秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

食養生

高血糖が気になる方へおすすめの漢方

秋田の漢方相談 山王けやき薬品・飯田です。

もう6月なのに
「今日の朝はストーブをつけた」
「衣替えをしたのにまたひっぱりだして着ています」
などのお客様よりのお声、寒い日の続く今年の秋田の夏の始まり、気温差が激しいせいでしょう、体調を崩されるお客様も多いです。
風邪などひかれません様、くれぐれもお体にお気を付け下さい。

先週日曜日に開催された、秋田リレーマラソン ↑
チームの足を引っ張りながらも出場いたしました。
止まない雨、上がらない気温
本当に寒かったです。


日本人の糖尿病の患者さんは厚生労働省の昨年の調査で、2013 年から46 万人も増えて316 万 6,000 人だそうです。
性別では、男性が 176 万 8,000 人、女性が 140 万 1,000 人となっています。

増加傾向が強い糖尿病ですが、その原因とされるのが、インスリンというホルモンの不足によるとされていますが、二つの種類があります。

Ⅰ型糖尿病
 膵臓のインスリンを作る細胞が破壊されてインスリンが全く足りないことで起こる糖尿病です。

型糖尿病
 生活習慣が大きく関与し、日本人の 95 % がこのタイプです。

予防や改善には、食事療法、無理のない運動、病院での治療に併せて、漢方薬の利用がお勧めです。

糖尿病には、いくつかの症状がありますが、漢方薬の効果が期待できるのは、

〇 口の渇きや皮膚の乾燥、のぼせ、ほてり感がある ⇒ 麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

〇 食欲旺盛でお腹がすき疲れやすい ⇒ 白虎加入参湯(びゃっこかにんじんとう)

〇 全身倦怠感、脱力感、尿量が多く潤い不足 ⇒ 八仙丸(はっせんがん)

〇 瘀血(おけつ、血の巡りが悪い状態) ⇒ 冠元顆粒(かんげんかりゅう)

特に服用されているお客様が多いのが、冠元顆粒
 
「服用2ヵ月で血糖値がさがり、血圧も安定した」

など喜びのお声も多いです。

冠元顆粒は「丹参(たんじん)」を中止とした生薬成分で、
微小循環障害を改善して様々な不調を解消するお手伝いする漢方薬。

飯田も毎日服用しております。

お気になる方は、無料試飲もできますので、お気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

瘀血(おけつ)がこわい

秋田の漢方相談 山王けやき薬品・飯田です。

暑いくらいだった今日の秋田、しばらく五月晴れが続くようです。
北国の爽やかな季節を楽しみましょう。

万病のもとと言われる「瘀血(おけつ)」

漢方で瘀血(おけつ)とは、血液がドロドロになるなどで、血液の流れが遅く、血管も狭くなり、血液の循環が悪くなった状態を言います。

瘀血状態になると、頭痛、めまい、耳鳴り、のぼせ、目のかすみ、肩こり、動悸・息切れ、腰痛、膝の痛み、冷え、生理痛、高血圧などを引き起こし、さらに症状が進むと生活習慣病、そして、心臓の疾患、脳の疾患、ガンなどの原因にもなると言われております。

瘀血(おけつ)は、食事、睡眠不足、運動不足、ストレス、血管の老化、冷えなどによって引き起こされますが、お客様の症状をお伺いしていても、
「瘀血(おけつ)方が本当に多い」と実感させられます。

瘀血はいろいろなタイプに分類され、

「元気不足」
「血液不足」
「冷え」
「ため込み」
「イライラ」

などのタイプがありますが、タイプごとに対応が異なり、
 
  「血液不足」タイプなら、質の良い眠りと血を増やす食養生(例えば、鉄分の多いレバー、鶏肉、小松菜、黒豆、黒ゴマなど)に配慮すべきです。

「ため込み」タイプなら、運動の習慣や腹八分目の食習慣で体重をコントロール、食養生では、体の余分な水分を取り除く、大根やキュウリ、梨などを積極的に摂取しましょう。

最近の研究では、瘀血の改善により血管力を高める事は、
認知症、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞の予防効果が有るとされています。
さらに瘀血の改善による活性酸素の除去は、アンチエイジング効果も期待できます。
 

実は私も、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞など気をつけなくてはいけない年代になりましたので、
瘀血(おけつ)が怖いですから、
瘀血(おけつ)の改善の代表的漢方処方である「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」を欠かさず服用しております。
そして、やっぱり飲んでいると体調が明らかに違います。
 
「え、私もお血が心配」とお思いの方は、あなた様の瘀血タイプに合ったご提案を致します。
まずはお味見だけでも結構です、お気軽にご相談ください。
 
秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

春の不調 あなたの不調はどのタイプ?

