秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

婦宝当帰膠

のぼせ、顔汗が漢方で改善

久々に爽やかな冬晴になりました今日の秋田。
なんだか気持ちが良いですね。

本日、天皇誕生日も元気に営業中です。

 

一ヶ月ぶりのブログ更新になってしまいましたが、

先日ご相談頂きましたお客様は、

「とにかくイライラする」
「みんな寒いって言っているのに、私だけ暑い・・・」
「私だけ汗かいてて恥ずかしい」
 
【イライラ】【むくみ】【のぼせ】【顔からの発汗】のお悩みでご相談です。

そして、「これってやっぱり更年期」とも心配されおられました。

更年期とは、排卵まで増える、卵胞ホルモンの【エストロゲン】の分泌低下により体や心の不調がおきやすくなる時期、個人差は大きですが全ての女性に訪れます。

確かに、

〇 最近は生理が不順になってきている。 (凄く長い・一月に二回くる) 

〇 ご年齢が50代 

など、エストロゲン分泌減少が懸念される【症状】や【年齢】ですから、
  お体のお悩みの原因の一因として
【更年期によるホルモンバランスの変動】が挙げられると思います。

漢方で考える更年期の女性のからだとは、

からだに栄養や潤いを届ける「血(けつ)」
からだを守ったり、代謝させるエネルギー「気(き)」
が不足して、流れが停滞しやすい時期ととらえます。

【気】の流れの停滞がイライラを助長、むくみなどにもつながり

【血】の不足はからだの潤い不足につながり、熱が冷めにくく

【熱が首より上に集まる】ことで、のぼせ、発汗につながっていたかもしれません。

〇 血を増やし、ホルモンバランスを整える漢方薬
〇 気の流れを良くする漢方薬
〇 からだの潤い補う漢方薬

などお出ししましたら、一週間ほどで

「『のぼせ』が楽になってきて、顔の汗が無くなってきて助かる!(^^)!」と喜びのお声。

喜びのお声、ありがとうございます。
 
少しでもお役に立てて良かったです。
 
特に、【からだの潤い補う漢方薬】は効き目が早くて、他のお悩みのお客様にも好評です。

【イライラ】【むくみ】【のぼせ】【顔からの発汗】などお悩みの症状が、これでもう今後無くなるとは申しませんが、お体を整えつつなにかとお辛いこの時期を乗り越えましょう。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

お気軽に相談ください。
 
 
 

 

 

 

妊活にも産後の養生にもおすすめ「婦宝当帰膠のんでてよかった(o^^o)」

秋田市では月曜日より雪がふり、タイヤを変えないと危険な状態になりました。
私自身は、月曜日にタイヤ交換、ギリギリセーフ・・・・
 忙しい中、助けてくださったディーラーのSさんには感謝しております。


  

生後2か月の赤ちゃんを連れてご来店くださいましたご常連の奥様
 
三男のCちゃんをお連れ下さいました。

ご来店くださいまして、ありがとうございます。

思い起こすと

〇〇の治療によるお注射の影響か?
やや排卵がスムーズでない状態から第二子ご希望の相談

その後、

ご次男のご出産

目がパッチンの三男のご出産まで、

あれからもう5年になります。

お母さん、妹さんから伺っておりましたが、噂どおりのかわいい赤ちゃんですね~

本当におめでとうございます。


 そして、ご来店時、

「私、婦宝当帰膠飲んでてよかった~」

「飲んでなかったら、40代で3人目なんか無理だった~」

「やっぱり、ホントに漢方飲んでてよかった~」

たくさんの「よかった~」を頂き、ありがたく思います。

また、

「婦宝当帰膠、2,3日切らしてたら頭痛くて」との事

出産後は、オロの漏出や、授乳により女性の『血(けつ)』の消耗が著しい時期と言えますから、

血を補う代表処方、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)の服用は大変効果的な産後養生と言えます。

服用の継続をおすすめいたします。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

なにかございましたら、いつでもお声掛けください。

秋田の漢方相談が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

我慢できない痛みの方も!内膜症改善のための漢方養生法

一日中強い風が吹いておりました今日の秋田。
明日の早朝の飛行機で東京へ向かい、研修予定ですが、果たして飛べるのでしょうか?
ま、行けなかったら予定外の休日ですが、
帰って来れなかったらどうしょう・・・・

子宮内膜は子宮内部の粘膜で、子宮内膜は卵巣内の卵胞の発育にともない増えるエストロゲン(卵胞ホルモン)に比例して厚くなり、排卵すると排卵後分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)が、内膜の厚さを維持する、着床しやすくするなど内膜に作用し、妊娠しないと剥がれ、溶解して経血となります。

