秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

高血糖・脂質異常

更年期だとなんでコレステロールが上がるの?

昨日、更新しましたブログ

更年期とコレステロールの関係 秋田美人の場合

をお読みくださったお客様から、

「なんでエストロゲンが下がると、コレステロールが上がるの?」
「ちょっと、それって、ずるいじゃない」

 ややお叱りの声(笑)

お気持ちはよく分かります。

 >なんでエストロゲンが下がると、コレステロールが上がるの?

 このご質問に答えるべく、自分のノートから簡単な答えを書き出すと

① コレステロールがエストロゲンや子宮内膜の原料である。

② したがって、エストロゲンの分泌が低下すると、原料の需要が減少し、血中に排出されやすくなる。

③ さらに、エストロゲンそのモノが脂質の代謝を助ける働きがある。

 この様な感じになります。

 ある新聞(名前忘れました)の医療記事では、閉経後の女性の半数が高コレステロール血症と報道されていて、

 「ホントに?(おおげさじゃない)」と思った記憶もあります。

 そして、血中の脂質は、

コレステロールだけでなく、

中性脂肪

リン脂質

遊離脂肪酸

 などもあり、特に中性脂肪値を指摘される方も多いと思います。
いわゆる『下腹ポッコン』は内臓脂肪型の肥満で、中性脂肪の上昇が原因です。

 コレステロールに限らず、血中脂肪の上昇は、動脈硬化の進行の原因になり、狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患や脳血管障害などリスクが高まりますので、脂質異常は重要な問題である事は確かです。

高LDLコレステロール血症140mg/以上

低HDLコレステロール血症40mg/未満

高トリグリセライド血症150mg/以上(高中性脂肪血症)

 日本動脈硬化学会『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版』より

 もちろん、基準値を大きく超える方は病院の受診が必要になりますが、受診が必要な方も予備軍も

食養生

生活習慣

運動習慣

 などにも留意しましょう。難しいけれど・・・・

 以前、中性脂肪値を指摘された自分に言い聞かせております。
 

漢方養生的には

 お血改善のための・・・・冠元顆粒、紅沙棘、水快宝など
血を増やして、血流促進、エストロゲン分泌促進の・・・・婦宝当帰膠
身体の中の余計な湿を取り除く・・・・温胆湯(うんたんとう)、しゃ火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)など有効です。

kanngenn syaka

  ちなみに、飯田は、中性脂肪と尿酸値が気になるため。冠元顆粒とシャ火利湿顆粒を服用。 主治医は知りませんが、病院のお薬を飲まなくとも、中性脂肪と尿酸値ともに正常値になっております。

 詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 飯田の年代は、女性、男性ともにいわゆる更年期世代。
一緒に身体の変化が大きいこの時期を乗り切りましょう。

 詳しくは、お気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談がお役に立てば幸いです。
女性のからだ漢方相談 飯田

 

更年期とコレステロールの関係 秋田美人の場合

お盆明け、すっかり涼しくなって過ごしやすくなりました。
ただ、夏が終わりに近づくとちょっと寂しい気がします。
また、秋田商の熱闘が終わって寂しいですね。
快進撃、ホント感動しました。

 更年期ぽくなってから
コレステロールが高くなった

40代のもしかすると前半と思われるお客様より
「更年期ぽくなってから、コレステロールが高くて、食事や運動もしているのに、全然下がらなくてくやしい」
こんなご相談がありました。

 聞けば、なんと飯田(50代)と同じくらいの年齢。

 >食事や運動

 いろいろと養生されているせいか、とてもお若くみえます。

コレステロールや中性脂肪など血中の脂肪については、男女問わず、ある一定の年齢を超えると、基礎代謝が低下し脂肪を燃焼しにくくなり溜まりやすくなるのは身をもって実感しておりますが、女性の場合、さらにエストロゲン(女性ホルモン)の分泌低下によるコレステロールの上昇が最近はよく話題になっております。

 エストロゲンとは、卵胞の発育に比例して増えるホルモンで、女性らしさ、女性の健康を維持する象徴的なホルモンです。そして、エストロゲン分泌は年齢と深い相関関係があります。
ですから、ご相談のお客様のLDL(悪玉)の上昇は、「更年期を過ぎたあたりから」の諸症状の総称『更年期』に含まれるかもしれません。

 更年期を軽やかに通り過ぎる 漢方養生(飯田ブログより)