秋田の漢方相談 山王けやき薬品・飯田です。

秋田の桜開花予想は4月15日との事、いよいよ本格的な春の訪れですね。
雪深い長い冬を過ごす北国の人間にとって美しく爽やかな北国の春は格別、北国の春を楽しみましょう。

ただ、前回のブログでもお話ししましたように、

女性にとって春は、特にからだの不調がでやすい季節
 
ウキウキする季節ながら、いつも以上に身体の変化に気をつけなければいけない季節だと言えます。

 そして、春の不調の原因はいろいろありますから、

『漢方の考え方で、あなたの体質のタイプを知り、不調の原因が何かを知るためのチェックリスト』

作成してみました。

もしパソコンとプリンタをお持ちであれば、印刷して頂き、
 スマートフォンでしたら、画面を保持して頂ければ、
体質や症状に合わせて、あなた様にピッタリの養生、漢方薬などアドバイスさせて頂きます。

もちろん、プリントアウトやスマフォ画面が無くとも、店頭やお電話でもお話を伺いますのでどうぞご心配なく。

相談だけでも結構です。
お気軽にご相談、お問い合わせください。

-------------------------------------------------------------------

<<<あなたの不調のタイプ診断>>>

 

下記、A ~ F のチェックリストで当てはまる項目が多いのが今のあなたの体質タイプです。
複数のタイプを併せ持つこともあります。

 

タイプ A





ここでチェックが多かったあなたは、元気不足(気虚、ききょ)タイプです。 エネルギーとなる「気」が不足しているのがこのタイプ。消化器系機能が低下しているのが特徴です。

タイプ B





ここでチェックが多かったあなたは、気の滞り(気滞、きたい)タイプです。 さまざまなストレスが原因で「気」の巡りが滞っている状態。気持ちの浮き沈みが激しく、お腹が張りやすいのも特徴。

タイプ C





こでチェックが多かったあなたは、血液不足(血虚、けっきょ)タイプです。 「血」が不足すると自律神経が乱れ、心も不安定になりがちです。

タイプ D





ここでチェックが多かったあなたは、血の滞り(瘀血、おけつ)タイプです。 女性の不調トラブルで多く、「血」が何がしらかの理由で滞ってしまっているタイプ。クマが出来やすく、肩こりや腰痛が出ます。

タイプ E





ここでチェックが多かったあなたは、潤い不足(陰虚、いんきょ)タイプです。 からだが水分不足になっているタイプ。加齢とともに潤いが不足し、肌の乾燥やのどの渇き、ほてりやのぼせの症状が現れます。

タイプ F





ここでチェックが多かったあなたは、溜め込み(痰湿、たんしつ)タイプです。 水が体の中でが滞り、むくみやすく、水分代謝がスムーズでないため、老廃物が溜まり、ニキビなども出来やすくなります。

梨は食べるお薬。おいしかったです。 

とっても美味しい「梨」を頂きました。

本当にありがとうございます。
ごちそう様です。

昨年から何回も「果物」の差し入れを頂きましたが、「私、果物大好きだから」とおっしゃる奥さんのお持ちくださる果物はやっぱり違いますね。
申し訳ないと思いながらも、美味しく頂いております。

nasi

 
秋は『肺』の季節

漢方では、

「秋は『肺』の季節」と申します。
秋は乾燥した秋の空気が「肺」に影響を与えやす時期だと言う意味です。

漢方で考える『肺』は、

清気(酸素)と濁気(二酸化炭素)入れ替える呼吸機能のだけでなく、水分代謝の調節、免疫調整機能なども担っていると考えます。

めんどくさいでしょ(笑)

「肺」は潤いを好み、乾燥を嫌います。

乾燥の影響を受けると

ノド、口の渇き、空咳、目や鼻など粘膜の乾燥、カサカサのお肌、コロコロお通じの便秘などの症状がでやすくなります。

食べるお薬「梨」、凄くイイです!

