秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

風邪

インフルエンザ対策に板藍のど飴、板藍茶

毎日の様にマイナス6℃、7℃と厳しい寒さが続く秋田の冬。

今年の冬は厳しいですね。

くれぐれもお体にはお気をつけください。

 

厳しい寒さが続く中、インフルエンザが過去最多と言われるほど大流行しているそうです。

しかも、A型2種類、B型1種類と3種類が流行して、さらに感染に拍車がかかっているとの指摘も。

怖いですね・・・・

インフルエンザは感染されている方の咳やくしゃみで飛び散った飛沫を浴びたり、触ったりすることで感染しますので、うがい、手洗い、マスクなどの予防法はとても有効だと言えます。

ただ、それでも完全に防ぐことはできませんので、おすすめなのが漢方の知恵!

インフルエンザ予防で最近話題なのが、板藍根(ばんらんこん)と言う生薬で、

板藍根(ばんらんこん)は、
ノドの痛み、ハレなどを改善するなど清熱解毒の効果
インフルエンザの予防にも有効です。

そして、『板藍(ばんらん)』と言えばTwitterで話題の
板藍のど飴(ばんらんのどあめ)。

「ツイッターで見たんですけれどありますか?」と言うお問い合わせが多くて驚いております。

また、評判も良くリピーターも多くおられます。

ただ、インフルエンザ予防のための板藍根(ばんらんこん)の使い方でおすすめなのが

板藍のお茶

帰宅後、うがい・手洗いのあと、板藍茶でガラガラゴックン(板藍茶でうがいしながらそのままごっくん)

これ本当におすすめです。

インフルエンザ、風邪の予防にご活用ください。

また、板藍茶・板藍のど飴ともに店頭でお味見できます。
お気軽にお問い合わせください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生お役立ち漢方

新年あけましておめでとうございます。

本日より営業させて頂いております。

 

比較的穏やかな正月でしたが、秋田の冬はこれから
  
冬の寒さは、新陳代謝の低下にともなう免疫力につながり、風邪やインフルエンザ、胃腸病のリスクが高まる季節です。

特に【受験をひかえる皆様】には、この時期、体調管理にどうぞお気をつけください。

〇 風邪やインフルエンザ、胃腸病などに罹らない免疫力のアップ
〇 頭の血の巡り良くする
 
などは、この季節の受験生必須のケアです。

免疫力を高めるためには、

  1. 夜型の生活習慣を朝型に移す(夜食も避け、三食を定時に摂る)
  2. 適度な運動を行い、防寒保温を心がける
  3. 体質にあった滋養強壮を行う
  4. 胃腸や腎の健康に気を配る

などが求められます。

滋養強壮の食べ物は、

・黒豆、大豆、小豆、いんげんなどの豆類

・長いも、大和芋、自然薯などの芋類

・ブロッコリ、ほうれん草、白菜などの野菜

・黒豆、牡蠣、舞茸、黒きくらげなどの黒いもの

・胡麻、胡桃、松の実、クコの実などの種実

・エビ、ブリ、マグロ、牛肉、豚肉など

さらに漢方でおススメなのは、

・運動不足で血流が滞りがちな状態を改善し、脳への血流を促す漢方薬(冠元顆粒とか)

・インフルエンザや風邪に罹らないよう「板藍根」(板藍茶や板藍のど飴)

・記憶力を高め、脳の働きを活性化させる DHA/EPA の「賢脳丹」(健康食品)

・胃腸の働きを助け気分が落ち着く「晶三仙」(ハーブティ)

などが受験生の方におすすめ。

もし風邪引き後のエネルギー不足を感じられるなら、麦味参顆粒などエネルギーを補う漢方薬もよろしいかと思います。

受験生皆さまの合格を祈念いたしております。

本年も微力ではございますが、秋田の漢方相談がお役に立ちます様に一層精進いたします所存です。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

寒いところに行くと鼻水が・・・ 漢方合わせ技

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

あっという間に睦月も終わり、今日から如月。
今週は節分、立春を迎え、後は春を待つだけと思いたいですが、とても強く冷たい風が吹く今日の秋田。
天気予報によると、明日も暴風雪、強い冷え込みが予想されており、北国の春にはまだ遠い様子。

風邪やインフルエンザなどが猛威をふるっております。

くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。

2月もどうぞよろしくお願いいたします。

hana


風邪が流行するこの時期は、

やっぱりおたくの葛根湯が一番効くわ~

先日も上記ブログでご紹介した、
当店自慢の葛根湯などお出しする機会が多いです。
ただ、お風邪もタイプはいろいろお客様の症状に応じてお出しするモノお出ししております。

昨日いらしたお客様は、

〇 やや寒気がしてだるい、
〇 そしてなによりも、鼻水が止まらない
〇 寒いところに行くと、鼻水がさらにどばっと出る

など、お辛そうに鼻をすすっておられましたから、

一番初めに選択する漢方としては、

アレルギー鼻炎などの代表的な漢方薬・小青龍湯(しょうせいりゅうとう)が頭に思い浮かびましたが、小青龍湯だけで劇的に良かったと言われる事がないので、小青龍湯にあわせて麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)をお出ししましたところ、
一日で
寒気、だるさも改善
鼻も止まって
頭もスッキリ

との事。

お加減が宜しくなり、本当に良かったです。


麻黄附子細辛湯とは?

