秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

アーカイブ

けやき徒然・夏号 作成中です。

昨日から続く激しい雨で、秋田県内各地で
土砂災害警報や洪水警報などが出ているそうです。

くれぐれもお気をつけ下さい。

こんなお天気なのにご来店くださいますお客様に感謝いたします。

また、先程も電話がありましたが
「行こうと思っていましたけど、雨が強くて、送ってください」
こんな場合もご遠慮なくお電話でお申し付けください。

写真徒然 

 昨日より当店の大切なお客様にお送りしております

『けやき徒然だより 2015年 夏号』

作成を開始しました。

ホームページの記事の書き直しばかりやっておりましたので、
けやき徒然の執筆は楽しく感じます。

お気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

『腎(じん)』の力を強くする 不妊と漢方

「私、腎の力をつける漢方薬が飲みたいんです」

先日、お客様がおっしゃったお言葉。
お子さまをご希望され、不妊治療をお受けになっております。

その日は、オレンジページから出ている『妊娠力が気になる人の漢方的養生ブック』をお持ちになられておりましたが、漢方に興味があり、いろいろな雑誌の漢方特集を精読されておられるそうです。

 「自分なりに、(ご自分の)体質を考えて、あと、毎日自分の舌も見ているのですが、『陰虚』で『血虚』、それに『お血』傾向だと思うのですがどうでしょうか?」

 相談

 

 症状をお聞きしたり、舌を拝見すると

確かに、

陰虚(いんきょ)【からだの潤いの不足】

血虚(けっきょ)【血の不足】

お血(おけつ)【血の流れの滞り】

など感じられます。
ご自分のからだの事とはいえ、感心しました。

 更に、ご自分で研究されて、ご自分に合うと思う漢方が、

陰虚(いんきょ)【からだの潤いの不足】に対して、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

血虚(けっきょ)【血の不足】婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

お血(おけつ)【血の流れの滞り】冠元顆粒(かんげんかりゅう)

 ↑ 凄く良い選択だと思いますし、

「私、腎の力をつける漢方薬が飲みたいんです」

 腎の力をつける漢方薬の代表処方が、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)ですから、

ホント、大したものですね。

あんまりお客様に勉強されると、私の立場が・・・・

 

 『腎』の漢方的はたらきとは?

漢方医学で『五臓』の『腎』

発育、ホルモンの分泌などの働きを司る臓器と考えられています。
「腎」の力は年齢とともに弱くなり、睡眠不足、冷え、喫煙などの生活習慣も「腎」にダメージを与えます

腎の力が弱くなる事を漢方では『腎虚(じんきょ)』と呼び、

腎虚は

体の冷え、腰痛、頻尿などの症状が多く、
さらに、卵の質、着床、妊娠継続に影響が出るなど妊娠力低下の大きな原因となります。

 腎の力をつける漢方薬とは、

腎気・腎精を補い、『腎』の働きを助ける『補腎薬(ほじんやく)』と呼ばれる漢方になります。

代表処方には、

 「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」

「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」

「双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)」

「二至丹(にしたん)」

などがあります。

 

補腎薬は、
卵の質を高めるための『補腎』

着床を助ける『補腎』

 さらには、漢方で、『腎は成長を司る』と考えますので、
妊娠を継続させる『補腎』(妊娠中の補腎)も重要です。

補腎薬も、 お体の状態、基礎体温の状態、ご年齢などで、

低温期・高温期など周期に応じて飲み分けて頂く事があります。

また、『男性の腎虚』は精子・精液の問題や性欲低下など男性不妊の根本的問題と言えるかもしれません。

そして、腎の力が弱くなる
腎虚(じんきょ)= 老化
と論じる専門家も多く、

腎の力を強くすることは、アンチエイジングとも言えるでしょう。

 

詳しくは、お気軽にご相談ください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

『女性のための漢方Q&A』 美容と漢方

今日はもの凄く暑いのに、

山王『えびや』さんの“辛高菜しょうゆラーメン”を食べました。
こちらは、人気のお店だけに駐車場を確保するのが難しく、久々に寄れました。
20年間食べ続けている味。美味しいかったです。

ただ、食後は汗が止まら無かったですし、
やっぱり、毎日食べると相応に重たくなるでしょうね・・・・
たまにの方が美味しいし、美容にも良いのかもしれません。

 

 秋田タウン情報
『女性のための漢方Q&A』より

読者様よりの質問に飯田がお答えしております。

↓ ↓

 Q:

婦宝当帰膠と言う漢方の記事をよくみかけ、興味を持っています.私自身、生理痛が気になりますし生理の経血の中の塊も気になります。また「美容のために飲んでいる」という芸能人さんもいるそうですが、どの様な漢方薬なのでしょうか?

