秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

食養生

夏バテの方へ 天然の漢方薬がおすすめです

爽やかな夏の秋田が大好きです。

ただ、今年は梅雨明け後もジメジメ、ムシムシの暑さが長く続きましたせいか、

「だるい」
「食欲がない」
「むくみがとれない」

など夏バテ様のご相談が多いです。

夏バテの方は
白いネバネバの舌苔の方が多い
 


ご相談の際、漢方では、「舌はからだの鏡」と呼び、舌から体質や体調を判断する参考としますので、「舌」を拝見しますが、だるくて食欲が無いとおっしゃる方の舌苔は、

ネバネバで、厚い白い舌苔(したごけ)

が多く見うけられます。

正常な舌の状態は、色は薄いピンク、薄く白い舌苔に覆われて適度に潤っている状態に対して、上記の様な舌の状態は、
余分な水分や熱が溜まった状態 → 痰湿(たんしつ)だと判断されます。

だるい、むくむ、食欲の低下などは正にこの「痰湿(たんしつ)」の症状の典型、
蒸し暑い気候や水分の過剰摂取が影響しているのでしょう。

漢方薬では
余分な熱と水分を代謝させる清熱利湿(せいねつりしつ)作用があるモノを体質、症状に合わせてご提案いたします。

おすすめの食材としては、

スイカ、きゅうり、トマトなど季節の食材がおすすめです。

特におすすめなのが、スイカ。
体をさまし、ノドの渇きを潤す食材と知られ
「天然の清熱剤(熱をさます方剤)」とも言われています。
食べると、ノドの渇きも暑さもスッキリというのは皆さんもご存じのとおりです。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

お気軽にご相談ください。

山王けやき薬品・飯田誠

受験生お役立ち漢方

新年あけましておめでとうございます。

本日より営業させて頂いております。

 

比較的穏やかな正月でしたが、秋田の冬はこれから
  
冬の寒さは、新陳代謝の低下にともなう免疫力につながり、風邪やインフルエンザ、胃腸病のリスクが高まる季節です。

特に【受験をひかえる皆様】には、この時期、体調管理にどうぞお気をつけください。

〇 風邪やインフルエンザ、胃腸病などに罹らない免疫力のアップ
〇 頭の血の巡り良くする
 
などは、この季節の受験生必須のケアです。

免疫力を高めるためには、

  1. 夜型の生活習慣を朝型に移す(夜食も避け、三食を定時に摂る)
  2. 適度な運動を行い、防寒保温を心がける
  3. 体質にあった滋養強壮を行う
  4. 胃腸や腎の健康に気を配る

などが求められます。

滋養強壮の食べ物は、

・黒豆、大豆、小豆、いんげんなどの豆類

・長いも、大和芋、自然薯などの芋類

・ブロッコリ、ほうれん草、白菜などの野菜

・黒豆、牡蠣、舞茸、黒きくらげなどの黒いもの

・胡麻、胡桃、松の実、クコの実などの種実

・エビ、ブリ、マグロ、牛肉、豚肉など

さらに漢方でおススメなのは、

・運動不足で血流が滞りがちな状態を改善し、脳への血流を促す漢方薬(冠元顆粒とか)

・インフルエンザや風邪に罹らないよう「板藍根」(板藍茶や板藍のど飴)

・記憶力を高め、脳の働きを活性化させる DHA/EPA の「賢脳丹」(健康食品)

・胃腸の働きを助け気分が落ち着く「晶三仙」(ハーブティ)

などが受験生の方におすすめ。

もし風邪引き後のエネルギー不足を感じられるなら、麦味参顆粒などエネルギーを補う漢方薬もよろしいかと思います。

受験生皆さまの合格を祈念いたしております。

本年も微力ではございますが、秋田の漢方相談がお役に立ちます様に一層精進いたします所存です。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

夏に気をつけて頂きたい 5つ の事

秋田の漢方相談
山王けやき薬品の飯田です。

梅雨明け前の記録的大雨、今朝の地元新聞によると県内では600棟近い浸水が有ったそうです。

ご被害に遭われました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

また、「秋田の大雨、大丈夫でした?」とお見舞いくださいました皆様にはお気遣いくださいまして、心より感謝申し上げます。


お客様より大雨のお話を伺うと

秋田市内では何十ヵ所もの道路が冠水により通れなくなりましたから
「あちこち迂回してやっとやっと帰った」
「近所の川が心配でずっと川を見ていた」

など、大変でしたね。ご心配でしたね。
 
 お天気は回復いたしましたが、どうぞお気をつけください。

夏に気をつけて頂きたい5つの事
  
夏に起こりやすい病気や症状五つの事、その対策をまとめてみました。

 