子宮内膜症とは、子宮内膜様組織が何らかの原因によって、子宮以外の場所に形成される病気です。

子宮以外の所で内膜の増殖、剥離、出血などが繰り返されますが、子宮内の内膜組織と違い経血として排泄されませんから、体内に溜まり、生理痛・下腹部痛・腰痛・性交津痛、排尿、排便痛など「痛み」をともなう事が多く、耐え難い様な強い痛みの方おいでになります。また、場合によっては不妊症の原因にもなり得ます。

病院での治療としては、

〇 対処療法として 鎮痛剤の処方

〇 ホルモン療法  ビルなど内服、ホルモンの注射

〇 手術

などが挙げられます。

漢方での対応としては、

漢方で内膜症になりやすい方を 「血(けつ)」の巡りが悪い「お血」体質と見なしますから、

血(けつ)や気(き)の不足も考え、血や気を補う漢方薬

「血」の巡りを促進する漢方薬などをお選びして体質改善を促す事が多いです。

また、内膜症の方は免疫を調整し、体の余分な水分、老廃物の代謝を促進する作用の漢方薬も有効だと思います。

(代表処方)

婦宝当帰膠

冠元顆粒

水快宝

シベリア霊芝

相談の多い内膜症、お気軽にご相談ください

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

寒くなる季節の高血圧と更年期

季節外れの台風が列島を横断、冷たくて強い風が吹く今日の秋田。

寒くなりましたね~

くれぐれもお気をつけください。


 
寒い日が続くと、血管を収縮させて、血流が悪くなり、その結果、血圧が上昇することがしられておりますが、漢方では、寒さそのものを、『寒邪(かんじゃ)』と言って、体に悪影響を及ぼす因子と考えます。
 
『寒邪(かんじゃ)』による血圧上昇に対する漢方的対応としては、
体を温めて寒さから身を守り、血管が収縮しないよう血流を良くすることを重視、
 
紅花(こうか)、川芎(せんきゅう)、丹参(たんじん)などの生薬に効果があるとされますから、これらを配合した漢方薬がおすすめです。

さらに女性の場合は、

年齢によるエストロゲンの分泌低下(いわゆる更年期)による、血中コレステロールの上昇が血圧上昇を引き起こす場合も。

更年期だとなんでコレステロールが上がるの?

コレステロールなど血中の脂肪増加、高血圧は動脈硬化につながり、狭心症、心筋梗塞などのリスクが高まりますから、どうぞお気をつけください。

漢方的養生としては、

〇 お血改善の漢方薬・・・・血の流れを整えて、血管の弾力を保つ

〇 養血調経(ようけつちょうけい)・・・・血を増やして、ホルモンバランスを整え

〇 化痰(かたん)・・・・ 体の過剰な水分、脂肪を取り除く

などの漢方薬服用がおすすめです。

ご心配な方は、どうぞお気軽にご相談ください。(無料のお味見もOK)

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

 

AMHが低いと言われて心配です

今日は秋分の日。
太陽が秋分点に達し、昼夜の長さがいよいよ逆転に転じるます。
お昼が短くなるのは寂しいですが、爽やかなみちのくの秋を楽しみましょう。


最近、よくお客様からお受けする相談が、

「AMHが低いと言われて心配」と言うご相談。

AMH(抗ミューラー管ホルモン)とは発育途中の卵胞(前胞状卵胞・小胞状卵胞)の細胞から分泌されるホルモン。
「AMHが低い」と言われたという事とは、
採血時、発育途中の卵胞数が少なくて、AMHの血中濃度が低かった事を意味します。

 

AMHのとらえかた

2年前受講した、東京の著名な生殖補助の専門医の講義ノートより一部抜粋すると、

〇 AMHの血中濃度は卵巣内に残る原始卵胞の数との相関性が高く、
  卵巣の予備能(卵巣内に残る卵子の数)の指標となる

〇 AMHと採卵数は相関はあり、
  体外受精時などの時の卵巣誘発方法の判断基準となる。

〇 AMHは同じ年代でも個人差が大きく、年齢とは相関しないが、年齢と共に減る

〇 AMHは妊娠率と相関しない

などノートしております。

AMHが低いからと言って、妊娠率が低い、良い卵が出来ないとは限らない訳です。

ただ、誘発時の採卵数、排卵が無くなるまでの年齢(妊娠可能な期間)など
AMHはお子様を望まれる方には大変重要な数値と言えます。

漢方/中医学の知見で 卵巣機能改善、卵の質改善で重要視するのは3つのポイントは

補腎(ほじん)(生殖機能をつかさどる腎を健やかに)

養血(ようけつ) 血そのモノを補い、妊娠力を高める

活血(かっけつ) 血の流れを良くし、卵巣や子宮の環境を整える

おからだを整えながら、赤ちゃんを待ちましょう。

お気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。