秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

漢方効き目いろいろ

便秘いろいろ 便秘の漢方 

昨日は、ご予約を頂いておりましたお客様から用事が出来たとご連絡を頂きました。
わざわざ連絡をくださり、本当にありがとうございます。
いつかご都合の良い時にお待ちしております。

 bennpi

 

女性の半数近くが悩むと言われる「便秘」の話

「身体で最大の免疫器官の腸内に老廃物が停滞すると免疫低下が低下します」

女性の半数近くが悩むと言われる「便秘」の事。

デトックス(有害物質の排出)の80%前後が排便からと言われておりますし、

『皮膚は内臓の鏡』
便秘は、免疫機能の低下・漢方で言う『湿邪』『熱邪』をためるなど、まさに肌のトラブルの元凶とも言えます。

さらには、便秘はダイエットの大敵。

身近なお体の悩みですが、
『便秘の解消』は女性の美と健康に欠かせませんね。

便秘 イラスト

便秘薬やセンナで便秘がスッキリ解消される方はそれで宜しかと思いますが、便秘薬の常用が便秘の原因になる方もあります。
また、便秘薬でスッキリするどころか
「痛いだけで、ちょっと下痢するだけで全然スッキリしない」
この様なお話もよく伺います。

便をスムーズに出すのが難しい状態で、
便秘薬やセンナなど腸をグリグリするお薬が作用しますから
「痛い~」になります。

また、食物繊維はなんとなくヘルシーなイメージですが、どんな方にも合うとは限りません。
「お腹が張って苦しいだけで、全然でない」となる場合もあります。

便秘を解消するには、ご自分の便秘のタイプに合うお薬、漢方薬、養生を選ぶ事が必須です。

 

改善便秘

 

『実秘(じっぴ)』と『虚秘(きょひ)』

漢方では、便秘を
腹痛やお腹の張りをともなう『実秘(じっぴ)』
お腹の張りも無く、お通じがなくとも特に不快感も無い『虚秘(きょひ)』
と大きく分類します。

「実秘」には、
食べ過ぎ(脂っこいモノ、辛いモノ)、飲み過ぎ、などのにより、胃腸に熱が停滞している状態で、腸管で発酵が進みガスが発生しお腹が張るタイプやストレス・不安などで自律神経が緊張し腸管の蠕動運動がスムーズに動かいないタイプがあります。

(胃腸に熱が停滞タイプ)は比較的、一般的な便秘薬が有効ですが、お薬の服用量の増加にお気をつけ下さい。

(自律神経緊張タイプ)は旅行中や生理前の便秘は、このタイプの実秘と言えます。

実秘に用いる漢方薬としては

清営顆粒(せいえいかりゅう)
大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
などが代表処方です。

 

虚秘は、
便秘をしていても、腹痛もお腹の張りも無い方。
「お通じはないけど、全然平気」こういう方も結構いらっしゃいます。
これが代表的な『虚秘』です。

そもそもの腸管の蠕動運動が弱いとか、『血の不足』や『体の潤い不足』によって、腸の潤いが無くなったりしているタイプ。コロコロのお通じの方も多いです。

カラダを守り、動かすエネルギー『気』を充実させ元気にする。からだや腸に『潤』を補いましょう。

虚秘に用いる代表処方は

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
麻子仁丸(ましにんがん)

などになります。

詳しくは、お気軽に相談ください。
女性のからだ漢方相談 飯田

コンサートの備えに 「麦味散顆粒」

コンサートの備えに麦味散顆粒

「麦味散顆粒(ばくみさんかりゅう)」をご指名でおいでになったお嬢さんは、ツイッターでこの漢方薬を知ったとの事で、ハードなスケジュールのコンサーのご準備で麦味散顆粒をお買い求め頂きました。
私はツイッターって使った事ありませんが、そんな時代なんですね。

