秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

お血

女性の心や体の悩みの根本は「血流」

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

先週日曜日、秋田卸売市場で開催された『市場祭り』に行ってまいりました。
実は割と近所に住んでいるのですが、卸売市場ですから入る機会が有りませんでした。
初めて入りました。

市場祭り

混雑の写真は撮れませんでしたが場内は行き来もままならないほどのにぎわい。
「え!年末のアメ横」と言った感じでした。

そして、市場内ではこれでもかと言うくらいの試食サービス。

長いも、とんぶり、キュウイ、バナナ、梨、ハム、かまぼこ、うどん、おでん、たまこん、うどん、筋子、さきいか・・・さらに数品目の試食
こんなに試食をさせてもらったのは生まれて初めてかもしれません。
これだけでお腹がいっぱいになりました(笑)。

少しづつですが購入もさせて頂き、なかでも
収穫したてのとんぶり・「秋泉」と言う梨・いくら(味がついてないモノ)
などが、特に美味しかったです。

予想以上に楽しかったので、来年も必ず行きたいと思いました。


最近話題の本
「血流がすべてを解決する」
読んでみてすごく共感しました。

と言いますか、私自身もずっと当たり前のように思っていたことです。

本になって読んでみて、著者に伝え方の大切さを再認させられました。

 

私も

女性の心や体の悩みの根本は、

〝血流〟だと思います。

人間の血管は毛細血管など微小な血管も含めると総延長10万キロと言う想像もつかない長さで、体のすみずみや内臓にも張り巡らされ、血流が全身にある60兆あまりの細胞に酸素や栄養を届けているからです。
血管の99%は毛細血管です。毛細血管は40代から顕著に減り始め、60歳を過ぎるころにはもっとも毛細血管が多い時の40%ほどになるのではと言う研究もあります。

年齢を経るにしたがって気になりはじめる

シミ

シワ

たるみ

などは、

(毛細血管の減少) → (血液の流れの低下) → (細胞に酸素や栄養が届けられない)

血流の減少に大きな原因があるのは間違いないでしょう。

また、毛細血管の減少は体の外側からと言われますから、毛細血管の減少は、血流の減少させ、外見の経年変化の大きなファクターになっているのでしょう。

『血は女性の体の基本』

元来、漢方では 〝血(けつ)〟を単に血液としてとらえるのではなく、血流も含め、心や体を支えるの大きな要素としてとらえ、

〝血(けつ)〟を

『血は女性の体の基本』と重要視する考えが根底にあります。

さらに漢方的な観点で血流を述べると

『血液サラサラ』にするだけでは良くなりません。

〝血〟そのものを増やす、漢方的には『養血(ようけつ)』が血流を増やす第一歩となるでしょう。

いよいよ寒くなるこの季節、冬の備えに

〝血(けつ)〟を作る、増やす、流す

漢方養生がおすすめです。

お客様の体質、症状によって服用する漢方薬は変わりますが、

“甘くておいしい漢方薬” 

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)などは会う方が多いです。

まずは無料でお味見ください。

ご相談、お味見だけでも結構です。
お気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

漢方で考える 子宮筋腫

すっかり雪の消えた今日の秋田。

「もう春ですかね?」

などつい楽観しますが、『雪国の冬』きっとそんなに甘くないですね。

くれぐれもお体にお気をつけください。

fukutuu

ここ数日、子宮筋腫についてのお問い合わせが相次ぎましたので、
漢方で考える子宮筋腫について少々書かせて頂きます。

 

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、子宮の筋肉内にできる良性の腫瘍。
サイズや数、出来る場所など人それぞれで、目視が難しい様な小さなモノから、数十cmにまでに成長する筋腫もあるそうです。

子宮筋腫は自覚症状のない方も多く、婦人科などの受診をきっかけに子宮筋腫を指摘される方も多い様に思いますが、
すべての方に自覚症状が無いのではありません。

 生理時の強い腹痛、月経困難症、

経血量増加による貧血、それにまつわるめまい、たちくらみ

筋腫が大きくなる事による圧迫での頻尿や便秘、腰痛

筋腫の場所や大きさなどによって、着床障害など不妊の原因の可能性

などの症状でのご相談も多いです。

 漢方で考える子宮筋腫の原因、対応

漢方で子宮筋腫の体質的特徴は、
「お血(おけつ)」と呼ばれる血の滞りにあると考えます。

痛む・しこる・黒ずむなど
まさに「お血」の象徴です。

漢方の対処処方としては、

血液の流れを良くする代表処方

「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」

貧血が気になる方は、

血を補う

「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」など

また、亀甲(きばん)鼈甲(べっこう)など動物性コラーゲンが、

軟堅散結(なんきんさんけつ)作用
「堅い組織を軟化して消散させる作用」
がある事から

亀甲、鼈甲のたっぷり配合された
『亀鹿仙(きろくせん)』の服用も宜しいかと思います。

 

