秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

まっこ徒然ブログ リターンズ

排卵誘発中の漢方薬併用

 お客様よりFAX頂きました。

(FAXより抜粋)

〇月〇日に採卵しまして最高の11コとれました!!
今朝受精の確認をしましたらこちらも過去最高の6個の受精。
私達夫婦、今までにない最高記録に大喜びしております。

takahasisama

(お客様の許可を頂いて内容の一部を掲載させて頂いております)

ご連絡いただいて、ありがとうございます。

誘発の反応を心配されておられましたが、好反応で良かったですね。

排卵誘発をしている時期の体は、中医学(漢方医学)では

陰虚(いんきょ) 体の潤い不足
血虚(けっきょ) 血の不足
精虚(せいきょ) 腎精の不足

上記の様な状態になると考えられます。

漢方的表現はわかり難くてすみませんが、

(良い卵胞、良い内膜、良い卵のため)

排卵誘発時期は、潤い・血・精が不足傾向になりますので、

潤い・血・精を補う漢方薬が有効です。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
二至丹(にしたん)
亀鹿仙(きろくせん)

などから選択する場合が多いですが、

FAXをくださいましたお客様には、
採卵まで、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)と亀鹿仙(きろくせん)を使って頂きました。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)と亀鹿仙(きろくせん)の組み合わせは、4種類の膠(にかわ・動物性コラーゲン)を服用する事になり、他のお客さまからもとても好評です。

現在は次周期の移植に向け、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、シベリア霊子などで体調、免疫などを整えてくださっております。

お客さまご夫婦のお望みが叶います様に心から祈っております。
なにかございましたら、いつでもご連絡ください。
いつもありがとうございます。

秋田の漢方相談
山王けやき薬品 飯田

こちらの記事もどうぞ