 A:

婦宝当帰膠は、北海道出身の元パリコレモデルさんが、美容と健康のために飲まれている事が維誌で紹介されたり、歌手や女優として活腫中のキョンキョンさんがお書きになっている本の中で、“小泉委員長の美と健康の素”として愛用している事を書くなどメディアへの登場が多いです。
『女性のための漢方薬』としてとてもメジャーな漢方薬となりました。

 子宝漢方』としても有名になった漢方薬

 また妊娠を望まれる方の雑誌や女性誌の不妊特集でも『子宝漢方』として婦宝当帰膠が頻繁に紹介されております。

 『女性の宝』『美容の秘薬』

婦宝当帰膠に含まれている生薬で一番多いのは、
当帰と呼ばれる生薬で、『当帰」は昔から『女性の宝」「美容の秘薬」ともよばれる生薬です。

この、当帰には、主に3つの作用があり

① 養血作用

漢方的な貧血(血虚)に対し血液を補うように働きかけ

② 活血作用

漢方的血流障害(お血)に対して、正常な血流を促す。

③ 潤腸作用

腸に潤いをつける(コロコロのお通じの方は便秘の改善にもOK)

楊貴妃も愛用コラーゲン「阿膠(あきょう)」も配合

 

また、婦宝当帰膠は当帰だけでなく、かの楊貴妃も愛用したと言われる伝説の動物性コラーゲン、「阿膠」も配合されています。阿膠は体に潤いをつける力が強いので、婦宝当帰膠を飲んでお肌プルルンは、きつと『阿膠(あきょう)』の働きです。

 また、漢方で「髪は血のあまり」、代表的な血を補う漢方薬、婦宝当帰膠を服用して髪フサフサ、髪ツヤツヤのお声もよく頂きます。

 1406 -

 以上 ↑ ↑ 女性のための漢方Q&A より

まずは、お味見ください。

婦宝当帰膠は
秋田の漢方相談おすすめ漢方薬です。

今日も暑いですね。熱中症予防の漢方ドリンク

今年の梅雨はとても蒸しますね。

お元気にお過しのことと存じます。

山王けやき・飯田です。

先週からサイト内に、「ブログ再開」のお知らせを作ったものの、サイト公開はいたしておりませんでした。サイトが出来ましたらすぐでも公開できるかと思っておりましたら、いろいろ準備があるものですね。

本日からサイトを公開いたしますので、どうかよろしくお願いいたします。

新サイトはモバイル対応サイトにもなっておりますので、スマートフォンからも見やすくなっております。

 

先程おいでになりました、お客様は 先日、病院で『熱中症』と診断され、病院から 「五苓散(ごれいさん)」など処方されたそうです。

もし同じものがあればとご来店されました。

五苓散、確かに熱中症には宜しい処方だと思います。

漢方では、熱中症を

「血液中の『水』が血管から出て、血液が濃くなりすぎてしまった状態」と考えます。

 治療は、

 血管から体表面にで、た『水』を、血管内にもどしてやる方向で、進められます。血液と一緒に『水』を循環させることで、体の熱を冷ますことになります。

これら治療には、代表処方として、

 【五苓散】

体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少なし、もので、めまい、はきけ、腹痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔い。

 【黄連解毒湯】

体力中程度以上で、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着かない傾向のあるものの次の諸症:鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔、血の道症、めまい、動俸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎。

 などがありますが、両方の処方が入った、

 五苓黄解というとても便利な、漢方ドリンクがあります。

goreiouge

二日酔の改善によく使われる処方ですが、熱中症予防にも効果が期待できます。

私も愛用の漢方ドリンクですが、

こちらをお客様におすすめいたしました。

どうぞお大事にされてください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

飲む美容液 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

飲む美容液

『女性の宝』当帰たっぷりの甘くて美味しい漢方薬。

 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)に多く含まれる「当帰(とうき)」という生薬は、漢方では『女性の宝』と呼ばれており、冷えや生理痛、生理不順、貧血、更年期障害に効果的です。

漢方では、診断の際、『気』『血』『水』という三つの要素章に分けて見立てを行いますが、当帰はこのうちの特に『血』の不足、『血虚(けっきょ)』に特に有効な補血の生薬です。
『血虚(けっきょ)』は、顔色が悪くなる、お肌のツヤが無くなる、髪にツヤがなくなる、爪がいびつになる、など見た目の変化にもつながりますので、それを改善する、婦宝当帰膠など、血を補う漢方薬は飲む美容液と言えるでしょう。

nomubiyoueki

 

また、冷えや疲れ、生理不順など女性特有のからだの悩みは、『血』の不足が関係している事が多く、女性で血が余っている人は多くないので、女性の健康を保つ上で『血』を補うのは、とてもメリットがある養生と言えます。

甘くて、おいしい、飲む美容液漢方を一度お試しください。

試飲だけでも構いません。

お気軽にご相談ください。