秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

生理痛

我慢できない痛みの方も!内膜症改善のための漢方養生法

一日中強い風が吹いておりました今日の秋田。
明日の早朝の飛行機で東京へ向かい、研修予定ですが、果たして飛べるのでしょうか?
ま、行けなかったら予定外の休日ですが、
帰って来れなかったらどうしょう・・・・

子宮内膜は子宮内部の粘膜で、子宮内膜は卵巣内の卵胞の発育にともない増えるエストロゲン(卵胞ホルモン)に比例して厚くなり、排卵すると排卵後分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)が、内膜の厚さを維持する、着床しやすくするなど内膜に作用し、妊娠しないと剥がれ、溶解して経血となります。

子宮内膜症とは、子宮内膜様組織が何らかの原因によって、子宮以外の場所に形成される病気です。

子宮以外の所で内膜の増殖、剥離、出血などが繰り返されますが、子宮内の内膜組織と違い経血として排泄されませんから、体内に溜まり、生理痛・下腹部痛・腰痛・性交津痛、排尿、排便痛など「痛み」をともなう事が多く、耐え難い様な強い痛みの方おいでになります。また、場合によっては不妊症の原因にもなり得ます。

病院での治療としては、

〇 対処療法として 鎮痛剤の処方

〇 ホルモン療法  ビルなど内服、ホルモンの注射

〇 手術

などが挙げられます。

漢方での対応としては、

漢方で内膜症になりやすい方を 「血(けつ)」の巡りが悪い「お血」体質と見なしますから、

血(けつ)や気(き)の不足も考え、血や気を補う漢方薬

「血」の巡りを促進する漢方薬などをお選びして体質改善を促す事が多いです。

また、内膜症の方は免疫を調整し、体の余分な水分、老廃物の代謝を促進する作用の漢方薬も有効だと思います。

(代表処方)

婦宝当帰膠

冠元顆粒

水快宝

シベリア霊芝

相談の多い内膜症、お気軽にご相談ください

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

『漢方もイイよ』って聞いて来たんですけど 冷えと不妊

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

先程いらっしゃいましたお客さまは、
「友達から『漢方もイイよ』って言われて来たんですけど」
と当店のご常連様からのご紹介でご来店されたお客さま。

ご来店くださいまして、ありがとうございます。

お話をお伺いすると、
お子様をご希望されておられ、体調で気になるところは、
「とにかく足が冷たくて、冷たくて」。
足の冷えが気になるご様子、
そしてお足元を見ると冷え取り靴下の重ね履き・・・・

夏でも冷えでお悩みのご相談は多く、
お子様をご希望の方にとって、夏でも冷えは禁物です。

 

(冷え対策は妊娠力アップの基本)

なぜなら、冷えは、卵巣や子宮の「お血」(血の停滞)をまねきやすく、 卵巣や子宮の「お血(血の停滞)」は、卵巣、さらには卵巣内の卵胞へ十分な栄養や酸素が届かず卵胞発育へ影響、排卵の妨げになったり、同じく内膜の血流低下は、着床への悪影響も考えられるからです。
また、漢方では、「「お血=(血の停滞)」は、 子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの原因ととらえますので、「冷えによるお血」が不妊につながる病気の原因になる事もあります。

さらに、お話を伺うと

いつもいる場所が寒い(職場)
寒がりなのに、冷たいモノをよくとる
基礎体温の低温期(卵胞期)の体温が36℃以下の日もある
生理痛が強い
生理前の頭痛がひどい
など

冷えの原因になる環境や習慣
冷えや冷えによるお血が原因と思われる症状がたくさんありました。

生活習慣上のアドバイスとしては、
 足元が冷えない様にされていましたが、職場が寒いので体を冷やさない服装に気をつていただく。夏場にはお手間かもしれませんが、湯船につかる。睡眠時間、就寝時間が大事。食事の時暖かいものから食べて、「血」を補い巡りをよくする食材を食べるなどお話しさせて頂きました。

漢方薬としては、

冷えを解消、妊娠力向上のために

「血」を補う代表処方・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)をおすすめ。

漢方では「女子は血をもって本となす」
「血(けつ)」は女性の体の根本と考えます。

血が増えると気(エネルギー)も増加
さらに血は増えるとめぐる(お血の改善)
などご相談くださったお客さまにはぴったりです。
さらに「血」を増やす事は、美肌・美髪への効果が期待できます。

また、酷い生理痛。頭痛、お血をしめす舌など
やや「お血」傾向が強い判断しましたので
お血改善の代表的な漢方薬・冠元顆粒(かんげんかりゅう)も婦宝当帰膠に併せてほんの少し服用頂く事にいたしました。

お体のお悩みが解消し、ご希望が叶います様に祈っております。

(お客様の許可を頂きご相談の一部を掲載いたしました)

お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

相談無料、婦宝当帰膠、冠元顆粒など無料でお味見できます。

婦宝当帰膠 抜け毛、枝毛が減ってうれしい

降ったりやんだり、暑くなったり寒くなったり

温度調整など健康管理の難しい、今年の秋田の梅雨。
くれぐれもお体にお気をつけください。

先程いらっしゃいました、
『婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)』
服用2ヵ月のお客様よりのお声。

