秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

美肌と漢方

女性の大敵、皮膚のトラブルはありませんか?

秋田の漢方相談 山王けやき薬品・飯田です。

好天の続いたGWもあっと言う間に終わり、やや肌寒いお天気のここ数日の秋田。

「9連休後の今週が辛い・・・・」などのお声もチラホラお聞きします。

今週も半ばを越えました、お体に気をつけてがんばりましょう。

 

美しいお肌は、女性の切なる願い、

シミ、シワ、お肌の乾燥、たるみなど

『お肌のトラブル』は女性の大敵と言えるでしょう。

今日は、女性の大敵、皮膚のトラブルについて述べたいと思います。


美しい素肌をキープするためには、生理周期によるホルモンバランスの変化など女性特有の身体の特徴や皮膚老化のプロセスなど理解し、それに合った生活や養生をする事が肝心です。

女性は、年齢と共に生理的な老化、皮膚の老化が進みやすくなり、
一説には、皮膚の老化は25歳から!?

いわゆる『お肌の曲がり角』ですね。

その後、年齢と共にシワ、シミ、たるみなどのお肌トラブルにお悩みになられる方が多く、

60 歳を過ぎた辺りから、特に皮膚が薄くなり、弾力も低下、乾燥してきます。

ただ、個人差はあります。

50歳でも30歳のお肌を持つ美肌美人から、
反対にお若くともお肌トラブルで深く深くお悩みの方もおいでになります。

漢方では、「肌は内臓の鏡」と表現し、肌は体の内側を反映していると考えます。

つまり漢方では『美しい素肌』は、お体の健康、内面の美しさの象徴ととらえている訳です。

また漢方では、皮膚に栄養や潤いを与える『血(けつ)』の充実が、皮膚の健康度を決めると考え、さらに女性の活動をふくめ全て「血」に支えられていると考えます。

血の不足や血の巡りの停滞は、お肌のトラブルを誘発するだけでなく、女性の生理的なことすべてに影響してきます。

血を増やし、血の流れを良くする事が、
皮膚ばかりでなく女性のお体のお悩み解消の基本です。

漢方薬としては、

「血」を増やす代表的な、甘くて美味しい漢方薬
「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」や
お肌に潤いハリをみなぎらせる
「亀鹿仙(きろくせん)」などが好評です。

美しい素肌を保つための正しい養生法としては、

1. 規則正しい生活
2. 適度な運動
3. 冷えに気をつける
4. ストレスに留意
5. 偏食をしない
6. 十分な睡眠
7. 紫外線に(凄く)気をつける

などです。

また、皮膚のトラブルには、アトピー性皮膚炎、こどもの皮膚炎、老化に伴う皮膚病、ニキビ、水虫など、多くの種類がありますし、季節によっても体調の変化とともに対処法は違ってきます。

生活養生、お食事の養生なども含め、あなた様に合った漢方薬をご提案いたします。

ご相談、お味見だけでも結構です。
お気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

女性の心や体の悩みの根本は「血流」

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

先週日曜日、秋田卸売市場で開催された『市場祭り』に行ってまいりました。
実は割と近所に住んでいるのですが、卸売市場ですから入る機会が有りませんでした。
初めて入りました。

市場祭り

混雑の写真は撮れませんでしたが場内は行き来もままならないほどのにぎわい。
「え!年末のアメ横」と言った感じでした。

そして、市場内ではこれでもかと言うくらいの試食サービス。

長いも、とんぶり、キュウイ、バナナ、梨、ハム、かまぼこ、うどん、おでん、たまこん、うどん、筋子、さきいか・・・さらに数品目の試食
こんなに試食をさせてもらったのは生まれて初めてかもしれません。
これだけでお腹がいっぱいになりました(笑)。

少しづつですが購入もさせて頂き、なかでも
収穫したてのとんぶり・「秋泉」と言う梨・いくら(味がついてないモノ)
などが、特に美味しかったです。

予想以上に楽しかったので、来年も必ず行きたいと思いました。


最近話題の本
「血流がすべてを解決する」
読んでみてすごく共感しました。

と言いますか、私自身もずっと当たり前のように思っていたことです。

本になって読んでみて、著者に伝え方の大切さを再認させられました。

 

私も

女性の心や体の悩みの根本は、

〝血流〟だと思います。

人間の血管は毛細血管など微小な血管も含めると総延長10万キロと言う想像もつかない長さで、体のすみずみや内臓にも張り巡らされ、血流が全身にある60兆あまりの細胞に酸素や栄養を届けているからです。
血管の99%は毛細血管です。毛細血管は40代から顕著に減り始め、60歳を過ぎるころにはもっとも毛細血管が多い時の40%ほどになるのではと言う研究もあります。

年齢を経るにしたがって気になりはじめる

シミ

シワ

たるみ

などは、

(毛細血管の減少) → (血液の流れの低下) → (細胞に酸素や栄養が届けられない)

