秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

美肌と漢方

美肌と漢方 お肌のたるみ、しわ編

8月も始まりましたね。
今月もどうぞよろしくお願いいたします。

来週は、いよいよ夏の秋田の風物詩・竿灯祭り、始まります。秋田でも竿灯まつりの時期は、例年暑い盛りですが今年はジメジメが続き夜も暑くて眠れません・・・・
くれぐれもお体にお気をつけください。

 暑い

以前、秋田タウン情報さんに掲載して頂いた 『女性のための漢方Q&A』

〝美肌と漢方“ より お肌のシミ、たるみ編

おじさん(飯田)ですら気になる、お肌のたるみ、シワ・・・・

秋田美人ならなおさらでしょう。

 〝美肌と漢方“  お肌のたるみ、しわ編

(漢方美容の基本的考え方)

「肌は内臓を映す鏡」

 体の中と外とは密接な関係があり、美肌は、内側からも外側からも健康にする事が大切。

漢方に限らずに、それはそうですよね。

 そして、ここからが漢方ポイお話しになります。

 お肌のたるみ、シワは、漢方的に考えると『気』『血』『津液』が不足状態。

 『気(き)』は → 体のエネルギー

「血(けつ)」は → 肌の栄養分で、主に血液

『津液(しんえき)』は → 体を潤す潤滑水

 『気』『血』『津液』が少ないと、お肌の弾力や張りを維持するのは難しいわけです。

 当然ながら、肌の適切なお手入れ(保湿、UV対策)は絶対必要。

食養生としては、レバーやたまご、海藻類などのコラーゲンが豊富な食品や季節の野菜をたっぷりととる。

 体質を改善する漢方薬の服用としては、

血を補う「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」

津液・気を補う「麦味参頼粒」で潤いと張りある肌を取り戻しましょう。

 詳しくは、どうぞお気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

秋田発女性のからだ漢方相談 店主・飯田

『女性のための漢方Q&A』 美容と漢方

今日はもの凄く暑いのに、

山王『えびや』さんの“辛高菜しょうゆラーメン”を食べました。
こちらは、人気のお店だけに駐車場を確保するのが難しく、久々に寄れました。
20年間食べ続けている味。美味しいかったです。

ただ、食後は汗が止まら無かったですし、
やっぱり、毎日食べると相応に重たくなるでしょうね・・・・
たまにの方が美味しいし、美容にも良いのかもしれません。

 

 秋田タウン情報
『女性のための漢方Q&A』より

読者様よりの質問に飯田がお答えしております。

↓ ↓

 Q:

婦宝当帰膠と言う漢方の記事をよくみかけ、興味を持っています.私自身、生理痛が気になりますし生理の経血の中の塊も気になります。また「美容のために飲んでいる」という芸能人さんもいるそうですが、どの様な漢方薬なのでしょうか?

 A:

婦宝当帰膠は、北海道出身の元パリコレモデルさんが、美容と健康のために飲まれている事が維誌で紹介されたり、歌手や女優として活腫中のキョンキョンさんがお書きになっている本の中で、“小泉委員長の美と健康の素”として愛用している事を書くなどメディアへの登場が多いです。
『女性のための漢方薬』としてとてもメジャーな漢方薬となりました。

 子宝漢方』としても有名になった漢方薬

 また妊娠を望まれる方の雑誌や女性誌の不妊特集でも『子宝漢方』として婦宝当帰膠が頻繁に紹介されております。

 『女性の宝』『美容の秘薬』

婦宝当帰膠に含まれている生薬で一番多いのは、
当帰と呼ばれる生薬で、『当帰」は昔から『女性の宝」「美容の秘薬」ともよばれる生薬です。

この、当帰には、主に3つの作用があり

① 養血作用

漢方的な貧血(血虚)に対し血液を補うように働きかけ

② 活血作用

漢方的血流障害(お血)に対して、正常な血流を促す。

③ 潤腸作用

腸に潤いをつける(コロコロのお通じの方は便秘の改善にもOK)

楊貴妃も愛用コラーゲン「阿膠(あきょう)」も配合

 

また、婦宝当帰膠は当帰だけでなく、かの楊貴妃も愛用したと言われる伝説の動物性コラーゲン、「阿膠」も配合されています。阿膠は体に潤いをつける力が強いので、婦宝当帰膠を飲んでお肌プルルンは、きつと『阿膠(あきょう)』の働きです。

 また、漢方で「髪は血のあまり」、代表的な血を補う漢方薬、婦宝当帰膠を服用して髪フサフサ、髪ツヤツヤのお声もよく頂きます。

 1406 -

 以上 ↑ ↑ 女性のための漢方Q&A より

まずは、お味見ください。

婦宝当帰膠は
秋田の漢方相談おすすめ漢方薬です。

飲む美容液 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

飲む美容液

『女性の宝』当帰たっぷりの甘くて美味しい漢方薬。

 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)に多く含まれる「当帰(とうき)」という生薬は、漢方では『女性の宝』と呼ばれており、冷えや生理痛、生理不順、貧血、更年期障害に効果的です。

漢方では、診断の際、『気』『血』『水』という三つの要素章に分けて見立てを行いますが、当帰はこのうちの特に『血』の不足、『血虚(けっきょ)』に特に有効な補血の生薬です。
『血虚(けっきょ)』は、顔色が悪くなる、お肌のツヤが無くなる、髪にツヤがなくなる、爪がいびつになる、など見た目の変化にもつながりますので、それを改善する、婦宝当帰膠など、血を補う漢方薬は飲む美容液と言えるでしょう。

nomubiyoueki

 

また、冷えや疲れ、生理不順など女性特有のからだの悩みは、『血』の不足が関係している事が多く、女性で血が余っている人は多くないので、女性の健康を保つ上で『血』を補うのは、とてもメリットがある養生と言えます。

甘くて、おいしい、飲む美容液漢方を一度お試しください。

試飲だけでも構いません。

お気軽にご相談ください。

 

ニキビ、肌荒れ、赤い顔 血熱が原因?

血熱と言う言葉をご存知でしょうか?

中医学で『血熱(けつねつ)』とは、体の中に熱がこもり、血中に熱を持った状態の事。

 血熱が強くなると、顔のほてりや赤み、肌荒れ、ニキビ、便秘、イライラといった気になる症状が現れます。

 17

当てはまる項目をチェックしてください。

口肌が荒れやすい

口辛いものや脂っこいものを好む

口便秘がち

ロイライラしやすい

口のばせやすい

口口が渇きやすい

口特に生理前にニキビが出やすい

口目が充血がしている

口舌の色が赤い

口赤いニキビや吹出物がでやすい

口顔が赤い

3つ以上あてはまる場合、血熱の可能性があります。

そんな時には、6種の生薬が血熱による諸症状を改善する『清営顆粒(せいえいかりゅう)』が最適です。
便秘の解消(腸から熱をとる)によって、自然で清々しい感じに

ただ、少し熱を冷ますものは苦いです・・・・

必ずお味見ください。

ニキビ、アトピー、掌蹠膿疱症などお肌のトラブルは血熱解消は必須。

血熱を取り除く処方としては、他にも、リュウタン、オウゴンなど9種類の植物性生薬から構成される瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)や五行草や五涼華、温清飲、消風散などがあります。

詳しくは、お気軽にご相談ください。