーなイメージですが、どんな方にも合うとは限りません。
「お腹が張って苦しいだけで、全然でない」となる場合もあります。

便秘を解消するには、ご自分の便秘のタイプに合うお薬、漢方薬、養生を選ぶ事が必須です。

 

改善便秘

 

『実秘(じっぴ)』と『虚秘(きょひ)』

漢方では、便秘を
腹痛やお腹の張りをともなう『実秘(じっぴ)』
お腹の張りも無く、お通じがなくとも特に不快感も無い『虚秘(きょひ)』
と大きく分類します。

「実秘」には、
食べ過ぎ(脂っこいモノ、辛いモノ)、飲み過ぎ、などのにより、胃腸に熱が停滞している状態で、腸管で発酵が進みガスが発生しお腹が張るタイプやストレス・不安などで自律神経が緊張し腸管の蠕動運動がスムーズに動かいないタイプがあります。

(胃腸に熱が停滞タイプ)は比較的、一般的な便秘薬が有効ですが、お薬の服用量の増加にお気をつけ下さい。

(自律神経緊張タイプ)は旅行中や生理前の便秘は、このタイプの実秘と言えます。

実秘に用いる漢方薬としては

清営顆粒(せいえいかりゅう)
大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
などが代表処方です。

 

虚秘は、
便秘をしていても、腹痛もお腹の張りも無い方。
「お通じはないけど、全然平気」こういう方も結構いらっしゃいます。
これが代表的な『虚秘』です。

そもそもの腸管の蠕動運動が弱いとか、『血の不足』や『体の潤い不足』によって、腸の潤いが無くなったりしているタイプ。コロコロのお通じの方も多いです。

カラダを守り、動かすエネルギー『気』を充実させ元気にする。からだや腸に『潤』を補いましょう。

虚秘に用いる代表処方は

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
麻子仁丸(ましにんがん)

などになります。

詳しくは、お気軽に相談ください。
女性のからだ漢方相談 飯田

冷え タイプ別 漢方養生法

女性の冷えは季節がない


「手足が冷たい」「腰や下半身が冷える」など、「冷え」の相談は季節を問わず多くお受けします。また、冷えは、「瘀血(おけつ)」(血の滞り)につながり、肩こり、腰痛、生理痛なども併発する事が多いです。

冷え

 漢方的観点で、
冷えは身体を温め栄養成分を運ぶ「気」や「血」の不足、
「腎」の働きが低下して身体を温めるエネルギー「陽気」不足している状態とみなします。

 

 冷えのタイプ別養生法

「血」が不足での冷える タイプ

 

「血」は、からだを巡り、栄養や潤い、温かさを届けます。

この「血」が不足すると、栄養、潤い、温かさを届ける事が出来ずに冷えの大きな原因となります。特に、女性は、毎月の生理、出産、授乳など血の消耗が特に多いと言えるでしょう。また、睡眠不足、ストレスなども血の消耗と関連があります。

 (症状)

 手足の冷え、お肌や髪の乾燥、抜け毛、めまい、立ちくらみ、コロコロ便の便秘

 (漢方処方)

当店人気NO1の婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は、「血」を増やす代表処方です。
また、症状によっては、参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、心脾顆粒(しんぴかりゅう)なども宜しいかと思います。

 「気」の不足による冷える タイプ

 カラダを守るエネルギー、身体を温めるエネルギーの「気」が不足で冷えるタイプです。

 中医学(漢方医学)では、気の不足の代表症状として「冷え」があげられます。より強い冷えを訴える「陽虚(ようきょ)」に発展する事もあり注意が必要です。また、気の不足の原因に胃腸虚弱なども大きく影響しますので食欲などにも留意ください。

 (症状)

手足が冷える、疲れやすい、風邪をひきやすい、食欲不振

(漢方処方)

衛益顆粒(えいえきかりゅう)、健脾散顆粒(けんぴさんかりゅう)、
麦味参(ばくみさん)、生脈散(しょうみゃくさん)
などが代表処方となります。

 
「陽気」の不足による冷える タイプ

「陽気」は「血」と一緒に体内を巡り、体温を保つ働きがあります。

「陽気」の不足は、手足の冷えだけでなく、からだ全体の冷え、さらには関節に痛みを生じることもあります。

『陽気』は生殖機能や成長、発育、ホルモンの分泌などの働きを司る「腎」から生まれ、
腎の機能が低下した状態の事は、『腎虚(じんきょ)』と呼ばれ、腎虚は、体の冷え、腰痛、頻尿、男性は、精力減退、女性の場合は、卵の質、着床、妊娠継続に影響が出る事があります。

「腎」の力は年齢とともに弱くなり、睡眠不足、冷え、喫煙などの生活習慣も「腎」にダメージを与えます。

 

 

(症状)

強い冷え、悪寒、腰痛、関節痛、不妊、頻尿、むくみ

 

(代表処方)

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

参馬補腎丸(じんばほじんがん)

 

詳細はお気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

 

ニキビ、肌荒れ、赤い顔 血熱が原因?

血熱と言う言葉をご存知でしょうか?

中医学で『血熱(けつねつ)』とは、体の中に熱がこもり、血中に熱を持った状態の事。

 血熱が強くなると、顔のほてりや赤み、肌荒れ、ニキビ、便秘、イライラといった気になる症状が現れます。

 17

当てはまる項目をチェックしてください。

口肌が荒れやすい

口辛いものや脂っこいものを好む

口便秘がち

ロイライラしやすい

口のばせやすい

口口が渇きやすい

口特に生理前にニキビが出やすい

口目が充血がしている

口舌の色が赤い

口赤いニキビや吹出物がでやすい

口顔が赤い

3つ以上あてはまる場合、血熱の可能性があります。

そんな時には、6種の生薬が血熱による諸症状を改善する『清営顆粒(せいえいかりゅう)』が最適です。
便秘の解消(腸から熱をとる)によって、自然で清々しい感じに

ただ、少し熱を冷ますものは苦いです・・・・

必ずお味見ください。

ニキビ、アトピー、掌蹠膿疱症などお肌のトラブルは血熱解消は必須。

血熱を取り除く処方としては、他にも、リュウタン、オウゴンなど9種類の植物性生薬から構成される瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)や五行草や五涼華、温清飲、消風散などがあります。

詳しくは、お気軽にご相談ください。