漢方の古典「傷寒論(しょうかんろん)」に記載されている漢方薬で

・麻黄(まおう) 発汗・発散
・附子(ぶし) 体を温める・痛みの緩和
・細辛(さいしん)体を温める・解熱

などの生薬で、風邪・アレルギー性鼻炎・気管支炎・神経痛などへ効果的な漢方薬。
症状によって小青龍湯など他の漢方薬と合わせる事で漢方の切れ味がグンと良くなります。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

お気軽にご相談ください。


 

 

 

 

やっぱりおたくの葛根湯が一番効くわ~

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

急に寒くなったせいか、今日は風邪のご相談を頂きました。

さきほどお嬢ちゃんといらした奥さまは、

「昨日から、寒気がして、もうだるくて・・・・風邪かしら?」

samuke

「きっと風邪ですね」と
お客様にいつもご愛用頂いております

『当店の葛根湯』

お出ししました。

どうぞお大事にされてください。

おたくの葛根湯が一番きくわ!

背中がぞくぞくして寒気がする様な風邪

こんな時に使う大変有名な漢方薬が「葛根湯」です。

1800年も前に書かれた医学書「傷寒論(しょうかんろん)」で初めて紹介された漢方薬。
 
ゾクゾクとして「あ、風邪?」と思った時はもちろん、
肩こり
ものもらい(麦粒腫) でも
お湯割りでサッと服用しては
「やっぱり効く~」と自分で服用して実感しております。

葛根湯も含め同じ名前の漢方薬がありますが、
味も香りも、さらには明確に効き目も製品によって違います。

私自身、様々な葛根湯を服用した事がありますが、
別格に効き目が良いと思うのが

『うちの葛根湯』

味・香り・効き目ともに、他の葛根湯とは別物です。

私もこれしか使いませんし、
お客様も「おたくの葛根湯が一番きくわ」といってくださいます。

風邪の時、寒気がするのは何故?

風邪をひくと中枢神経が発熱の指令をだします。

体温が上昇していた方がウィルスを退治するのが有利だからだそうです。

 また、体温の設定はウィルスが強力なほど高めになります。

 中枢神経からの体温上昇の指令が出て、
実際体温が上がるまでのの過程ででるのが、
寒気によるブルブル
筋肉をブルブル震わせることで熱を産生するためです。
設定の温度まで上昇する過程では、体の機能低下を余儀なくされ

だるい・しんどい

 風邪の症状に悩む事になります。

葛根湯はなぜ効くのか?

こんな症状を早めに解消するのが葛根湯で

7つの生薬のブレンドが

芍薬 ( しゃくやく )
生姜 ( しょうきょう ) ショウガ
桂枝 ( けいし ) シナモン
葛根 ( かっこん )
麻黄 ( まおう )
甘草 ( かんぞう )
大棗 ( たいそう ) ナツメ


「速やかな体温上昇」
「軽く発汗することで発熱期の短縮」

など
ぞくぞくと寒気がする、汗のでない風邪の治療には
1800年を経た今でも最も効果的なお薬だと確信しております。

葛根湯は日本中どこのお薬屋さんでも置いていますが、

当店おすすめの葛根湯が特におすすめです。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

お気軽にご相談ください。

インフルエンザ流行中

国立感染症研究所は5日、全国の医療機関を受診したインフルエンザ患者が、1月31日までの1週間で推計約107万人に達したと発表した。
(時事通信)

 

masuku

 

インフルエンザが流行しているようです。

 インフルエンザで病院から処方される抗ウイルス薬はウイルスの増殖を抑える効果があり、総合風邪薬は対症療法的に症状を抑えつインフルエンザの回復を待つお薬です。

一方で漢方は、自己免疫力を底上げして風邪やインフルエンザの症状を和らげ、回復を早めるお薬と言えます。

インフルエンザへの対応漢方として有名なのが、

「麻黄湯」

数年前に大学病院の教授が、寒気があり汗のでないタイプのインフルエンザに対してとても有効である旨、新聞に書かれ、何人ものお客様からお問い合わせを頂いた記憶があります。

 漢方ではインフルエンザと風邪を分けて考えませんし、 総合感冒の様に多様なお薬を複合的に処方して様々な症状に対応できるようにはなっておりませんので、症状や体質によって使い分ける必要がありますが、

 症状、体質にピッタリ合うと

効き目のシャープさに驚かれます。

「麻黄湯」だけでなく、症状、体質に合わせて
漢方薬、お薬などご提案いたします。

クシュンときましたら

どうぞお早めにご相談ください。

最近で印象的だったお客様のお声が

「イヤ~、このお茶のどの痛みになによりイイね」

と言ってくださったお声。

「ばんらん茶」生薬配合のお茶をお出ししておりました。

 

秋田の漢方相談・山王けやき薬品
飯田