秋田発 “女性のからだ漢方相談” /漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期のお悩みは秋田市の山王けやき薬品

カテゴリーの記事一覧

子宝漢方

卵がよみがえる生薬とは!

気がつけばもう9月、朝晩涼しくなりましたね。

澄み渡る快晴の今日の秋田は、まさに秋晴れ。
秋の訪れを感じさせます。

 

本日送付されてきた資料は、先週の日曜日開催された『中医不妊症専門講座スクーリング』のレポート。

十年以上続けて参加しているスクーリングですが、今年はスケジュールが合わず行けずにとても残念です。

スクーリングの主な講師の一人は、

卵子はよみがえる「不妊治療」の先の真実 (小学館新書)        

の著者・小杉好紀先生。

 


 
 
 
レポートによると講義では、

>医学的には卵の老化を防ぐすべがないと言われてきたものの
>ES細胞やIPS細胞からも卵子細胞ができる時代になった
>従って、閉経に近い女性の卵巣の卵がよみがえる事も不可能ではないと

などの言及があったとの事。
 
なんて興味深いお話なのでしょう。
 やっぱり行けば良かった・・・・。


また、スクーリングのレポートでは、
 
小杉先生の話をうかがい、漢方/中医学的に考えると

漢方薬の原料の生薬では
『丹参(たんじん)』
『卵のよみがえり』に対し有効なのではと推測しておりました。

そのメカニズムとしては大きく2つ

①『丹参(たんじん)』が、原始卵胞の発育を活性化させるPI3K-Aktシグナル伝達経路に作用する。

②卵の老化にはAGEs(終末糖化産物 → からだの中のコゲ)が大きく関係していて、AGEsの抑制効果が期待できる代表生薬が『丹参(たんじん)』である。

などの事から、
『卵のよみがえり』の手助けになると思われる旨レポート。

 

漢方/中医学の知見では、卵巣機能改善、卵の質改善で重要視するのは3つのポイントは

補腎(ほじん)(腎の力を補う)

養血(ようけつ) 血そのモノを補い、増やす

活血(かっけつ) 血の流れを良くする

 

血の流れを良くする「活血」の漢方薬のもっとも代表的な処方として、
「丹参(たんじん)」主薬の冠元顆粒(かんげんかりゅう)がありますが、
あらためて優れた漢方薬だなと思います。

詳細はお気軽にご相談ください。


秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。
 

 

漢方的妊活 3つのポイント

秋田の漢方相談
山王けやき薬品・飯田です。

熱戦が続く“リオオリンピック”
ワクワクしながら、テレビ観戦ではありますが、応援しております。

また、出勤前にテレビで見ました
レスリングの女王・吉田選手のインタビューでは、

「お父さんのいないオリンピックは初めてで・・・・
応援してくれた皆さん、こめんなさい」

何回も号泣する姿に、ウルッときてしまいました。

 

パンダ 五行

 

「妊娠力アップ」の漢方ケア

例年、お盆明けなど季節的節目が過ぎると初回ご相談のご予約が少しだけ増える様に思います。

今週は、
お子様をお望みのお客様の初回相談、
何組様かございました。

ご相談くださいまして、本当にありがとうございます。


妊娠力アップの漢方ケアの重要ポイントを三つあげると

 ① 漢方でホルモンの分泌や生殖、精力を左右する臓器と考える「腎」の充実

 ② 陰と陽という対立する概念(寒と熱、暗と明など)陰陽の良好なバランスをとる事

そして、

 ③ 「血(けつ)」の充実

になります。

特に「血(けつ)」の充実を最重要と考えております。

漢方で「血」とは
『血液とその働き』の総称で、
「血(けつ)」の充実は、
卵の質向上や子宮内膜に栄養やうるおいを届け着床に有利に作用します。

「血」を補う代表処方としては、“甘くておいしい漢方薬”『婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)』を初めいろいろございますが、

真剣にじっくりとお話をお聞きし、
少しでもご要望に沿える様に
漢方薬や生活養生を提案できればと願っております。

どうぞお気軽にご相談ください。
秋田の漢方相談が少しでもお役に立てば幸いです。

「妊娠力アップ」の漢方ケア

今年は雪が少ない、少ないと言いながらも積もつた雪をよせた山に「秋田らしさ」を感じます。
ただ、今日はまるで小春日和、明日はもっと暖かいとの天気予報です。

「もう冬は終わった?」

気象的見地立たない根拠のない楽観・・・・

kounotori

 

「漢方で妊娠に一歩でも近づけたら」

多くのお客様からご相談頂くテーマです。


妊娠力アップ

漢方ケア3つのポイント

漢方における「妊娠力アップ」のポイントを3つにしぼると

1:血を増やして巡りをよくする

2:腎をいたわる

3:陰陽のバランスを整える事

などがポイントとなります。

>血を増やして巡りをよくする

 漢方で「血(けつ)」とは、
『血液そのモノ』

『血液の量を増やすことによって血液の循環が良くなる、体があたたまる等、その働き』

の総称になります。

 「血(けつ)」は、
心身のエネルギー「気(き)」
体の潤い「水(すい)」
など
からだの重要構成要素

『 血の不足』・『血の巡りの低下』は
卵胞、子宮内膜の発育へマイナスの作用を及ぼし、排卵の障害や着床を妨げる原因になり得ます。

 >腎をいたわる

また、
漢方で「腎(じん)」とは、

生命を維持する「精(せい)」を生み出す大切な臓器。

「腎(じん)」はホルモン分泌や生殖、精力などに影響し、「腎」の働きが悪くなると「妊娠力」の低下に結びつきかねません。

「腎(じん)」は加齢、ストレス、過労などでダメージを受けます。

>陰陽のバランスを整える事 

また、漢方で
「陰陽(いんよう)」とは、

寒と熱
暗と明

 など、からだを含め何事も相対する物事で構成される考える漢方特有の考え方で、

「陰陽(いんよう)」のバランスを重要視します。

一例ですが、
「陰(いん)」が不足すると卵胞の発育、
「陽(よう)」が足りないと着床に影響するなど考え、
過不足に併せて、陰陽のバランスを考え、ご提案しております。

