秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

漢方意外な使い方

ワンちゃんのご相談お受けしました

秋もいよいよ深まり、雨が降る今日の秋田は肌寒いです。

ただ、先週の日曜日は秋晴れに恵まれ、みちのくの小京都・角館へちらっと行きました。
紅葉には早かったですが、立ち寄りました、角館の有名なお味噌醸造店さんの伝統に裏打ちされたレトロな佇まいに感動です。

 

本日、以前、獣医さんから「○○治療の副作用の『犬の更年期』です」と診断され
エストロゲンが処方されていたワンちゃんのご相談をくださったママから、再度ご相談のお電話がありました。

『ワンちゃんの更年期』の相談をお受けした時、

私は犬の更年期の相談を受けた事が無くて、

漢方による皮膚病への対応を学ぶ、皮膚病専門講座で師事した皮膚科の楊先生が、獣医の先生たちへペットの漢方を教えている不思議な先生である事を思い出し、電話をしたことが思い出されます。

先生は電話で話を聞くと、

 

「あ、それはワンちゃんの『腎虚』ですね、ワンちゃんは冷え、ノボセ?」とおしゃり、

手足を触り、手足の冷たいワンちゃんへ腎の力を補い、冷えを改善させる漢方薬をお出しして、快方に向かわれた事が思い出されます。

うれしく、とても勉強なった思い出です。

今回のご相談は、

更年期のワンちゃんのお母さんワンちゃんの関節痛。

私も出して見たい漢方薬も有りますが、楊先生にもお知恵を借りて
よりお役に立てる漢方薬を提案できればと思います。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

ワンちゃんのおからだのお悩みもお気軽にご相談ください。

 

 

妊娠性痒疹(にんしんせいようしん) 漢方的考察

先週は好天が続き、暖かな日が続きましたが、まもなく師走。

盛岡では初雪も観測されたそうです。

天気予報も今週末からは、いよいよ雪マーク
そろそろ来ますよ~
くれぐれもお体にお気をつけください。

IMG_3140
(先週末頂いた、JALの麺セットとカレンダー。いつもありがとうございます)

 先日、朝一番おいで下さったお客様は、可愛い4ヵ月の赤ちゃんをお連れになった若いお母さん。

『妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)』でのご相談でした。

妊娠性痒疹とは、
妊娠中期、後期に腕や足、お腹、背中などが赤く、かゆくなる皮膚のトラブルで、原因としては、妊娠中のホルモンバランスの変化、羊水に対するアレルギーなど諸説あるようですがハッキリしていない皮膚の病気です。

普通、ご出産後に治りますが、おいで下さった奥さんは、産後また足首のから痒くなり、我慢できずに掻いてしまったら、現在は膝近くまで赤く痒そうになっておりました。

妊娠中はお産をした病院の皮膚科にかかり外用剤や内服剤などで対応していたそうですが、授乳中でもある事から、漢方薬での対応も含めてのご相談でした。

妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)を漢方的に考察すると

やっぱり、「湿熱」「血熱」など体の熱が根本原因として考えられますから、

基本的な処方はなんといっても

「清熱(せいねつ)」体の熱をとる処方です。

さらに、授乳中と言う事で母乳にでても問題のない処方「五味消毒飲(ごみしょうどくいん)」をお奨めいたしました。

生活上の養生としては

なんと言っても

〇 掻かない事

〇 食生活(乳製品 × 牛肉 × 揚げ物 ×)

など気をつけて頂く事をお願いいたしました。

少しでもお楽になれば幸いです。

ご不明の点はいつでもお問い合わせください。


秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田

 

「気」の巡りを良くする漢方薬の効き目

『初』燕三条スタイルラーメン

話題の『新潟・燕三条スタイルラーメン』やっと食べれました。
背油がたっぷりのるのが燕三条スタイルらしいですが、背油の量も調整できます。
親切ですね。
どちらかというとさっぱり系の方が好みなので、背油抜きにしようかとも思いましたが、
初めてなので、おすすめの「あぶら普通」でオーダーしました。
食べてみると、思いのほか脂っこくなくて、
「あ、美味しい」。
来週も行くかもしれません。