そもそも、「梨」は、肺の潤いを補い、身体を潤し、痰をだすなど「お薬」として使われてきた果実。

なるほど、食べると口やノドの渇きがスッキリです。


症状が強い場合は、漢方薬も良いですよ。

>空咳

>ノド、口の渇き

>コロコロお通じ

などの症状に対して、
病院に通っていても中々治らないとお悩みの方にはおすすめです。

>漢方における「肺」は・・・・、

めんどくさいですが、

現代医学とアプローチが違うからこそ、
もの凄くシャープに効くときは効きます。


今週もどうぞよろしくお願いいたします。
お気軽にご相談、お問い合わせください。
秋田の漢方相談が少しでもお役に立てれば幸いです。
山王けやき 飯田

 

掌蹠膿疱症には、漢方医学の考えが役立ちます。

奈美悦子さんの記者会見で初めて聞いた病名でした。

 掌蹠膿疱症は、手のひら、足の裏に膿胞(のうほう)と呼ばれる皮疹のでる疾患で、ひどくなると、激しい痛み、熱など生じます。

有名な歌手の方が、掌蹠膿疱症を原因とする関節痛などの症状に苦しみ、十数件目の病院の受診へて、なんと秋田の病院の免疫内科を受診、病気を克服された事をテレビ発表されました。その病院と主治医の先生が大変有名になり、全国中から患者さんが殺到した事は、地元秋田でも大いに話題になったものです。

お恥ずかしながら、私(飯田)は、奈美悦子さんの記者会見で初めて、掌蹠膿疱症という病名を聞きました。そして、この難しい名前の病気の原因の根本は、自己免疫疾患である事。「ビオチン」というビタミンと「整腸剤」の服用で治った事に、よく分からないながらも、「なるほどね~」とも思った記憶がございます。

その後、お受けする事が多くなってきた皮膚病相談対応のため、「皮膚病専門講座」に入会。掌蹠膿疱症に対する、『漢方的対処法』や『食養生』の講義を事項する事も多いです。また、実際に掌蹠膿疱症のご相談もお受けしております。

そして、いまさらながらではありますが、漢方薬の服用や食養生は大変有効な治療と再認識しております。

 250013

漢方では、掌蹠膿疱症の原因を 熱毒(ねつどく)

血熱(けつねつ)

湿熱(しつねつ)など、カラダの中の熱が原因と考え、それら熱を抑える 『清熱解毒(せいねつげどく)』作用の漢方薬をベースとして使います。

代表的な漢方薬としては、 清営顆粒(せいえいかりゅう) 瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう) 温清飲(うんせいいん)消風散(しょうふうさん) 五味消毒飲(ごみしょうどくいん)

などございます。これら漢方薬は、

ニキビ、肌荒れ、赤い顔 血熱が原因?

ブログでも紹介いたしました。
上記漢方薬は、表面的に現れている症状の緩和に役立ちます。

 

さらに、 「食治則身治」
(飲食が適正であれば、すなわち身体は健康) など、
健康の根幹に食事があると漢方では、

「欲得長生、腸中常青」といわれ、

長生きしたかったら常に腸をきれいにしておく、
胃腸粘膜を強化すれば内臓が強くなる。
内臓が強くなれば免疫力も強くなる。
免疫が強くなれば、皮膚も強くなる。

まさに掌蹠膿疱症の方に対し、食養生は治療の根本になりえると思います。

食養生の基本は 腹八分

食事そのものが治療 食養生 五行草茶編

 食養生ブログ ↑

掌蹠膿疱症でお悩みの方は、病院の治療などに併せ、

漢方薬での治療、中医学(漢方医学)的食養生もお考えになってみたらいかがでしょうか?

 

詳しくはお気軽にご相談ください。

また、清熱解毒(せいねつげどく)の漢方薬はやや苦いモノも多いので無料試飲をお試しください。

 秋田の漢方相談がお役にたてれば幸いです。