秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

漢方薬

花粉症克服のための漢方対策

あっという間にもう4月。
新しい年度も始まり、お忙しくお過ごしの事とぞんじます。

山王けやき薬品・飯田です。

秋田はまだ桜こそ咲いていないものの日中の気温は20℃近くと暖かな春。

北国の春が嬉しいです。

ただ、暖かい風は花粉もたくさん運びます。

ホコリや細菌もまざる花粉は、体へダメージをあたえる大きなファクターとなり、

「花粉症」「風邪」の原因となります。

 

 

 

花粉症克服の漢方薬

〇 まずは予防、体質改善の漢方薬

目や鼻、のどの粘膜に花粉がついて体に影響するので

粘膜の免疫強化、バリアをつく → 漢方では、「衛気(えいき)」を高める

衛益顆粒(えいえきかりゅう)など衛気(えいき)を高める漢方薬や
粘膜を保護するサージオイルなどが有効です。

〇 苦しい症状を緩和させる

◇ 頭痛、鼻水が透明で水っぽい、くしゃみの場合

小青竜湯、頂調顆粒、麻黄附子細辛湯などがよろしいかと思います。

症状によっては処方の組み合わせが有効なことも。

◇ 黄色の鼻水、痰、咳、喉・耳の奥・顔面・皮膚が痒い、目が赤く、涙が出る場合

銀翹散、鼻淵丸、五味消毒飲など有効、症状に応じてお選びいたします。


花粉症改善の生活養生

花粉症改善で気をつけるべき生活養生上のポイントは、

・充足な睡眠

・体を冷やさない 

・過労しない、ストレスをためない

・飲酒は控えめ

・肉食・糖質は少なめ。

・コーヒーや辛いモノを取りすぎない

・外出時には、マスクやメガネ

・便秘の改善

など
ご自分の体質、体調に合った漢方薬を上手に使い、生活養生にも気をつけながら花粉の厳しいこの時期を乗り切りましょう。

詳しくはお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

 

 

 

受験生お役立ち漢方

新年あけましておめでとうございます。

本日より営業させて頂いております。

 

比較的穏やかな正月でしたが、秋田の冬はこれから
  
冬の寒さは、新陳代謝の低下にともなう免疫力につながり、風邪やインフルエンザ、胃腸病のリスクが高まる季節です。

特に【受験をひかえる皆様】には、この時期、体調管理にどうぞお気をつけください。

〇 風邪やインフルエンザ、胃腸病などに罹らない免疫力のアップ
〇 頭の血の巡り良くする
 
などは、この季節の受験生必須のケアです。

免疫力を高めるためには、

  1. 夜型の生活習慣を朝型に移す(夜食も避け、三食を定時に摂る)
  2. 適度な運動を行い、防寒保温を心がける
  3. 体質にあった滋養強壮を行う
  4. 胃腸や腎の健康に気を配る

などが求められます。

滋養強壮の食べ物は、

・黒豆、大豆、小豆、いんげんなどの豆類

・長いも、大和芋、自然薯などの芋類

・ブロッコリ、ほうれん草、白菜などの野菜

・黒豆、牡蠣、舞茸、黒きくらげなどの黒いもの

・胡麻、胡桃、松の実、クコの実などの種実

・エビ、ブリ、マグロ、牛肉、豚肉など

さらに漢方でおススメなのは、

・運動不足で血流が滞りがちな状態を改善し、脳への血流を促す漢方薬(冠元顆粒とか)

・インフルエンザや風邪に罹らないよう「板藍根」(板藍茶や板藍のど飴)

・記憶力を高め、脳の働きを活性化させる DHA/EPA の「賢脳丹」(健康食品)

・胃腸の働きを助け気分が落ち着く「晶三仙」(ハーブティ)

などが受験生の方におすすめ。

もし風邪引き後のエネルギー不足を感じられるなら、麦味参顆粒などエネルギーを補う漢方薬もよろしいかと思います。

受験生皆さまの合格を祈念いたしております。

本年も微力ではございますが、秋田の漢方相談がお役に立ちます様に一層精進いたします所存です。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

それって、腎虚(じんきょ)ぽいですね

秋田の漢方相談
山王けやき薬品の飯田です。

今日も暑いですが、朝夕は秋を思わせるような涼しさになってきたお盆明けの秋田。

温度差が大きくなり、体調を崩しやすいこの時期、くれぐれもお体にお気をつけください。

 

 