 

 jyunn

 

>「全然違う・・・・」

「こないだもらった漢方薬をください」

「 お加減はいかがでした」と伺うと

 「全然違う・・・・」とのお声、

 逍遥丸(しょうようがん)をお出したお客様です。

お辛い症状が相当に緩和されたご様子で良かったです。


「気(き)」の巡りを良くする漢方薬 

お客様にお出しいたしました
逍遥丸(しょうようがん)は、
「気(き)」の巡りを良くするなど、リラックス効果がある漢方薬です。

 「気(き)」とは、 体を動かすエネルギーや体を守るエネルギーと漢方では考え、「気」は、体を動かし、体を守る、体を暖めるなど様々な働きをします。

 「気」の巡りが停滞している状態を漢方では「気滞(きたい)」と呼び、気の巡りが悪いと、当然ながらいろいろな不調がでてきます。

 女性の場合は、

 疲れる、だるい、イライラが強くなる、

生理前の不調、ムネやお腹のはり、痛み

などが「気滞(きたい)」の状態の時にでやすい症状です。

 >「全然違う・・・・」

と言ってくださいましたお客様のご不調の一因には、 「気滞(きたい)」があった事は間違いないと思います。

ですから、僅かな服用期間で、しかも、一日1回8丸と標準量の四分の一程度の服用でお楽になられました。

 逍遥丸は、「気滞(きたい)」を改善する代表的漢方薬です。

 漢方で、「気滞」は「肝」と深く関係していると考えられ、「肝」はストレスと密接な関係が有りますから、普通にこなされている日常でも、ストレスが積み重なっておられたいたんだと思います。
 一家の主婦、お母さん、お仕事とお忙しい毎日で、なかなか難しいとは思いますが、どうぞご無理しすぎません様にお願いいたします。
 まずは症状が改善されてうれしかったです。

値段のリーズナブルさも魅力

ただ、逍遥丸の効果が出なかったら服用量を調整したり、「気滞」改善の漢方薬は逍遥丸の他にもいろいろありますので、服用の漢方薬の種類を変えたり(開気丸という漢方薬に変える事もあります)しますが、 逍遥丸は値段も安く(252丸で1700円)、効き目の早いところが気に入っております。

 漢方薬をだす側としましても、費用面はとても気になります。
気にしております。

 

お気軽に、ご相談、お問い合わせください。

 秋田の漢方相談
山王けやき薬品
飯田

今日も暑いですね。熱中症予防の漢方ドリンク

今年の梅雨はとても蒸しますね。

お元気にお過しのことと存じます。

山王けやき・飯田です。

先週からサイト内に、「ブログ再開」のお知らせを作ったものの、サイト公開はいたしておりませんでした。サイトが出来ましたらすぐでも公開できるかと思っておりましたら、いろいろ準備があるものですね。

本日からサイトを公開いたしますので、どうかよろしくお願いいたします。

新サイトはモバイル対応サイトにもなっておりますので、スマートフォンからも見やすくなっております。

 

先程おいでになりました、お客様は 先日、病院で『熱中症』と診断され、病院から 「五苓散(ごれいさん)」など処方されたそうです。

もし同じものがあればとご来店されました。

五苓散、確かに熱中症には宜しい処方だと思います。

漢方では、熱中症を

「血液中の『水』が血管から出て、血液が濃くなりすぎてしまった状態」と考えます。

 治療は、

 血管から体表面にで、た『水』を、血管内にもどしてやる方向で、進められます。血液と一緒に『水』を循環させることで、体の熱を冷ますことになります。

これら治療には、代表処方として、

 【五苓散】

体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少なし、もので、めまい、はきけ、腹痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔い。

 【黄連解毒湯】

体力中程度以上で、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着かない傾向のあるものの次の諸症:鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔、血の道症、めまい、動俸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎。

 などがありますが、両方の処方が入った、

 五苓黄解というとても便利な、漢方ドリンクがあります。

goreiouge

二日酔の改善によく使われる処方ですが、熱中症予防にも効果が期待できます。

私も愛用の漢方ドリンクですが、

こちらをお客様におすすめいたしました。

どうぞお大事にされてください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。