血流の減少に大きな原因があるのは間違いないでしょう。

また、毛細血管の減少は体の外側からと言われますから、毛細血管の減少は、血流の減少させ、外見の経年変化の大きなファクターになっているのでしょう。

『血は女性の体の基本』

元来、漢方では 〝血(けつ)〟を単に血液としてとらえるのではなく、血流も含め、心や体を支えるの大きな要素としてとらえ、

〝血(けつ)〟を

『血は女性の体の基本』と重要視する考えが根底にあります。

さらに漢方的な観点で血流を述べると

『血液サラサラ』にするだけでは良くなりません。

〝血〟そのものを増やす、漢方的には『養血(ようけつ)』が血流を増やす第一歩となるでしょう。

いよいよ寒くなるこの季節、冬の備えに

〝血(けつ)〟を作る、増やす、流す

漢方養生がおすすめです。

お客様の体質、症状によって服用する漢方薬は変わりますが、

“甘くておいしい漢方薬” 

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)などは会う方が多いです。

まずは無料でお味見ください。

ご相談、お味見だけでも結構です。
お気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

婦宝当帰膠 抜け毛、枝毛が減ってうれしい

降ったりやんだり、暑くなったり寒くなったり

温度調整など健康管理の難しい、今年の秋田の梅雨。
くれぐれもお体にお気をつけください。

先程いらっしゃいました、
『婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)』
服用2ヵ月のお客様よりのお声。

「かなり生理痛が軽くなった」

「生理の血がさらさらになり、塊が減った」

「抜け毛も減って、枝毛もなくなってきた」

血を補い、血の巡りをよくする代表処方・婦宝当帰膠で、痛みの軽減、経血の質改善などご実感頂いたようです。

さらに、漢方では『髪は、血のあまり』と言われ、
血を補う事は、美しい髪づくりつながると考えますが、美髪・美髪艶も喜んで頂き、
本当に良かったです。

また、「今日は、お徳用(2本入)にしたい」との事。

どうもありがとうございました。

美と健康のために婦宝当帰膠を継続的に服用される事をおすすめします、


先日訪問した、水豊かな郷、美郷町・六郷の『名水市場湧太郎(ゆうたろう)』。
『圀の誉』さんと言う、造り酒屋さん酒蔵を基に作った文化、観光施設だそうです。
先日ご縁を頂きました北海道の方のお父様が、『圀の誉』さんから出た方というお話をお聞きし、行ってみたくなり、でかけてまいりました。

kuninohomare


写真は上手く撮れておりませんが、施設内に立派な蔵が残っており、

レトロモダンな感じが素敵です。

 

IMG_1172

また、六郷といえば、有名な湧水群。
雨降り、かつ低気温でしたので、ゆっくり見れなかったのが残念ですが、少しだけ見学。

IMG_1186

IMG_1189

美しい水を眺めながら、
『ニテコの清水 流しそうめん』・・・
とっても気になるメニューも見つけましたので、
ぜひまた訪れたいと思います。

 

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
お気軽にご相談ください。

山王けやき薬品・飯田

亀鹿仙(きろくせん)をおすすめしました。

漢方薬のご照会を頂きました。

本日おいでくださいましたお客様は、
スマートフォンを見せてくださり

「この『宝なんとか』の漢方薬ってありますか?」

画面を見せて頂くと、子宝漢方相談で特に有名な漢方薬局のオリジナルサプリメント。

老〇鏡をかけて良く見ると、

「『周期調整法』の発案者・南京中医薬大学の夏桂成教授の研修を受けた際、卵の質向上には『亀板(きばん)』が有効と教わり、開発に至った」旨、書かれております。

亀板(きばん)とは、亀由来の膠(にかわ)、動物由来コラーゲン。
とても有効な生薬です。
ただ、当店にもこの亀板(きばん)を用いた製品が有りますので、そちらをお奨めしました。

効き目が早いのが魅力の漢方薬『亀鹿仙(きろくせん)』です。

液状タイプの甘酸っぱいお味も好評で、
勿論、お問い合わせのお客様にも試飲して頂き
「おいしい」と言って頂きました。

さらに、亀鹿仙は、亀板だけでなく、鼈甲膠(スッポンの甲羅)、鹿角膠という三種類の動物性生薬を原料に作られた豪華処方。

 

ohada

 

『亀甲・鼈甲・鹿角のチカラ』によると

不老長寿の象徴
(亀甲)(鼈甲)
滋養強壮の元
(鹿角)

の服用は、

加齢と共に不足していく腎精を補い、
腎気を高めることで、
老化を防ぎ、心身を若々しく保ちます

と書かれております。

難しい表現ですが、ロウソクの例えも記載されており

ロウソクの蝋 → 腎精(じんせい)
ロウソクの火 → 腎気(じんき)

