ブログ

どうして更年期太りに…?

秋田の漢方、女性のお悩み相談
山王けやき薬品・飯田です。

更年期障害は加齢に伴う女性ホルモン(エストロゲン)の分泌減少が原因の不定愁訴、本当に様々な症状が発現します。

更年期障害にまつわる諸症状としては
 
【自律神経の乱れ】

発汗、ほてり、ホットフラッシュ、動悸、冷えのぼせ

【血行障害による症状】

肩こり、頭痛、手足の冷え、手足の痺れ、血圧上昇、動脈硬化

【精神神経症状】

不安、イライラ、落ち込み、焦燥感、不眠

【その他エストロゲン分泌低下にまつわる不調】

性欲減退、膣の乾燥、精交痛、髪のツヤがなくなる、薄くなる、体重増加



どうしてコレステロールが上がったの?
え、体重が…

上記の様に、様々な症状が出る更年期ですが相談で多いのが

「なにをやっても痩せない…、更年期太りかしら?」
と言うモノ

今まで体重で悩んだこともないのに、さらには食事に注意して、運動習慣もあるのに体重が増加傾向と言う悩み。
悔しそうに相談される方も…

コレステロール、中性脂肪と体重

コレステロールや中性脂肪など血中の脂肪は、男女問わず、ある一定の年齢を超えると、基礎代謝が低下し脂肪を燃焼しにくくなり溜まりやすくなります。
コレステロール、特にLDL(悪玉コレステロール)の増加は動脈硬化を引き起こし、血圧が上がる原因にもなりますし、LDLの増加は、HDL(善玉コレステロール)の生成を減らしたり、中性脂肪の増加の一因となり、中性脂肪の増加は皮下脂肪、内臓脂肪増加などの直接的な要因になります。

女性ホルモンと体重の関係

さらに更年期の女性の場合は、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌低下状態にありますから、エストロゲンの原料たるコレステロールの血中濃度は否応なく上昇傾向となり、動脈硬化、中性脂肪増加の増加につながり、体重増加、体型の変化に…

女性らしさ、女性の美しさ、女性の健康維持などと深い関係があるエストロゲンですが、体重、体型とも大いに関係が有ります。

更年期太り漢方的対応

 コレステロールや中性脂肪の上昇を、漢方では血流が低下する『お血』と見なします。また、更年期はストレスコントロールやメンタルを安定させる五臓の『肝(かん)』の機能が低下、ストレス過多『気滞(きたい)』になりやすいです。さらに皮下脂肪や内臓脂肪を『痰湿(たんしつ)』と漢方では呼びます。

そして、漢方医学では

お血 → ネバネバ血、血流低下
気滞(きたい)→ ストレス過多
痰湿(たんしつ)→ 体に中の余分な水分

この3要素が肥満の原因と考えますから、

それら要素が絡み合う更年期太り侮れません。

  • お血を改善
  • ストレスを改善する
  • 痰湿を取り除く

などの漢方薬や生薬を食事や運動にあわせて取り入れる事もダイエットに繋がります。

どうぞお気軽にご相談ください。

漢方で妊娠に一歩でも近づけたら

秋田の漢方、女性のお悩み相談
山王けやき薬品・飯田です。

「漢方で妊娠に一歩でも近づけたら」

多くのお客様からご相談頂くテーマです。



【漢方的妊娠力アップ 3つのポイント】

漢方における「妊娠力アップ」のポイントを3つにしぼると

1:『血(けつ)』を増やして巡りをよくする

2:『腎(じん)』をいたわる

3:『陰陽(いんよう)』のバランスを整える

などがあげられます。

>血を増やして巡りをよくする

『血(けつ)』は、
心身のエネルギー:『気(き)』
体の潤い:『水(すい)』
身体を構成し、全身を巡る『気・血・水』の3つの重要要素の一つで、

 「血(けつ)」は、
『血液そのモノ』に併せて、『血液の体の末端まで、栄養や熱、ホルモンを届ける』などの働きも含めた総称。

『 血の不足』・『血の巡りの低下』は
卵胞発育、子宮内膜の 肥厚化、さらには排卵、着床までマイナスの作用を及ぼします。

 >腎をいたわる

漢方で『腎(じん)』とは、
ホルモン分泌や生殖、精力などを主る臓腑と考えられ、「腎」の働きが悪くなると「妊娠力」の低下につながります。そして「腎」は、ストレス、過労、加齢などでダメージを受けやすく、

年齢による妊娠力低下の根本は、

腎の働き低下=腎虚(じんきょ)にあります。

>陰陽のバランスを整える事 

また、漢方で
「陰陽(いんよう)」とは、

寒と熱
暗と明

 など、
「からだを含めたすべての事象では、相対する物事で構成される」と考える漢方特有の考え方で、陰陽(いんよう)のアンバランスが体の不調を招くと考えます。
この陰陽バランスの乱れが妊娠力低下へ導く一例としては
「陰(いん)」の不足 → 卵胞の発育不全
「陽(よう)」の不足 → 着床へ悪影響
などあり、
陰陽のバランスをとる事を重要視しています。

【漢方的妊娠力アップ 漢方薬】

お時間を頂戴して、体質や症状を伺う、基礎体温を拝見するなどしながら、

  • 血を補う
  • からだのエネルギー「気(き)」や血を巡らせる
  • 腎の力を補う
  • 過剰な要素を抑える

などあなたに合った漢方薬を提案いたします。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

秋田の漢方相談がお役に立てれば本当に幸いです。

のぼせ、顔汗が漢方で改善

秋田の漢方、女性のお悩み相談
山王けやき薬品・飯田です。

更年期障害は、
加齢によるエストロゲン(排卵まで増える女性ホルモン)の分泌減少を根本原因とする
不定愁訴(明確な原因がない身体の不調)
心やからだ、本当に様々な症状があらわれます。

