秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

漢方効き目いろいろ

花粉症克服のための漢方対策

あっという間にもう4月。
新しい年度も始まり、お忙しくお過ごしの事とぞんじます。

山王けやき薬品・飯田です。

秋田はまだ桜こそ咲いていないものの日中の気温は20℃近くと暖かな春。

北国の春が嬉しいです。

ただ、暖かい風は花粉もたくさん運びます。

ホコリや細菌もまざる花粉は、体へダメージをあたえる大きなファクターとなり、

「花粉症」「風邪」の原因となります。

 

 

 

花粉症克服の漢方薬

〇 まずは予防、体質改善の漢方薬

目や鼻、のどの粘膜に花粉がついて体に影響するので

粘膜の免疫強化、バリアをつく → 漢方では、「衛気(えいき)」を高める

衛益顆粒(えいえきかりゅう)など衛気(えいき)を高める漢方薬や
粘膜を保護するサージオイルなどが有効です。

〇 苦しい症状を緩和させる

◇ 頭痛、鼻水が透明で水っぽい、くしゃみの場合

小青竜湯、頂調顆粒、麻黄附子細辛湯などがよろしいかと思います。

症状によっては処方の組み合わせが有効なことも。

◇ 黄色の鼻水、痰、咳、喉・耳の奥・顔面・皮膚が痒い、目が赤く、涙が出る場合

銀翹散、鼻淵丸、五味消毒飲など有効、症状に応じてお選びいたします。


花粉症改善の生活養生

花粉症改善で気をつけるべき生活養生上のポイントは、

・充足な睡眠

・体を冷やさない 

・過労しない、ストレスをためない

・飲酒は控えめ

・肉食・糖質は少なめ。

・コーヒーや辛いモノを取りすぎない

・外出時には、マスクやメガネ

・便秘の改善

など
ご自分の体質、体調に合った漢方薬を上手に使い、生活養生にも気をつけながら花粉の厳しいこの時期を乗り切りましょう。

詳しくはお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

 

 

 

受験生お役立ち漢方

新年あけましておめでとうございます。

本日より営業させて頂いております。

 

比較的穏やかな正月でしたが、秋田の冬はこれから
  
冬の寒さは、新陳代謝の低下にともなう免疫力につながり、風邪やインフルエンザ、胃腸病のリスクが高まる季節です。

特に【受験をひかえる皆様】には、この時期、体調管理にどうぞお気をつけください。

〇 風邪やインフルエンザ、胃腸病などに罹らない免疫力のアップ
〇 頭の血の巡り良くする
 
などは、この季節の受験生必須のケアです。

免疫力を高めるためには、

  1. 夜型の生活習慣を朝型に移す(夜食も避け、三食を定時に摂る)
  2. 適度な運動を行い、防寒保温を心がける
  3. 体質にあった滋養強壮を行う
  4. 胃腸や腎の健康に気を配る

などが求められます。

滋養強壮の食べ物は、

・黒豆、大豆、小豆、いんげんなどの豆類

・長いも、大和芋、自然薯などの芋類

・ブロッコリ、ほうれん草、白菜などの野菜

・黒豆、牡蠣、舞茸、黒きくらげなどの黒いもの

・胡麻、胡桃、松の実、クコの実などの種実

・エビ、ブリ、マグロ、牛肉、豚肉など

さらに漢方でおススメなのは、

・運動不足で血流が滞りがちな状態を改善し、脳への血流を促す漢方薬(冠元顆粒とか)

・インフルエンザや風邪に罹らないよう「板藍根」(板藍茶や板藍のど飴)

・記憶力を高め、脳の働きを活性化させる DHA/EPA の「賢脳丹」(健康食品)

・胃腸の働きを助け気分が落ち着く「晶三仙」(ハーブティ)

などが受験生の方におすすめ。

もし風邪引き後のエネルギー不足を感じられるなら、麦味参顆粒などエネルギーを補う漢方薬もよろしいかと思います。

受験生皆さまの合格を祈念いたしております。

本年も微力ではございますが、秋田の漢方相談がお役に立ちます様に一層精進いたします所存です。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

ワンちゃんのご相談お受けしました

秋もいよいよ深まり、雨が降る今日の秋田は肌寒いです。

ただ、先週の日曜日は秋晴れに恵まれ、みちのくの小京都・角館へちらっと行きました。
紅葉には早かったですが、立ち寄りました、角館の有名なお味噌醸造店さんの伝統に裏打ちされたレトロな佇まいに感動です。

 

本日、以前、獣医さんから「○○治療の副作用の『犬の更年期』です」と診断され
エストロゲンが処方されていたワンちゃんのご相談をくださったママから、再度ご相談のお電話がありました。

『ワンちゃんの更年期』の相談をお受けした時、

私は犬の更年期の相談を受けた事が無くて、

漢方による皮膚病への対応を学ぶ、皮膚病専門講座で師事した皮膚科の楊先生が、獣医の先生たちへペットの漢方を教えている不思議な先生である事を思い出し、電話をしたことが思い出されます。

先生は電話で話を聞くと、

 

「あ、それはワンちゃんの『腎虚』ですね、ワンちゃんは冷え、ノボセ?」とおしゃり、

手足を触り、手足の冷たいワンちゃんへ腎の力を補い、冷えを改善させる漢方薬をお出しして、快方に向かわれた事が思い出されます。

うれしく、とても勉強なった思い出です。

今回のご相談は、

更年期のワンちゃんのお母さんワンちゃんの関節痛。

私も出して見たい漢方薬も有りますが、楊先生にもお知恵を借りて
よりお役に立てる漢方薬を提案できればと思います。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

ワンちゃんのおからだのお悩みもお気軽にご相談ください。

 

 

太りやすい体質とお悩みの方に...