ありがとうございます。

14-38-3009

麦味参顆粒は

人参(にんじん)、麦門冬(ばくもんとう)、五味子(ごみし)とたった3つの生薬から成るとてもシンプルな処方です。

人参は、身体を守り、動かすエネルギーである『気』を補い、麦門冬は体の潤いを保ち、五味子は収斂作用(ひきしめる)によって、気や潤いの漏れ出すのを防ぎます。

確かに麦味散顆粒は、この暑い時期のコンサートをエンジョイするには最適な漢方薬といえます。

お客様のご自身の選択ですが、とても素晴らしい漢方処方をお選びくださったと思います。

コンサート、存分にお楽しみになってくださいね、
どうぞお気をつけておいでください。

また、心肺機能アップも期待できる麦味散顆粒は、
アスリートにも愛用者が多いです。

 麦味散顆粒と冠元顆粒との併用

 さらには、心肺機能を高め、身体の気を増やし、身体の潤いを保つ麦味散顆粒と血液をサラサラにして血流を良くする冠元顆粒との併用は、

最近よく話題にのぼる夏の心筋梗塞や脳梗塞の原因

脱水症状で血液の中の水分が減少、血液ドロドロ、粘度の上昇、
血栓ができやすく、血栓が血管に付着しやすくなる事の予防の大変有効な漢方養生だと思います。

麦味散顆粒、試飲もできますので、お気軽にお問い合わせください。

秋田の漢方相談が少しでもお役に立てれば幸いです。
女性のからだ漢方相談 飯田

ワンちゃんの更年期 勉強させて頂きありがとうございます。

今日も暑かったですね。

お客様には「お痩せになりたかったら、ごはん、麺、パンはお控えくださいね」と言いながら、ラーメン好きの私。そして、ラーメンはなんと言ってもアツアツのラーメンが好きですが、今年は結構『冷やし中華』食べていますね~、今日もお昼には冷やし中華にしました。暑いんですね。明日の秋田も最高気温34℃の予報、くれぐれもお体にお気をつけください。

25

 

 本日は、春先からご相談頂いております、ワンちゃんのママがご来店くださいまして、誠にありがとうございます。
また、ブログも読んでくださているとのこと、重ねてお礼申し上げます。

ご相談のワンちゃんは、獣医さんから「○○治療の副作用の『犬の更年期』です」と診断され、エストロゲンが処方されていたワンちゃん(もうすぐ3歳)。

当時、私は、ワンちゃんの更年期の相談を受けた事がなく、皮膚科の専門講座で大変お世話になっている皮膚科の楊達先生を思い出し電話しました。
楊達先生は、本もだされているアトピーのスペシャリストですが、獣医さん達に漢方を教えている不思議なお医者さんです。

幸いにも電話がつながり、お客様の相談の相談?をすると、

「あ、それはワンちゃんの『腎虚』ですね、ワンちゃんは冷え、ノボセ?」
普通にお答えくださいますが、私は
「先生、冷えかノボセはワンちゃんにどうやって確認したらイイのでしょうか?」と効く始末。
指示通りに、ワンちゃんの手足を触り、「あ、冷え」。
腎を強くして、からだをあたためる漢方薬・参茸補血丸を選びました。
念のため飲めるかどうか試飲をワンちゃんにしてもらうと、バクバク食べてくれて安心しました事が思い出されます。

 その後、メールで経過の良い事などご報告があり、喜んでおりましたが、
「急に飲まなくなりました」とのメールを頂き、心配していましたら、本日ご来店頂き
「やっぱり、できる事は何でもしてあげようと思って、親ばかでしょう」との事(笑)
ペットフードに混ぜて飲ませてあげているようです。
やや症状が改善されつつあり、そしてとても毛並みが良くなったと喜んでおられ、
参茸補血丸は、小粒の丸剤1丸から、2丸への服用量増量をお願いいたしました。

いろいろと勉強させて頂き、ありがたく思います。

 秋田の漢方相談が、ワンちゃんにもお役に立てれば本当に幸いです。
今日、ワンちゃんに会えなかった事が心残りです

 お気軽に相談ください。 

漢方ハーブ ダイエットの秘密

毎日、蒸し暑いですね。
暑さには相当強いと自認しておりますが、眠れない夜もあり、
昨日は、いまさらながらですが扇風機を買いました。

sennpuuki


展示品(なんと売り切れ)を2500円にまけてくれました。
ありがとうございます(笑)

おかげで、暑さで目が覚めたりはしませんでしたし、お風呂上りも助かります。
扇風機の良さ実感
「もう一台買おうかな」。

 

 
漢方ダイエットハーブ、効果の秘密

 今年は、「やっぱり、あれがいいみたい」と定番・漢方ダイエットハーブティーがいまさらながら好評。
当店ではお馴染みの三爽茶(さんそうちゃ)というハーブティーです。
一日、少なくとも4,5回、空腹時に服用されるのが効果を高くするポイントです。

 三爽茶(さんそうちゃ)は、『柳茶』に、ハスの葉、スギナ、シベリア人参を配合したダイエッ卜茶で、

 柳茶(りゅうちゃ)とは、研究者も注目の生薬(ハーブ)

 柳茶(りゅうちゃ)については、『雑誌・クロワッサン』などでも紹介されております。

 (以下、クロワッサンの記事 ↓)