「かなり生理痛が軽くなった」

「生理の血がさらさらになり、塊が減った」

「抜け毛も減って、枝毛もなくなってきた」

血を補い、血の巡りをよくする代表処方・婦宝当帰膠で、痛みの軽減、経血の質改善などご実感頂いたようです。

さらに、漢方では『髪は、血のあまり』と言われ、
血を補う事は、美しい髪づくりつながると考えますが、美髪・美髪艶も喜んで頂き、
本当に良かったです。

また、「今日は、お徳用(2本入)にしたい」との事。

どうもありがとうございました。

美と健康のために婦宝当帰膠を継続的に服用される事をおすすめします、


先日訪問した、水豊かな郷、美郷町・六郷の『名水市場湧太郎(ゆうたろう)』。
『圀の誉』さんと言う、造り酒屋さん酒蔵を基に作った文化、観光施設だそうです。
先日ご縁を頂きました北海道の方のお父様が、『圀の誉』さんから出た方というお話をお聞きし、行ってみたくなり、でかけてまいりました。

kuninohomare


写真は上手く撮れておりませんが、施設内に立派な蔵が残っており、

レトロモダンな感じが素敵です。

 

IMG_1172

また、六郷といえば、有名な湧水群。
雨降り、かつ低気温でしたので、ゆっくり見れなかったのが残念ですが、少しだけ見学。

IMG_1186

IMG_1189

美しい水を眺めながら、
『ニテコの清水 流しそうめん』・・・
とっても気になるメニューも見つけましたので、
ぜひまた訪れたいと思います。

 

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
お気軽にご相談ください。

山王けやき薬品・飯田

『女性のための漢方Q&A』 美容と漢方

今日はもの凄く暑いのに、

山王『えびや』さんの“辛高菜しょうゆラーメン”を食べました。
こちらは、人気のお店だけに駐車場を確保するのが難しく、久々に寄れました。
20年間食べ続けている味。美味しいかったです。

ただ、食後は汗が止まら無かったですし、
やっぱり、毎日食べると相応に重たくなるでしょうね・・・・
たまにの方が美味しいし、美容にも良いのかもしれません。

 

 秋田タウン情報
『女性のための漢方Q&A』より

読者様よりの質問に飯田がお答えしております。

↓ ↓

 Q:

婦宝当帰膠と言う漢方の記事をよくみかけ、興味を持っています.私自身、生理痛が気になりますし生理の経血の中の塊も気になります。また「美容のために飲んでいる」という芸能人さんもいるそうですが、どの様な漢方薬なのでしょうか?

 A:

婦宝当帰膠は、北海道出身の元パリコレモデルさんが、美容と健康のために飲まれている事が維誌で紹介されたり、歌手や女優として活腫中のキョンキョンさんがお書きになっている本の中で、“小泉委員長の美と健康の素”として愛用している事を書くなどメディアへの登場が多いです。
『女性のための漢方薬』としてとてもメジャーな漢方薬となりました。

 子宝漢方』としても有名になった漢方薬

 また妊娠を望まれる方の雑誌や女性誌の不妊特集でも『子宝漢方』として婦宝当帰膠が頻繁に紹介されております。

 『女性の宝』『美容の秘薬』

婦宝当帰膠に含まれている生薬で一番多いのは、
当帰と呼ばれる生薬で、『当帰」は昔から『女性の宝」「美容の秘薬」ともよばれる生薬です。

この、当帰には、主に3つの作用があり

① 養血作用

漢方的な貧血(血虚)に対し血液を補うように働きかけ

② 活血作用

漢方的血流障害(お血)に対して、正常な血流を促す。

③ 潤腸作用

腸に潤いをつける(コロコロのお通じの方は便秘の改善にもOK)

楊貴妃も愛用コラーゲン「阿膠(あきょう)」も配合

 

また、婦宝当帰膠は当帰だけでなく、かの楊貴妃も愛用したと言われる伝説の動物性コラーゲン、「阿膠」も配合されています。阿膠は体に潤いをつける力が強いので、婦宝当帰膠を飲んでお肌プルルンは、きつと『阿膠(あきょう)』の働きです。

 また、漢方で「髪は血のあまり」、代表的な血を補う漢方薬、婦宝当帰膠を服用して髪フサフサ、髪ツヤツヤのお声もよく頂きます。

 1406 -

 以上 ↑ ↑ 女性のための漢方Q&A より

まずは、お味見ください。

婦宝当帰膠は
秋田の漢方相談おすすめ漢方薬です。

髪を豊かに、艶やかにする 漢方とは?

髪は血のあまり

髪を豊かに、艶やかにするためには『血』を増やすことが重要

漢方では、『髪は血のあまり』とも言われ、髪の毛が細くなった、少なくなった、ハリ、ツヤをうしなったなど、悩ましい症状は、「血」の不足が大きな原因の一つと考えます。

 kami

「血」が不足している状態を漢方では「血虚(けっきょ)」と呼び、髪の状態だけでなく、顔色が悪くなる、肌のツヤがなくなる、お肌が乾燥するなども、血虚の代表的な症状と言えるでしょう。

さらに、漢方の古典医学書では、

「婦人以血為主」

(婦人は血を以って主と為す)と記され、

女性にとって血は何よりも大切との考えが根底にあります。

「血」を増やす事で

「ポカポカ体が温まる」「生理がラク」「肩こりが無くな

った」「生理周期が整った」「生理前のイライラが少なくなった」「子供を授かった」などのお声も多く頂きます。

 

「血」を増やす漢方藁として代表的な処方としては、女性の宝「当帰」や、かの楊貴妃も愛用したと言われる、伝説の動物性コラーゲン『阿膠(あきょう)』配合の『婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)』などが有名です。漢方の常識をくつがえす、甘くて美味しい漢方藁を、ぜひご試飲ください。

詳しくはお気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役立てれば幸いです。