 

どうして、私だけ汗が…」

先日ご相談頂きましたお客様は

「とにかくイライラする」

「みんな寒いのに、私だけ暑い…」

「顔からの汗が、気になって、気になって…」

【イライラ】【のぼせ】【顔からの発汗】のお悩みでのご相談でした。

また、「これってやっぱり更年期」ともおっしゃつていましたが
生理も一月に2回来たり、あるいは3か月来なかったりと不順
さらには52歳と言う年齢を考えると
お悩みの原因は更年期によるものと思われます。

【漢方で考える更年期障害】

漢方で考える更年期の原因としては、

加齢による「血(けつ)」や「陰(いん)」の消耗により、余分な熱を冷ますことが出来なくなり、首より上に熱が集まりやすくなり、のぼせ、ほてり、発汗と言った不快な症状が引き起こされると考えます。

また、漢方で更年期は、加齢により、ホルモンや生殖を司る臓腑(ぞうふ)「腎(じん)」の力が衰える事によると考えます。

さらに、『腎(じん)の衰え』を漢方医学の哲学『五行説』で考えると

腎は肝のお母さん

腎は肝をサポートする存在で、加齢による腎の働き低下は、肝の働きも弱くします。
漢方で言う五臓の『肝(かん)』は、ストレスコントロール、メンタルを安定させる働きをしますから、

肝が弱くなる=ストレスに弱くなる=イライラ、クヨクヨ、やる気がおきない

このような流れになりがちに…

【漢方薬でお悩み解決】

そして、こちらのご相談者様には

〇 血を増やし、ホルモンバランスを整える
〇 気の流れ、血の流れを良くする
〇 からだの潤い補う

などの漢方薬をお出ししましたら、一週間ほどで
「のぼせが楽になってきた」
「イライラが減った」
「なにより、顔の汗おさまってきてる」
と喜びのお声。
少しでもお役に立てて良かったです。
 
【イライラ】【のぼせ】【顔からの発汗】などお悩みの症状が、これでもう今後無くなるとは申しませんが

お体を整えながら『女性の難所』更年期を乗り越えましょう。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

お気軽に相談ください。

PMS 実は漢方の得意分野です

秋田の漢方、女性のお悩み相談
山王けやき薬品・飯田です。

生理前に決まって現れる心身の不調は、月経前症候群・PMSと呼ばれる女性特有のお悩み

・むくみ、めまい、だるさ
・腹部、ムネのハリ
・頭痛、腹痛、腰痛などの痛み
・イライラ、抑うつ、不安

など様々な症状がでます。

そして、実際に相談をお受けすると、多くの女性が月経前症候群・PMSで悩まれておられる事に驚きます。

PMSの原因 諸説あり

PMSの原因は諸説あり、ハッキリとしない部分がありますが、原因の根本は生理前のホルモンバランス変化にあると思われます。

 生理前の大きなホルモン分泌の変化としては、

 卵胞ホルモン(エストロゲン)
黄体ホルモン(プロゲステロン)などの急激な減少があげられ、

更年期障害の根本原因が、エストロゲンの分泌低下であることから、生理前は毎周期おこる小さな更年期とも言えます。

また、PMSの症状で特に【生理前のムネの張りが強い】方の基礎体温は、生理開始後に低温期に移行する場合が多く、

【卵胞 → 黄体化】で分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)の減少が遅く、
乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)ともPMSは関係していると思われます。

 病院でのPMSへの対応

PMSの病院での対応としては、お薬をだす治療がメインで、ピルなどを投薬される事もあります。

漢方でのPMSへの対応

漢方では、PMSがおきやすいのは、体に栄養や潤い、ホルモン、熱を全身に届ける『血(けつ)』ならびに、それを動かすエネルギー『気(き)』、その両方の流れが悪い事が原因と考えます。そして、漢方では、『気(き)』や『血(けつ)』などの流れのバランスを調節したり、ストレスコントロールをする臓器を『肝(かん)』と捉えます。


PMSへの漢方対応 
      
・気(き)の流れを良くする → 疏肝理気(そかんりき)の漢方薬
・血(けつ)を補い、ホルモンバランスを整える → 養血調経(ようけつちょうけい)の漢方薬、
・血(けつ)の流れを良くする → 活血(かっけつ)の漢方薬
などの漢方薬を症状や体質に合わせてご提案いたします。

 

月経前症候群・PMSは漢方薬の得意分野
お気軽にご相談ください。

お盆休暇 ご案内

お盆休暇のご案内

北国秋田でも、連日の猛暑が続いております。特に秋田県内陸部では目を疑うような気温に…
今年の夏の暑さは危険ですね。
くれぐれもお気をつけください。

当店では、

8月13日(金曜日)~8月15日まで

お盆休みを頂きます。
ご不便、ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

8月16日(月曜日)より通常営業させて頂きます。

◆秋田市プレミアム付商品券使えます◆

8000円で10000円分のお買い物ができる秋田市プレミアム付商品券が発売中。とってもお得です。
商品券は大型店でも使える『共通券』
規模が小さいお店だけで使える『中小規模専用券』
で構成されいおりが、当店ではどちらもご利用になれます。
商品券は売り切れの販売店もあるようですが、まだまだ買える販売店もある様子、
お得な機会をお見逃しなく。

横手のスイカ



写真は、毎年横手の姉から送られてくるスイカ。食べると嘘のように涼しくなる、まるで天然の漢方薬。
今年は来るのが待ち遠しかったです。

ページトップへ