昨日の蒸し暑さから一転、秋の涼しさに包まれる今日の秋田。

一昨日は、お客さまより秋の味覚
立派なぶどうを頂きました。

濃厚かつ爽やかな味を堪能させて頂き、
ありがとうございます。

秋は

スポーツの秋、食欲の秋

天高く馬肥ゆる秋

ダイエットご希望の方にとっては、食欲増進が悩ましい季節かもしれません。

太りやすい体質

「太りやすい体質」というのは、

1. ご自分の身体で燃やせる以上にエネルギーとなるカロリーを摂ってしまっている
2. 少し食べ過ぎると摂取したカロリーを燃やしきれない
3. 水分代謝が弱い、冷え性や運動不足

先ず、1. のタイプは、

ごめんなさい、食べ過ぎが原因です。

ただ、その中でも

その自覚がある、無いの二つのタイプに分かれます。

もし食べ過ぎの自覚があれば、

繊維質の摂り方を工夫し、油ものを控えます。食事のバランスが大事で、繊維質の多い野菜を多くの種類加熱して食べましょう。便通にも気を配って下さい。便秘は大敵です。


また食べ過ぎの自覚が無い方は、
ごはん、麺、パンなどの炭水化物、糖質に要注意です。出来るだけ、最初は野菜から食べるなど、血糖値が上がりすぎない様な工夫が必要です。食べ過ぎを自覚することと、運動量を増やしましょう。

2. のタイプは、年配の方や胃腸の弱い方、呼吸器の弱い方に多いようで、時にむくみを伴います。
具体的には、冷たい飲み物、食べ物は控えて下さい。身体を冷やさないよう、運動も小まめに行い、睡眠時間をたっぷりと。
牛乳や卵、ヨーグルトなどの完全栄養食品に要注意です。

3. のタイプは、水分代謝が弱く、上記 1. や 2. のタイプと重複しているケースも多く見られます。
冷え性や慢性的な運動不足が原因ですが、ポイントは、水分の摂り方です。
  利尿作用のあるお茶なども時々取って下さい。

当店では、三爽茶(さんそうちゃ)というハーブティーが人気です。

先ずは無料試飲でお味見ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
お気軽にご相談ください。
 
 
 
 
   

それって、腎虚(じんきょ)ぽいですね

秋田の漢方相談
山王けやき薬品の飯田です。

今日も暑いですが、朝夕は秋を思わせるような涼しさになってきたお盆明けの秋田。

温度差が大きくなり、体調を崩しやすいこの時期、くれぐれもお体にお気をつけください。

 

 

つい先程もお客様とお話ししましたが、

「それって、腎虚(じんきょ)ぽいですね」とか、

「漢方で考える腎(じん)は、おしっこを作る腎臓とはちょっと違うんです」など

腎(じん)に関するお話をする機会が多いです。

ただ、腎についての説明を難しく感じる時もあり、今日は、腎(じん)についてブログを書きたいと思います。

 
まず、漢方で「腎」は、単に腎臓の事をさすのではなく、

骨や歯の形成、髪、泌尿器、生殖機能(男女とも)、ホルモンの分泌、睡眠も含めた脳の働き、耳までと
もの凄く幅広く機能するものととらえます。
 
整理するつもりが、いきなり書きすぎた感がありますが、「腎」は本当に幅広い働きをしています。
 
ですから、お客様とお話をしていると、

「それって腎虚から来てる症状では」と頻繁に感じます。

 腎虚(じんきょ)
とは、腎のはたらき弱まっている状態。

腎のはたらきが弱くなり、腎虚(じんきょ)になると

>骨や歯の形成 → 骨粗しょう症、下半身のだるさ、発育不全

>髪 → 薄毛・白髪

>泌尿器 → 頻尿・夜間尿・尿漏れ

>生殖機能 → 不妊、精力減退、

>ホルモンの分泌 → 生理不順、更年期、男性更年期

>睡眠も含めた脳の働き → 不安、不眠、免疫低下

>耳 → 耳鳴り・難聴

など、
本当に相談の多いからだの悩みがずらりと並びます。

病院で受診したものの、異常はないと診断を受けながらも、実際には、からだの不調で悩まれている方も多いですが、この「腎(じん)」の働き、「腎虚(「じんきょ)」が念頭にあるとつじつまが合って腑に落ちる事が多くあります。

また、漢方には

腎の力を補う=補腎(ほじん) 

と言う考え方があり、補腎の漢方薬がたくさんあります。

「もしかして私も腎虚」

ご心配な方は、お気軽にご相談ください。

お体の状態にあった補腎の漢方薬をご提案いたします。


(代表的な処方)

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん) 目に良い漢方薬

瀉火補腎丸(しゃかほじんがん) ノボセ、ホテリ

八仙丸(はっせんがん) 頻尿、夜間尿

亀鹿仙(きろくせん) 精力減退、卵巣機能低下、シミ・しわ、ホットフラッシュ、からだの潤い不足

参茸補血丸(さんじょうほけつがん) 冷え、生理不順

参馬補腎丸(じんばほじんがん) 冷え、倦怠感

至宝三鞭丸(しほうさんべんがん) 冷え、精力減退、肉体疲労