(1) 熱中症・熱射病

 うだるような暑さによって、体内の水分を消耗しやすくなりますから、こまめに水分補給することが大切です。また、外出時の帽子や日傘はもちろんのこと、室内でも、エアコンを使うなど、防暑対策を心がけてください。

《対策》

食養生では、夏野菜(きゅうり、トマト、苦瓜など)、緑豆もやし、豚肉、西瓜、ぶどうなどの果物がお勧めです。生薬では、人参、麦門冬、五味子などが夏の養生によく使われる生薬で、特に五味子は、心の気を益して、津液を増やし、口渇や汗かきを改善する働きがあります。

(2) 狭心症・脳卒中
 
夏は汗を沢山かくことで、血液の濃度が上昇し、微小血管が詰まり易くなり、それが狭心症や脳卒中を引き起こします。脳卒中は冬というイメージがありますが、実は夏がもっとも危険な季節です。

《対策》

おすすめの食材は、チンゲン菜、ナス、イワシ、桃、黒きくらげ、黒酢。
生薬では、丹参、川芎、紅花、田七などがおすすめで、とくに丹参は、血管を拡げ、血液の流れを改善する働きが認められています。

(3) 不眠
 
熱帯夜が続くと、睡眠障害を起こし易くなります.
 
《対策》

寝室の風通しをよくする。また、短時間の昼寝や仮眠も効果があります。
食養生としては、苦瓜、ゆり根、ミント、ラベンダー、カモミールなどのハーブがお勧めです。
生薬としては、山梔子、蓮肉、酸棗仁など気の巡りを良くして寝つきを良くする生薬が用いられます。

(4)食中毒・胃腸型風邪
 
高温多湿の環境は、細菌やウイルスが繁殖しやすくなり、食中毒や胃腸型の風邪が流行る時期です。

《対策》

料理には常に薬味を使い、生ものは極力避け、食事の前には丁寧な手洗いをしましょう。
食養生としては、しょうが、しそ、ねぎ、みょうが、香菜、梅、どくだみ、山椒、八角、わさび、お酢などがお勧めです。
生薬としては、藿香(かっこう)、蘇葉(そよう)五行草(ごぎょうそう)、板藍根(ばんらんこん)など抗菌、抗ウィルス作用のあるモノが用いられます。

(5) 冷え性
 冷房が効きすぎた部屋などに長時間いると、汗をまったくかかなくなり、さらに冷たい飲み物を摂り過ぎることによって、カラダが冷え、頭痛、肩こり、むくみ、胃痛、軟便下痢などを引き起こします。時には、温かいものを摂ったり、夜に温かいお風呂に入ったりして、夏の冷えに気をつけましょう。

《対策》

食養生としては、しゃうが、ねぎ、玉ねぎ、らっきょう、みょうがなどの辛味野菜をお勧めします。
生薬としては、黄耆、桂枝、生姜、当帰が冷え対策としてよく用いられます。

 

お体に十分注意して爽やかな北国の夏を楽しみましょう。

ご不明なはお気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

梅雨には、胃腸のケア!

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

空梅雨から一転、ジメジメ、ムシムシの今日の秋田。
梅雨ですから仕方がないかもしれませんが、あまり快適な気候とは言えません。
からだの不調がでやすい梅雨の季節、くれぐれもお体にお気をつけください。


梅雨から夏にかけて相談が多くなる症状は、
胃腸トラブル!