>更年期障害とは、加齢による女性ホルモンの減少などが原因で引き起こされる不快な症状です。
>強いノボセ、発汗に苦しめられたり
>夜中の2、3時まで眠れなくなったり、夜中に何度も起きたり
>いままで気にもならなかった事でイライラしたり
>食べ過ぎている訳じゃないのに体重が増えたり
>コレステロールが上がって、血圧も上がってフラフラしたりと
>心とからだが不安定なことは、女性にとって本当に悩ましい問題です。

過食、運動不足など生活習慣の改善が必要であれば、それらを改善する事が先決かもしれませんが、すでにやるべきことはきちんとおやりになっておられる方。
どちらかというと、「どうやったらそんなに若く?」聞きたいくらい・・・・

 ただ、脂質異常をそのままにすると、動脈硬化の進行、血圧の上昇、さらには脳梗塞、心筋梗塞などのリスクもあり看過できません。
こんな時こそ漢方が宜しいかと思います。

 血液の流れが悪くなることを、漢方では「お血」と呼びますが、血中の脂肪を減らす、お血改善の代表的処方、冠元顆粒(かんげんかりゅう)。
血を補い、血流を改善、エストロゲンの分泌を良くする婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)。
また、ストレスを感じるとの事ですが、「気滞」(気の巡りがよくない状態)が続くと、血流の低下を招きますので、気の流れを改善する(ストレス改善)の漢方処方、逍遥丸もほんの少し(常用量の1/4程度)。
など服用をお願いいたしました。

04-16-4019

 コレステロールを下げる事が目的でではありますが、
疲労感の軽減、
お肌ツヤツヤ、透明感アップ
髪ツヤツヤなどまずは美容効果を実感される事でしょう。

ご相談ありがとうございました。
秋田の漢方相談が少しでもお役に立てれば幸いです。

女性のからだ漢方相談 飯田

漢方ハーブ ダイエットの秘密

毎日、蒸し暑いですね。
暑さには相当強いと自認しておりますが、眠れない夜もあり、
昨日は、いまさらながらですが扇風機を買いました。

sennpuuki


展示品(なんと売り切れ)を2500円にまけてくれました。
ありがとうございます(笑)

おかげで、暑さで目が覚めたりはしませんでしたし、お風呂上りも助かります。
扇風機の良さ実感
「もう一台買おうかな」。

 

 
漢方ダイエットハーブ、効果の秘密

 今年は、「やっぱり、あれがいいみたい」と定番・漢方ダイエットハーブティーがいまさらながら好評。
当店ではお馴染みの三爽茶(さんそうちゃ)というハーブティーです。
一日、少なくとも4,5回、空腹時に服用されるのが効果を高くするポイントです。

 三爽茶(さんそうちゃ)は、『柳茶』に、ハスの葉、スギナ、シベリア人参を配合したダイエッ卜茶で、

 柳茶(りゅうちゃ)とは、研究者も注目の生薬(ハーブ)

 柳茶(りゅうちゃ)については、『雑誌・クロワッサン』などでも紹介されております。

 (以下、クロワッサンの記事 ↓)

『柳茶』はチベット周辺の高地に自生するバラ科の植物。現地では「消化不良などに効果があるお茶」として親しまれてきました。その存在は「羊など家畜が食べると痩せてしまう」という、牧羊家にとっては迷惑な民間伝承から、門外不出に。アドレナリンと似た働きをして、蓄積された脂肪を燃やしてくれることが確かめられたのは、つい最近の事です。副作用の心配もなく、中医ダイエッ卜で欠かす事のできないハーブで、体質別のおすすめ漢方薬やハーブと組み合わせて服用すれば、より効果的です。

(以上 ↑ 記事抜粋)

 不思議な働きのダイエットハーブとして紹介されました。

 また、『内臓脂肪そうじカ』(経済界・旭丘光志著)でも『柳茶』について注目する旨が記載されており、
 以下、『内臓脂肪そうじカ』より抜粋です。  ↓

 「柳茶」は中国青海省、雲南省、甘粛省の標高3000mクラスの高地に自生する植物で、羊飼いたちは「放牧の羊など動物に食べさせてはいけない」と言い伝えられてきた。

上海中医学院の在暁立教授らは、早くからその言い伝えに注目、そのメカニズムを研究、下記の様な作用を発表している。

中性脂肪やコレステロールなど血中脂肪を下げる
脂肪分解作用(脂肪を燃やす作用)
肝障害保護作用
免疫増強、抗酸化作用

特に面白い働きが、
脂肪が粘液性変化(脂肪が溶け出して、排f世される)