詳しくはお気軽にお問い合わせください。
無料試飲もできます。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
山王けやき薬品・飯田

今週もありがとうございました。

妊活 『お血改善が大切な理由』

週1回で我慢しておりますが、
ラーメン本当に好きかもしれません。

いや好きです・・・・

 ただ、脂質、糖質過多(だから美味しいかも?)だけに、
毎日続けると、

「お血」が心配です。

漢方で「お血」とは、『血』の流れが滞っている状態です。

 sikyuu


妊活の基本はお血改善

そして、

「お血」は、
子宮や卵巣の毛細血管の血流低下を招き、
不妊の原因となり得ます。

エイジングはお血の大きな原因

お血を引き起こす原因で代表的なモノは

〇 生活習慣(食生活、睡眠時間、運動不足)

〇 過労

〇 ストレス過多

そして、

〇 エイジング(加齢)など挙げられます。


エイジングと不妊
優先すべきは「お血」の改善!

 

血流低下が妊娠に与える影響として、

(子宮の血流低下)

子宮血流低下は
子宮筋腫、子宮ポリープを引き起こす原因にもなり、
子宮筋腫、子宮ポリープは、
着床障害 、子宮内膜分泌期の異常 など
妊娠への妨げになる可能性があります。

 また、妊娠継続の障害(流産、早産)にもつながります。

さらに、子宮血流低下は、

(卵管圧管 卵管の機能低下 → ピックアップの問題 )

なども指摘されております。


(卵巣の血流低下


卵巣血流の低下は、

卵巣の毛細血管の微小循環低下を引き起こし、卵胞への酸素、栄養の不足。
微小循環の低下による活性酸素の増加による体の酸化、タンパク質の変性。
など卵の質の低下が心配されます。

 

妊活には、「お血」の改善が欠かせません。

生活習慣改善に併せて漢方などを取り入れるのも大変メジャーな方法で、

冠元顆粒(かんげんかりゅう)
水快宝(すいかいほう)
田七人参(でんしちにんじん)
桂枝茯苓丸(けいしいぶくりょうがん)

などが、『お血改善』の代表的漢方薬になります。

どうぞお気軽にお問合せください。


秋田の漢方相談
山王けやき薬品 飯田

更年期だとなんでコレステロールが上がるの?

昨日、更新しましたブログ

更年期とコレステロールの関係 秋田美人の場合

をお読みくださったお客様から、

「なんでエストロゲンが下がると、コレステロールが上がるの?」
「ちょっと、それって、ずるいじゃない」

 ややお叱りの声(笑)

お気持ちはよく分かります。

 >なんでエストロゲンが下がると、コレステロールが上がるの?

 このご質問に答えるべく、自分のノートから簡単な答えを書き出すと

① コレステロールがエストロゲンや子宮内膜の原料である。

② したがって、エストロゲンの分泌が低下すると、原料の需要が減少し、血中に排出されやすくなる。

③ さらに、エストロゲンそのモノが脂質の代謝を助ける働きがある。

 この様な感じになります。

 ある新聞(名前忘れました)の医療記事では、閉経後の女性の半数が高コレステロール血症と報道されていて、

 「ホントに?(おおげさじゃない)」と思った記憶もあります。

 そして、血中の脂質は、

コレステロールだけでなく、

中性脂肪

リン脂質

遊離脂肪酸

 などもあり、特に中性脂肪値を指摘される方も多いと思います。
いわゆる『下腹ポッコン』は内臓脂肪型の肥満で、中性脂肪の上昇が原因です。

 コレステロールに限らず、血中脂肪の上昇は、動脈硬化の進行の原因になり、狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患や脳血管障害などリスクが高まりますので、脂質異常は重要な問題である事は確かです。

高LDLコレステロール血症140mg/以上

低HDLコレステロール血症40mg/未満

高トリグリセライド血症150mg/以上(高中性脂肪血症)