漢方ケア3つのポイントへよく使う漢方薬

(腎陰虚)

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)

(腎陽虚)

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

参馬補腎丸(じんばほじんがん)

(血を養い、血の巡りを促進)

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

冠元顆粒(かんげんかりゅう)

 

詳しくはお気軽にお問い合わせください。
無料試飲もできます。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。

秋田の漢方相談・山王けやき薬品
飯田

亀鹿仙(きろくせん)をおすすめしました。

漢方薬のご照会を頂きました。

本日おいでくださいましたお客様は、
スマートフォンを見せてくださり

「この『宝なんとか』の漢方薬ってありますか?」

画面を見せて頂くと、子宝漢方相談で特に有名な漢方薬局のオリジナルサプリメント。

老〇鏡をかけて良く見ると、

「『周期調整法』の発案者・南京中医薬大学の夏桂成教授の研修を受けた際、卵の質向上には『亀板(きばん)』が有効と教わり、開発に至った」旨、書かれております。

亀板(きばん)とは、亀由来の膠(にかわ)、動物由来コラーゲン。
とても有効な生薬です。
ただ、当店にもこの亀板(きばん)を用いた製品が有りますので、そちらをお奨めしました。

効き目が早いのが魅力の漢方薬『亀鹿仙(きろくせん)』です。

液状タイプの甘酸っぱいお味も好評で、
勿論、お問い合わせのお客様にも試飲して頂き
「おいしい」と言って頂きました。

さらに、亀鹿仙は、亀板だけでなく、鼈甲膠(スッポンの甲羅)、鹿角膠という三種類の動物性生薬を原料に作られた豪華処方。

 

ohada

 

『亀甲・鼈甲・鹿角のチカラ』によると

不老長寿の象徴
(亀甲)(鼈甲)
滋養強壮の元
(鹿角)

の服用は、

加齢と共に不足していく腎精を補い、
腎気を高めることで、
老化を防ぎ、心身を若々しく保ちます

と書かれております。

難しい表現ですが、ロウソクの例えも記載されており

ロウソクの蝋 → 腎精(じんせい)
ロウソクの火 → 腎気(じんき)

亀甲・鼈甲・鹿角の服用は、
年齢とともに消耗される「腎精(じんせい)」を補い、
生命の光を燃え上がらせます事がイメージできます。

 

『亀鹿仙(きろくせん)』を服用してお聞きするお声としては、

「ノボセが軽くなった」
「夜のおしっこが長くなった」

(ホットフラッシュ、冷えノボセ、頻尿、夜間尿、寝汗)
などのお悩みの方にも喜ばれますし、
効き目の早さに驚きます。

また、お肌がプルプル、ツヤツヤ・髪ピカピカ
お肌や髪にに潤いや弾力を与えるなど
(美容効果)
やっぱり抜群です。

(妊活応援で使わせて頂く場合)

基礎体温が全体的に高め
低温期が短め
オリモノの分泌が少ない
FSH上昇
性欲減退
性交痛がある

などの場合は低温期を中心に服用をお奨めする事が多いです。

さらに、亀甲・鼈甲は、

「軟堅散結(なんきんさんけつ)」
堅い組織を軟化して消散させる作用があり、
 (子宮筋腫、子宮筋腫の気になる方)
へもお出ししております。

先ずは、無料試飲をお試しください。
試飲だけの方も多いです(笑)
お気軽にお申し付けください。
1包からもお求め頂けます。

秋田の漢方相談
山王けやき薬品 飯田

 

周期調整法 従来の不妊漢方治療との違い

本気で子宝をお望みのお客様へ

不妊漢方治療
『周期調整法』と従来の漢方治療との違い

 現代医学(西洋医学)の基礎体温の理論に、漢方医学の『陰陽』理論を当てはめて考えられたのが、西洋医学、漢方医学、互いの応用研究から導き出された、『中西医結合医療(ちゅうせいいけつごういりょう)』、『周期調整法』です。
漢方薬の新しい用い方と言えるでしょう。

漢方の不妊治療のありかたの基本は

「気」「血」「水」のエネルギーを補う、バランスを整える事によって妊娠しやすいカラダをつくるところからはじめる事と言えますが、

 周期調整法の素晴らしさは、

月経期・卵胞期・排卵期・黄体期などの生理周期、カラダやホルモンバランスの変化に応じて最適の漢方薬を飲み分けるという、合理的であると思います。

 有効性の確実な病院(現代医学)治療にあわせて使う事も可能ですし、相乗効果、治療の副作用の軽減も期待できます。

ホルモン伝達

 従来の漢方の用い方は、

月経期・卵胞期・排卵期・黄体期と生理周期によって、規則的ながら、大きく変化するホルモンバランス、からだのメカニズムに対して、単一処方を長期的に出す事が一般的でしたが、生理周期に応じて服用する漢方薬を変える「周期調整法」はより効果が期待できる漢方の用い方です。

 また、周期調整法では
お一人お一人のお身体の状態や体質、基礎体温、年齢などによって
『服用する漢方処方』『生理周期』など違うオーダーメイドです。

いつ、何を飲むかで効果は大きく違うと思います。

詳しくは、お気軽にご相談ください。
出来る限り、シンプルにわかりやすくご説明申し上げます。

秋田の漢方相談がお役に立てれば幸いです。