など、・・・・

こうした、興味深い研究に対し、
「柳茶」は、日本の大学でも『富山大学和漢医薬学総合研究所・鹿野美弘教授』などの手で研究され、六種類の成分物質が特定された。そのうち二つは、未知の新規成分で、鹿野教授によって、“シピスコサイド" “シピスクレート" と命名された成分が、柳茶独自の脂肪を溶かし排出する働きを担っているという。

鹿野教授らの研究で五つの作用が確認された。

 Ⅰ 血糖値を下げる

Ⅱ 血中中性脂肪を下げる

Ⅲ 総コレステロールを下げる

Ⅳ 体の組織脂肪が減り体重が下がる、

ⅴ 動物実験で睾丸周囲に蓄積の脂肪が真っ先に減った。

(ⅴ)が意味するのは、直接生命維持に響かない部分の脂肪から先に溶

けるということである。

その流れでいけば溜まった内臓脂肪も先に溶け始めることになり、柳茶のメタボリツクシンドロームへの有効性が期待できる。

 以上、『内臓脂肪そうじカ』(経済界・旭丘光志著) ↑

 
確かに、脂肪が粘液性変化(脂肪が溶け出して、排f世される)魅力的な研究結果ですね。

ダイエット成功不成功

服用回数がポイントです!

 ただ、効果的と喜ばれるお客様と、実感されないお客様の差は・・・・
ブログを書きながら考えて見ると、

「なにかに服用回数かな?」と思います。

無料試飲もできます。
 ご興味のあるお客様は、
どうぞお気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

山王けやき 飯田

夏の脳梗塞予防 「本当に心配だった」

 当店のお客様は、ジメジメ猛暑の中でのゴルフの後、全身倦怠、しびれ、頭痛など訴えられ病院を受診され、診てくださったお医者さんからは、脳のMRIを撮るのをすすめられたそうです。
「脳梗塞?と本当に心配だった」とお話しされていました。
本当に驚かれた事と思いますが、検査の結果、異常がなくて本当に良かったです。

実は、飯田も昨年6月、同じような事がありました。
私も受診の結果(MRI)
「なんともなくっ良かった」とホッとした事が今でも忘れられません。
本当に怖かったです。

14-38-3011

  少し前までは、夏場は脳血管疾患や心疾患が減少するとの考えが一般的と言われておりましたが、

「猛暑下での全身倦怠・頭痛などは、熱中症だと思われがちだが、夏の暑さが、心筋梗塞や脳梗塞の引き金になる」との指摘が、新聞の医療記事などで多く見かけられるようになりました。

 脱水症状は、血液の中の水分が減少、血液ドロドロ、粘度の上昇につながり、血栓ができやすく、血栓が血管に付着しやすくなる事が、心筋梗塞や脳梗塞の多発の原因なのだそうです。

 漢方では

>血液の中の水分が減少は、

『陰虚(いんきょ)』(体の潤い不足)ととらえ、

>血液ドロドロ、粘度の上昇につながり、血栓ができやすく、血栓が血管に付着しやすくなるは

漢方では『お血』(血流れの滞り)と呼びます。

 『お血』(血流れの滞り)があり、お血の原因が、『陰虚(いんきょ)』(体の潤い不足)のタイプです。

 漢方的に考えても、「陰虚」「お血」がともに強い場合、夏の心筋梗塞・脳梗塞に対し危険な状態といえます。

 夏場のランニングなんか、ホント無理の無いようにしないと

 (ああ、怖っ・・・・と自分自身に言い聞かせております)

 もちろん、予防にはこまめな水分補給がとても重要です。

さらに、

 血中脂肪の上がる食事に気をつける

 アルコールを控える
アルコールで水分補給は出来ません。むしろ脱水要因
(これも自分に言っているんです)

睡眠、ストレスコントロールも重要

 なども注意すべき点です。

そして、漢方の服用も『熱中症』『夏の心筋梗塞』『夏の脳梗塞』の予防にとても有効な方法です。

 漢方で心機能の低下を『心気不足』と呼びますが、心気を補い、カラダに潤いを補い、気というエネルギーも補う『麦味散(ばくみさん)』と言うすぐれた漢方薬があります。

 また、血栓予防、血流の改善が期待できる、『お血改善』の代表処方『冠元顆粒(かんげんかりゅう)』もよく知られた漢方薬です。

 飯田も朝イチ

 冠元、麦味を1包ずつ飲んでからでかけております。

 お互い健康には気をつけましょう。

 秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

 お気軽にご相談ください。

秋田発女性のからだ漢方相談
店主・飯田