 日本動脈硬化学会『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版』より

 もちろん、基準値を大きく超える方は病院の受診が必要になりますが、受診が必要な方も予備軍も

食養生

生活習慣

運動習慣

 などにも留意しましょう。難しいけれど・・・・

 以前、中性脂肪値を指摘された自分に言い聞かせております。
 

漢方養生的には

 お血改善のための・・・・冠元顆粒、紅沙棘、水快宝など
血を増やして、血流促進、エストロゲン分泌促進の・・・・婦宝当帰膠
身体の中の余計な湿を取り除く・・・・温胆湯(うんたんとう)、しゃ火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)など有効です。

kanngenn syaka

  ちなみに、飯田は、中性脂肪と尿酸値が気になるため。冠元顆粒とシャ火利湿顆粒を服用。 主治医は知りませんが、病院のお薬を飲まなくとも、中性脂肪と尿酸値ともに正常値になっております。

 詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 飯田の年代は、女性、男性ともにいわゆる更年期世代。
一緒に身体の変化が大きいこの時期を乗り切りましょう。

 詳しくは、お気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談がお役に立てば幸いです。
女性のからだ漢方相談 飯田

 

更年期とコレステロールの関係 秋田美人の場合

お盆明け、すっかり涼しくなって過ごしやすくなりました。
ただ、夏が終わりに近づくとちょっと寂しい気がします。
また、秋田商の熱闘が終わって寂しいですね。
快進撃、ホント感動しました。

 更年期ぽくなってから
コレステロールが高くなった

40代のもしかすると前半と思われるお客様より
「更年期ぽくなってから、コレステロールが高くて、食事や運動もしているのに、全然下がらなくてくやしい」
こんなご相談がありました。

 聞けば、なんと飯田(50代)と同じくらいの年齢。

 >食事や運動

 いろいろと養生されているせいか、とてもお若くみえます。

コレステロールや中性脂肪など血中の脂肪については、男女問わず、ある一定の年齢を超えると、基礎代謝が低下し脂肪を燃焼しにくくなり溜まりやすくなるのは身をもって実感しておりますが、女性の場合、さらにエストロゲン(女性ホルモン)の分泌低下によるコレステロールの上昇が最近はよく話題になっております。

 エストロゲンとは、卵胞の発育に比例して増えるホルモンで、女性らしさ、女性の健康を維持する象徴的なホルモンです。そして、エストロゲン分泌は年齢と深い相関関係があります。
ですから、ご相談のお客様のLDL(悪玉)の上昇は、「更年期を過ぎたあたりから」の諸症状の総称『更年期』に含まれるかもしれません。

 更年期を軽やかに通り過ぎる 漢方養生(飯田ブログより)

>更年期障害とは、加齢による女性ホルモンの減少などが原因で引き起こされる不快な症状です。
>強いノボセ、発汗に苦しめられたり
>夜中の2、3時まで眠れなくなったり、夜中に何度も起きたり
>いままで気にもならなかった事でイライラしたり
>食べ過ぎている訳じゃないのに体重が増えたり
>コレステロールが上がって、血圧も上がってフラフラしたりと
>心とからだが不安定なことは、女性にとって本当に悩ましい問題です。

過食、運動不足など生活習慣の改善が必要であれば、それらを改善する事が先決かもしれませんが、すでにやるべきことはきちんとおやりになっておられる方。
どちらかというと、「どうやったらそんなに若く?」聞きたいくらい・・・・

 ただ、脂質異常をそのままにすると、動脈硬化の進行、血圧の上昇、さらには脳梗塞、心筋梗塞などのリスクもあり看過できません。
こんな時こそ漢方が宜しいかと思います。

 血液の流れが悪くなることを、漢方では「お血」と呼びますが、血中の脂肪を減らす、お血改善の代表的処方、冠元顆粒(かんげんかりゅう)。
血を補い、血流を改善、エストロゲンの分泌を良くする婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)。
また、ストレスを感じるとの事ですが、「気滞」(気の巡りがよくない状態)が続くと、血流の低下を招きますので、気の流れを改善する(ストレス改善)の漢方処方、逍遥丸もほんの少し(常用量の1/4程度)。
など服用をお願いいたしました。

04-16-4019

 コレステロールを下げる事が目的でではありますが、
疲労感の軽減、
お肌ツヤツヤ、透明感アップ
髪ツヤツヤなどまずは美容効果を実感される事でしょう。

ご相談ありがとうございました。
秋田の漢方相談が少しでもお役に立てれば幸いです。

女性のからだ漢方相談 飯田