『柳茶』はチベット周辺の高地に自生するバラ科の植物。現地では「消化不良などに効果があるお茶」として親しまれてきました。その存在は「羊など家畜が食べると痩せてしまう」という、牧羊家にとっては迷惑な民間伝承から、門外不出に。アドレナリンと似た働きをして、蓄積された脂肪を燃やしてくれることが確かめられたのは、つい最近の事です。副作用の心配もなく、中医ダイエッ卜で欠かす事のできないハーブで、体質別のおすすめ漢方薬やハーブと組み合わせて服用すれば、より効果的です。

(以上 ↑ 記事抜粋)

 不思議な働きのダイエットハーブとして紹介されました。

 また、『内臓脂肪そうじカ』(経済界・旭丘光志著)でも『柳茶』について注目する旨が記載されており、
 以下、『内臓脂肪そうじカ』より抜粋です。  ↓

 「柳茶」は中国青海省、雲南省、甘粛省の標高3000mクラスの高地に自生する植物で、羊飼いたちは「放牧の羊など動物に食べさせてはいけない」と言い伝えられてきた。

上海中医学院の在暁立教授らは、早くからその言い伝えに注目、そのメカニズムを研究、下記の様な作用を発表している。

中性脂肪やコレステロールなど血中脂肪を下げる
脂肪分解作用(脂肪を燃やす作用)
肝障害保護作用
免疫増強、抗酸化作用

特に面白い働きが、
脂肪が粘液性変化(脂肪が溶け出して、排f世される)

など、・・・・

こうした、興味深い研究に対し、
「柳茶」は、日本の大学でも『富山大学和漢医薬学総合研究所・鹿野美弘教授』などの手で研究され、六種類の成分物質が特定された。そのうち二つは、未知の新規成分で、鹿野教授によって、“シピスコサイド" “シピスクレート" と命名された成分が、柳茶独自の脂肪を溶かし排出する働きを担っているという。

鹿野教授らの研究で五つの作用が確認された。

 Ⅰ 血糖値を下げる

Ⅱ 血中中性脂肪を下げる

Ⅲ 総コレステロールを下げる

Ⅳ 体の組織脂肪が減り体重が下がる、

ⅴ 動物実験で睾丸周囲に蓄積の脂肪が真っ先に減った。

(ⅴ)が意味するのは、直接生命維持に響かない部分の脂肪から先に溶

けるということである。

その流れでいけば溜まった内臓脂肪も先に溶け始めることになり、柳茶のメタボリツクシンドロームへの有効性が期待できる。

 以上、『内臓脂肪そうじカ』(経済界・旭丘光志著) ↑

 
確かに、脂肪が粘液性変化(脂肪が溶け出して、排f世される)魅力的な研究結果ですね。

ダイエット成功不成功

服用回数がポイントです!

 ただ、効果的と喜ばれるお客様と、実感されないお客様の差は・・・・
ブログを書きながら考えて見ると、

「なにかに服用回数かな?」と思います。

無料試飲もできます。
 ご興味のあるお客様は、
どうぞお気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

山王けやき 飯田

今日も暑いですね。熱中症予防の漢方ドリンク

今年の梅雨はとても蒸しますね。

お元気にお過しのことと存じます。

山王けやき・飯田です。

先週からサイト内に、「ブログ再開」のお知らせを作ったものの、サイト公開はいたしておりませんでした。サイトが出来ましたらすぐでも公開できるかと思っておりましたら、いろいろ準備があるものですね。

本日からサイトを公開いたしますので、どうかよろしくお願いいたします。

新サイトはモバイル対応サイトにもなっておりますので、スマートフォンからも見やすくなっております。

 

先程おいでになりました、お客様は 先日、病院で『熱中症』と診断され、病院から 「五苓散(ごれいさん)」など処方されたそうです。

もし同じものがあればとご来店されました。

五苓散、確かに熱中症には宜しい処方だと思います。

漢方では、熱中症を

「血液中の『水』が血管から出て、血液が濃くなりすぎてしまった状態」と考えます。

 治療は、

 血管から体表面にで、た『水』を、血管内にもどしてやる方向で、進められます。血液と一緒に『水』を循環させることで、体の熱を冷ますことになります。

これら治療には、代表処方として、

 【五苓散】

体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少なし、もので、めまい、はきけ、腹痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔い。

 【黄連解毒湯】

体力中程度以上で、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着かない傾向のあるものの次の諸症:鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔、血の道症、めまい、動俸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎。

 などがありますが、両方の処方が入った、

 五苓黄解というとても便利な、漢方ドリンクがあります。

goreiouge

二日酔の改善によく使われる処方ですが、熱中症予防にも効果が期待できます。

私も愛用の漢方ドリンクですが、

こちらをお客様におすすめいたしました。

どうぞお大事にされてください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。