つい先程もお客様とお話ししましたが、

「それって、腎虚(じんきょ)ぽいですね」とか、

「漢方で考える腎(じん)は、おしっこを作る腎臓とはちょっと違うんです」など

腎(じん)に関するお話をする機会が多いです。

ただ、腎についての説明を難しく感じる時もあり、今日は、腎(じん)についてブログを書きたいと思います。

 
まず、漢方で「腎」は、単に腎臓の事をさすのではなく、

骨や歯の形成、髪、泌尿器、生殖機能(男女とも)、ホルモンの分泌、睡眠も含めた脳の働き、耳までと
もの凄く幅広く機能するものととらえます。
 
整理するつもりが、いきなり書きすぎた感がありますが、「腎」は本当に幅広い働きをしています。
 
ですから、お客様とお話をしていると、

「それって腎虚から来てる症状では」と頻繁に感じます。

 腎虚(じんきょ)
とは、腎のはたらき弱まっている状態。

腎のはたらきが弱くなり、腎虚(じんきょ)になると

>骨や歯の形成 → 骨粗しょう症、下半身のだるさ、発育不全

>髪 → 薄毛・白髪

>泌尿器 → 頻尿・夜間尿・尿漏れ

>生殖機能 → 不妊、精力減退、

>ホルモンの分泌 → 生理不順、更年期、男性更年期

>睡眠も含めた脳の働き → 不安、不眠、免疫低下

>耳 → 耳鳴り・難聴

など、
本当に相談の多いからだの悩みがずらりと並びます。

病院で受診したものの、異常はないと診断を受けながらも、実際には、からだの不調で悩まれている方も多いですが、この「腎(じん)」の働き、「腎虚(「じんきょ)」が念頭にあるとつじつまが合って腑に落ちる事が多くあります。

また、漢方には

腎の力を補う=補腎(ほじん) 

と言う考え方があり、補腎の漢方薬がたくさんあります。

「もしかして私も腎虚」

ご心配な方は、お気軽にご相談ください。

お体の状態にあった補腎の漢方薬をご提案いたします。


(代表的な処方)

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん) 目に良い漢方薬

瀉火補腎丸(しゃかほじんがん) ノボセ、ホテリ

八仙丸(はっせんがん) 頻尿、夜間尿

亀鹿仙(きろくせん) 精力減退、卵巣機能低下、シミ・しわ、ホットフラッシュ、からだの潤い不足

参茸補血丸(さんじょうほけつがん) 冷え、生理不順

参馬補腎丸(じんばほじんがん) 冷え、倦怠感

至宝三鞭丸(しほうさんべんがん) 冷え、精力減退、肉体疲労

 

夏に気をつけて頂きたい 5つ の事

秋田の漢方相談
山王けやき薬品の飯田です。

梅雨明け前の記録的大雨、今朝の地元新聞によると県内では600棟近い浸水が有ったそうです。

ご被害に遭われました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

また、「秋田の大雨、大丈夫でした?」とお見舞いくださいました皆様にはお気遣いくださいまして、心より感謝申し上げます。


お客様より大雨のお話を伺うと

秋田市内では何十ヵ所もの道路が冠水により通れなくなりましたから
「あちこち迂回してやっとやっと帰った」
「近所の川が心配でずっと川を見ていた」

など、大変でしたね。ご心配でしたね。
 
 お天気は回復いたしましたが、どうぞお気をつけください。

夏に気をつけて頂きたい5つの事
  
夏に起こりやすい病気や症状五つの事、その対策をまとめてみました。

 

(1) 熱中症・熱射病

 うだるような暑さによって、体内の水分を消耗しやすくなりますから、こまめに水分補給することが大切です。また、外出時の帽子や日傘はもちろんのこと、室内でも、エアコンを使うなど、防暑対策を心がけてください。

《対策》

食養生では、夏野菜(きゅうり、トマト、苦瓜など)、緑豆もやし、豚肉、西瓜、ぶどうなどの果物がお勧めです。生薬では、人参、麦門冬、五味子などが夏の養生によく使われる生薬で、特に五味子は、心の気を益して、津液を増やし、口渇や汗かきを改善する働きがあります。

(2) 狭心症・脳卒中
 
夏は汗を沢山かくことで、血液の濃度が上昇し、微小血管が詰まり易くなり、それが狭心症や脳卒中を引き起こします。脳卒中は冬というイメージがありますが、実は夏がもっとも危険な季節です。

《対策》

おすすめの食材は、チンゲン菜、ナス、イワシ、桃、黒きくらげ、黒酢。
生薬では、丹参、川芎、紅花、田七などがおすすめで、とくに丹参は、血管を拡げ、血液の流れを改善する働きが認められています。

(3) 不眠
 
熱帯夜が続くと、睡眠障害を起こし易くなります.
 