亀甲・鼈甲・鹿角の服用は、
年齢とともに消耗される「腎精(じんせい)」を補い、
生命の光を燃え上がらせます事がイメージできます。

 

『亀鹿仙(きろくせん)』を服用してお聞きするお声としては、

「ノボセが軽くなった」
「夜のおしっこが長くなった」

(ホットフラッシュ、冷えノボセ、頻尿、夜間尿、寝汗)
などのお悩みの方にも喜ばれますし、
効き目の早さに驚きます。

また、お肌がプルプル、ツヤツヤ・髪ピカピカ
お肌や髪にに潤いや弾力を与えるなど
(美容効果)
やっぱり抜群です。

(妊活応援で使わせて頂く場合)

基礎体温が全体的に高め
低温期が短め
オリモノの分泌が少ない
FSH上昇
性欲減退
性交痛がある

などの場合は低温期を中心に服用をお奨めする事が多いです。

さらに、亀甲・鼈甲は、

「軟堅散結(なんきんさんけつ)」
堅い組織を軟化して消散させる作用があり、
 (子宮筋腫、子宮筋腫の気になる方)
へもお出ししております。

先ずは、無料試飲をお試しください。
試飲だけの方も多いです(笑)
お気軽にお申し付けください。
1包からもお求め頂けます。

秋田の漢方相談
山王けやき薬品 飯田

 

美容と漢方 シミ、くすみ編

今日から秋田竿灯まつり開催です。
先程は、お祭りの太鼓をたたくお嬢さんがテーピグをお買い求めにおいでになりました。
今日も暑くなりそうですので、くれぐれもお気をつけ下さい。
そして、晴れの日の本番、がんばってくださいね。

秋田タウン情報さんに掲載して頂いた 『女性のための漢方Q&A』

〝美肌と漢方“ より 『お肌のシミ、たるみ編』をブログで書かせて頂きましたが、

今回は、『シミ、くすみ編』

シミ

実は、『シミ、くすみ編』書く前に、土曜日“シミで悩む美人ランナー”の相談を受けてしまいました。
初めて来てくださいましたお客様に
「今日は何をみて来てくださいました?」とお尋ねしましたら、
「ホームページを見て来ました」との事。
『シミ、くすみ編』も続編で書こうと思っておりましたから、
心のなかでは、「あちゃ・・・・」
しかも、ちょっと急ぎの仕事の途中で、立ったままの説明になってしまい、対応が不十分だったように思います。
どうもすみませんでした。反省。

〝美肌と漢方“ 『シミ、くすみ編』

シミ・くすみなどができやすい方は、
漢方的な体質で、血の流れが滞る、「お血」体質の方が多いと言われています。

「お血」体質の方は、シミ。くすみの他に
外側の状態として ↓

目の下のクマ、唇が紫色
手足先、爪の色が黒ずんでいる
舌は色が暗赤色や紫色のシミがある
舌の裏側の静脈が、暗紫色で怒張
なども同時に見える事が多いです。

肩がこる
手足の冷えがある
頭痛・生理痛
経血が黒ずみ、塊が生ずる

などの症状も併せ持つ場合も多く見受けらます。

食養生としては、
様々な媒体で紹介されていると思いますが、
タマネギや青魚など血をサラサラにする効果があると言われている食品摂取を心がける、食べ過ぎない。

勿論ですが、UVケア、保湿は絶対必須。
毛細血管の血流をスムズにして老廃物を排池させるようなマッサージ、パックを併用するともっと宜しいかと思います。

漢方薬の服用では、
血を補い血行を良くする『婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
血流改善に効果のある『冠元顆粒(かんげんかりゅう)』などが代表的な処方と言えるでしょう。

また、気(体を守るエネルギー)の不足も、お血の原因になります。

気を補い、からだの潤いも増やす『麦味散顆粒(ばくみさんかりゅう)』も有効です。

また、漢方美容の第一人者・楊暁波(ようきょうは)先生は、『週刊・女性自身』のインタビューに「奇跡の果実と謳われる沙棘は、年代を越え、あらゆる肌質の女性に効果を発揮する漢方生薬です」と答え、沙棘(サージ)の抗酸化力は、シミ、くすみに大変有効だとおっしゃっております。この沙棘から取り出した沙棘油100%オイルが 「紅沙棘」(ホンサージ)。飲みやすいソフトカプセ ルになっております。

さらには、鹿角・亀板・鼈甲などリッチな動物性コラーゲン配合、話題のアンチエイジング漢方『亀鹿仙(きろくせん)』は、とにかくからだに潤いをつけますし、動物性のモノは効き目も早く、速攻でお肌プルプル。シミ・くすみは勿論お肌の乾燥とも重要な関係にあります。

また、炎症をおこしている様なら炎症をとる漢方薬なども必要かと思います。

詳しくは、どうぞお気軽にご相談ください。
血行を改善させて透明感のある肌を取り戻しましょう。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

秋田発女性のからだ漢方相談 店主・飯田