   
湿気の多い梅雨時期は、湿気が体にはいりやすく、体に入った湿気は『湿邪(しつじゃ)』と呼ばれる邪気(体に悪影響をおよぼすファクター)に変わります。湿邪は胃腸の働きを低下させ、食欲不振、吐き気、胃のもたれなどの症状が現れやすくなってきます。

また、ついつい冷たいものを多くとりがちなこの季節、胃腸が冷えやすく、「脾(ひ)」の機能が低下、水分代謝の滞りなど、さらなる不調にもつながってきます。


梅雨の季節のの胃腸トラブルにも、いくつかのタイプがあります。

1. 湿だまりタイプ

【特徴】
□ 胃がむかつく、吐き気がある
□ 下痢、軟便気味
□ 下の苔が厚い

湿がたまり、胃の働きが弱まっているタイプです。
 
おすすめの食材としては、湿を取り除き胃腸の機能を調える、サンザシ、カルダモン、ハト麦、麦芽、梅干し、パイナップルなどを取り入れ、和食中心の献立がよろしいかと思います。
 
漢方薬としては、勝湿顆粒などがおすすめ。

2. 陽気損傷タイプ

【特徴】
□ 全身の冷えとお腹の冷え
□ 下痢や腹痛がある
□ 顔色が白くなる

体内の陽気不足が胃を不調にしているタイプで、

改善法としては、とにかく体を温めましょう。
おすすめの食材としては、しょうが、シナモン、山椒の実、みょうが、ねぎ、にんにくなど積極的にとられると良いと思います。
 
漢方薬では、健胃顆粒、大建中湯などがおすすめです。

3. 胃腸虚弱タイプ

【特徴】
□ 慢性的な胃腸の不調
□ 全身の倦怠感
□ かぜをひきやすい

慢性的な胃腸虚弱が、他の臓器にも影響して、全身に不調が現れ、体力不足や免疫力低下につながっているタイプ

おすすめの食材は、インゲンマメ、山芋、じゃがいも、鶏肉、豚肉、太刀魚、ぶどうなど弱った胃を健やかに整え、体力を養ってくれる食材を多く摂りましょう。

漢方薬では、麦味参顆粒などがおすすめです。


水分補給、利尿、発汗を上手くコントロールして、
胃に負担を掛け過ぎないようにして梅雨をのりきりましょう。
  


お気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談が少しでもお役に立てれば幸いです。

高血糖が気になる方へおすすめの漢方

秋田の漢方相談 山王けやき薬品・飯田です。

もう6月なのに
「今日の朝はストーブをつけた」
「衣替えをしたのにまたひっぱりだして着ています」
などのお客様よりのお声、寒い日の続く今年の秋田の夏の始まり、気温差が激しいせいでしょう、体調を崩されるお客様も多いです。
風邪などひかれません様、くれぐれもお体にお気を付け下さい。

先週日曜日に開催された、秋田リレーマラソン ↑
チームの足を引っ張りながらも出場いたしました。
止まない雨、上がらない気温
本当に寒かったです。


日本人の糖尿病の患者さんは厚生労働省の昨年の調査で、2013 年から46 万人も増えて316 万 6,000 人だそうです。
性別では、男性が 176 万 8,000 人、女性が 140 万 1,000 人となっています。

増加傾向が強い糖尿病ですが、その原因とされるのが、インスリンというホルモンの不足によるとされていますが、二つの種類があります。

Ⅰ型糖尿病
 膵臓のインスリンを作る細胞が破壊されてインスリンが全く足りないことで起こる糖尿病です。

型糖尿病
 生活習慣が大きく関与し、日本人の 95 % がこのタイプです。

予防や改善には、食事療法、無理のない運動、病院での治療に併せて、漢方薬の利用がお勧めです。

糖尿病には、いくつかの症状がありますが、漢方薬の効果が期待できるのは、

〇 口の渇きや皮膚の乾燥、のぼせ、ほてり感がある ⇒ 麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

〇 食欲旺盛でお腹がすき疲れやすい ⇒ 白虎加入参湯(びゃっこかにんじんとう)

〇 全身倦怠感、脱力感、尿量が多く潤い不足 ⇒ 八仙丸(はっせんがん)

〇 瘀血(おけつ、血の巡りが悪い状態) ⇒ 冠元顆粒(かんげんかりゅう)

特に服用されているお客様が多いのが、冠元顆粒
 
「服用2ヵ月で血糖値がさがり、血圧も安定した」

など喜びのお声も多いです。

冠元顆粒は「丹参(たんじん)」を中止とした生薬成分で、
微小循環障害を改善して様々な不調を解消するお手伝いする漢方薬。

飯田も毎日服用しております。

お気になる方は、無料試飲もできますので、お気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。