《対策》

寝室の風通しをよくする。また、短時間の昼寝や仮眠も効果があります。
食養生としては、苦瓜、ゆり根、ミント、ラベンダー、カモミールなどのハーブがお勧めです。
生薬としては、山梔子、蓮肉、酸棗仁など気の巡りを良くして寝つきを良くする生薬が用いられます。

(4)食中毒・胃腸型風邪
 
高温多湿の環境は、細菌やウイルスが繁殖しやすくなり、食中毒や胃腸型の風邪が流行る時期です。

《対策》

料理には常に薬味を使い、生ものは極力避け、食事の前には丁寧な手洗いをしましょう。
食養生としては、しょうが、しそ、ねぎ、みょうが、香菜、梅、どくだみ、山椒、八角、わさび、お酢などがお勧めです。
生薬としては、藿香(かっこう)、蘇葉(そよう)五行草(ごぎょうそう)、板藍根(ばんらんこん)など抗菌、抗ウィルス作用のあるモノが用いられます。

(5) 冷え性
 冷房が効きすぎた部屋などに長時間いると、汗をまったくかかなくなり、さらに冷たい飲み物を摂り過ぎることによって、カラダが冷え、頭痛、肩こり、むくみ、胃痛、軟便下痢などを引き起こします。時には、温かいものを摂ったり、夜に温かいお風呂に入ったりして、夏の冷えに気をつけましょう。

《対策》

食養生としては、しゃうが、ねぎ、玉ねぎ、らっきょう、みょうがなどの辛味野菜をお勧めします。
生薬としては、黄耆、桂枝、生姜、当帰が冷え対策としてよく用いられます。

 

お体に十分注意して爽やかな北国の夏を楽しみましょう。

ご不明なはお気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

梅雨には、胃腸のケア!

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

空梅雨から一転、ジメジメ、ムシムシの今日の秋田。
梅雨ですから仕方がないかもしれませんが、あまり快適な気候とは言えません。
からだの不調がでやすい梅雨の季節、くれぐれもお体にお気をつけください。


梅雨から夏にかけて相談が多くなる症状は、
胃腸トラブル!



   
湿気の多い梅雨時期は、湿気が体にはいりやすく、体に入った湿気は『湿邪(しつじゃ)』と呼ばれる邪気(体に悪影響をおよぼすファクター)に変わります。湿邪は胃腸の働きを低下させ、食欲不振、吐き気、胃のもたれなどの症状が現れやすくなってきます。

また、ついつい冷たいものを多くとりがちなこの季節、胃腸が冷えやすく、「脾(ひ)」の機能が低下、水分代謝の滞りなど、さらなる不調にもつながってきます。


梅雨の季節のの胃腸トラブルにも、いくつかのタイプがあります。

1. 湿だまりタイプ

【特徴】
□ 胃がむかつく、吐き気がある
□ 下痢、軟便気味
□ 下の苔が厚い

湿がたまり、胃の働きが弱まっているタイプです。
 
おすすめの食材としては、湿を取り除き胃腸の機能を調える、サンザシ、カルダモン、ハト麦、麦芽、梅干し、パイナップルなどを取り入れ、和食中心の献立がよろしいかと思います。
 
漢方薬としては、勝湿顆粒などがおすすめ。

2. 陽気損傷タイプ

【特徴】
□ 全身の冷えとお腹の冷え
□ 下痢や腹痛がある
□ 顔色が白くなる

体内の陽気不足が胃を不調にしているタイプで、

改善法としては、とにかく体を温めましょう。
おすすめの食材としては、しょうが、シナモン、山椒の実、みょうが、ねぎ、にんにくなど積極的にとられると良いと思います。
 
漢方薬では、健胃顆粒、大建中湯などがおすすめです。

3. 胃腸虚弱タイプ

【特徴】
□ 慢性的な胃腸の不調
□ 全身の倦怠感
□ かぜをひきやすい

慢性的な胃腸虚弱が、他の臓器にも影響して、全身に不調が現れ、体力不足や免疫力低下につながっているタイプ

おすすめの食材は、インゲンマメ、山芋、じゃがいも、鶏肉、豚肉、太刀魚、ぶどうなど弱った胃を健やかに整え、体力を養ってくれる食材を多く摂りましょう。

漢方薬では、麦味参顆粒などがおすすめです。


水分補給、利尿、発汗を上手くコントロールして、
胃に負担を掛け過ぎないようにして梅雨をのりきりましょう。
  


お気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談が少しでもお役に立てれば幸いです。